疾患とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 疾患 > 疾患の意味・解説 

しっ‐かん〔‐クワン〕【疾患】

読み方:しっかん

病気。やまい。「胸部—」


障害、疾患

【仮名】しょうがい
原文disorder

医学では、正常な精神または身体の機能撹乱された状態を指す。障害は遺伝性の因子や疾患、外傷などが原因となって生じる。

病気

(疾患 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 14:41 UTC 版)

世界保健機関憲章


注釈

  1. ^ 「本人あるいは周囲が」としたのは、精神疾患や軽症の疾患の中には、本人は生活上の不都合を感じないが、周囲の人が生活上支障をきたすために治療の必要性を感じる場合があるからである。これは病気と類似概念の混同である。 精神疾患病気#病気と「疾患」・「疾病」も参照のこと。
  2. ^ 一般の人々は、医師からの説明を聞いて、それを自分の考えとして採用することもある。また逆に医師の側も、患者から報告を聞いて、はじめて何かを「疾患」と認識し、そうした断片的情報が学会などで徐々に集約されて、あらためて大規模統計がとられる場合もある。マスコミで医師が語る内容も人々の病気観に影響を与える。
  3. ^ 遺伝的背景と生活習慣が原因となる本態性高血圧症は高血圧の80 〜 90%であって、残りの10 〜 20%は高血圧の基礎疾患が明らかな二次性高血圧症である。二次性高血圧症では基礎疾患の早期発見・早期治療が重要である[4]
  4. ^ 不眠のなかには、実は本当の原因として、周期性四肢運動障害、むずむず脚症候群、概日リズム睡眠障害、うつ病などが隠れている場合があるから、鑑別診断が重要である[5]

出典

  1. ^ a b c d 吉松和哉; 小泉典章; 川野雅資 『精神看護学I』(6版)ヌーヴェルヒロカワ、2010年、71頁。ISBN 978-4-86174-064-0 
  2. ^ The Anthropologies of Illness and Sickness”. Annual Review of Anthropology (1982年10月). doi:10.1146/annurev.an.11.100182.001353. 2009年12月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 岡本裕「はじめに~第1章」 『9割の病気は自分で治せる』中経出版、2009年、1-46頁。 
  4. ^ 『今日の治療指針2011年版』医学書院、2011年、339頁。 
  5. ^ 『今日の診断指針第6版』医学書院、2010年、339頁。 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 岡本裕「第3章」 『9割の病気は自分で治せる』中経出版、2009年、121-138頁。 



疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 02:19 UTC 版)

2019年コロナウイルス感染症流行による子供への影響」の記事における「疾患」の解説

新型コロナウイルス感染症 (以下単に、COVID-19) に感染した子供は、大多数無症候性であり、重症度軽度から中等度のケースが多い事が観測されている。 例として2020年におけるCOVID-19重症化率は、30歳代を1.0とすると、0歳代で0.510歳代が0.220歳代で0.3との報告がある。このように大人比較して発症悪化入院可能性は低くなる傾向にある事が分かっている子供でも、まれに人工呼吸器などの呼吸補助ICU等における治療が必要となるほど重症化し、あるいは死亡する場合もある。まれに、多臓器不全に陥いる場合もある。このような重症重篤な症例は、例として喘息(特に重症喘息)や、何らかの免疫不全状態など、特定の基礎疾患を持つ子供に多く見られているCOVID-19感染した場合子供の死亡率は他の年齢層に比べ低く大人よりも消化器系症候呈する割合が高い。 子供に最も多い症状発熱で、次に乾性咳である 。その他の症状としては、鼻づまり鼻水倦怠感頭痛などがある。 COVID-19罹患した子供多数が、本疾患の長期的後遺症 (Long COVID) を呈する事を示唆するエビデンスも、いくつか示されている。 本疾患の世界的流行初期2020年前半)において、子供の足、指、つま先におけるしもやけ様の病変顕著な増加皮膚科医から報告された。これは俗にCOVID足指コロナつま先COVID toes)」と呼ばれている。これにはSARS-CoV-2への感染関与しているとの指摘がある一方で、軽い感冒症状を含む無症候状態をしばしば呈する子供に対してそもそもCOVID-19診断困難が伴うため、エビデンス確立には未だ至っていない。 感染した子供はまれに小児多系統炎症性症候群 (MIS-C)をまれに発症する。これは、持続的な発熱重度の炎症を伴う全身性疾患である。 MIS-C随伴症状には、強い腹痛低血圧含まれる

※この「疾患」の解説は、「2019年コロナウイルス感染症流行による子供への影響」の解説の一部です。
「疾患」を含む「2019年コロナウイルス感染症流行による子供への影響」の記事については、「2019年コロナウイルス感染症流行による子供への影響」の概要を参照ください。


疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 03:33 UTC 版)

「視野」記事における「疾患」の解説

視野障害同名半盲 両耳側性半盲視野狭くなる」ことを視野狭窄しやきょうさくと呼ぶ緑内障網膜色素変性症網膜剥離脳梗塞等にて生じる。

※この「疾患」の解説は、「視野」の解説の一部です。
「疾患」を含む「視野」の記事については、「視野」の概要を参照ください。


疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 16:40 UTC 版)

コリプレッサー」の記事における「疾患」の解説

コリプレッサー広範囲遺伝子発現関与して調節を行うため、コリプレッサー活性の異常が疾患を引き起こすことは驚きではない。 急性骨髄性白血病AML)は、骨髄細胞の無制御成長によって特徴づけられる、致死性の高い血液のがんである。AML患者では2つ相同コリプレッサー遺伝子BCOR英語版)とBCORL1が高頻度変異している。BCOR複数転写因子とともに機能し胚発生において不可欠な調節機能果たすことが知られている臨床での研究の結果BCOR体細胞変異AML患者全体の約4%、AML原因となる既知の変異持たない患者の約17%でみられた。同様に、BCORL1も細胞過程調節するコリプレッサーであり、調査されAML患者の約6%で変異がみられた。これらの研究コリプレッサー変異AMLとの間に強い関係があること示しており、さらなる研究によってAML他の疾患治療標的となる可能性がある

※この「疾患」の解説は、「コリプレッサー」の解説の一部です。
「疾患」を含む「コリプレッサー」の記事については、「コリプレッサー」の概要を参照ください。


疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:49 UTC 版)

安倍晋三」の記事における「疾患」の解説

国の指定難病1つである潰瘍性大腸炎患っており、中学卒業時より悩まされてきた。第1次政権時には病状悪化苦悩していたともいわれており、2007年突然の総理辞任の原因にもなった。

※この「疾患」の解説は、「安倍晋三」の解説の一部です。
「疾患」を含む「安倍晋三」の記事については、「安倍晋三」の概要を参照ください。


疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 00:14 UTC 版)

インターフェロンγ」の記事における「疾患」の解説

IFN-γは、シャーガス病など一部細胞内病原体に対する免疫応答重要な役割を果たすことが示されている。脂漏性皮膚炎にも関与していることが明らかにされているIFN-γHSV感染時に大きなウイルス効果を示すIFN-γHSV感染細胞の核内への輸送依存している微小管構造破壊しHSV複製阻害するマウスにおけるアシクロビル耐性ヘルペスウイルスに関する研究では、IFN-γ治療ヘルペスウイルス量を大きく減少させることが示されている。IFN-γヘルペスウイルス複製阻害する機構T細胞依存していないため、IFN-γT細胞減少している患者効果的な治療法となる可能性があるクラミジア感染宿主細胞IFN-γ影響を受けるヒトの上細胞では、IFN-γインドールアミン-2,3-ジオキシゲナーゼ発現アップレギュレーションし、宿主トリプトファン枯渇させることでクラミジア複製妨げる。さらに、齧歯類の上細胞では、IFN-γクラミジア増殖阻害するGTPアーゼアップレギュレーションする。一方でクラミジアも、ヒト齧歯類系の双方宿主側の応答による負の影響回避する機構進化させている。

※この「疾患」の解説は、「インターフェロンγ」の解説の一部です。
「疾患」を含む「インターフェロンγ」の記事については、「インターフェロンγ」の概要を参照ください。


疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 15:28 UTC 版)

視床下部-下垂体-性腺軸」の記事における「疾患」の解説

世界保健機関HPG軸障害を以下のように分類している。 排卵障害グループI視床下部-下垂体障害 排卵障害グループII視床下部-下垂体機能不全排卵障害原因として最多であり、中でも多嚢胞性卵巣症候群PCOS)が多い。

※この「疾患」の解説は、「視床下部-下垂体-性腺軸」の解説の一部です。
「疾患」を含む「視床下部-下垂体-性腺軸」の記事については、「視床下部-下垂体-性腺軸」の概要を参照ください。


疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 10:09 UTC 版)

ヒトの脳」の記事における「疾患」の解説

神経変性疾患脳機能の様々な側面漸進的に損なわせ、加齢と共に悪化させるよくある例として、アルツハイマー病アルコール認知症英語版)、脳血管性認知症といった認知症がある。またパーキンソン病挙げられ他にハンチントン病運動ニューロン病HIV関連神経認知障害英語版)、神経梅毒ウィルソン病といった、感染症遺伝代謝原因とする比較的まれなものもある。神経変性疾患は脳の様々な部位冒し得るもので、動作記憶認知悪影響及ぼし得る。 脳は血液脳関門守られてはいるが、ウイルス細菌菌類による感染冒され得る。具体的には、髄膜ならば髄膜炎脳実質ならば脳炎、あるいは脳実質内の脳膿瘍といったものがある。まれなプリオン病には、クロイツフェルト・ヤコブ病やその変異といったものがあり、クールー病も脳を冒すことがある

※この「疾患」の解説は、「ヒトの脳」の解説の一部です。
「疾患」を含む「ヒトの脳」の記事については、「ヒトの脳」の概要を参照ください。


疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 02:45 UTC 版)

マフィア梶田」の記事における「疾患」の解説

持ちで『アニゲラ!ディドゥーン!!!の中でも度々ネタされている本人曰く安定期』らしく感覚が麻痺してしまっているようであるまた、喘息持でもある

※この「疾患」の解説は、「マフィア梶田」の解説の一部です。
「疾患」を含む「マフィア梶田」の記事については、「マフィア梶田」の概要を参照ください。


疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 15:19 UTC 版)

多毛症」の記事における「疾患」の解説

後天性毳毛性多毛症通常悪性腫瘍ともなって起こる 。この類型の多毛症神経性無食欲症のような代謝異常や、甲状腺機能亢進症のようなホルモンの不均衡とも関係があり、特定の薬物の副作用として発症することもある。 後天性汎発性多毛症悪性腫瘍によって引き起こされる場合がある悪性腫瘍による発毛悪性柔毛malignant down)として知られる悪性腫瘍によって誘発される多毛症メカニズム解明されていないミノキシジル経口外用使用後天性汎発性多毛症誘発することが知られている

※この「疾患」の解説は、「多毛症」の解説の一部です。
「疾患」を含む「多毛症」の記事については、「多毛症」の概要を参照ください。


疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 05:35 UTC 版)

乳首」の記事における「疾患」の解説

授乳期乳首清潔に保っておかない乳管詰まったり細菌感染したりして乳腺炎になる。乳首病変広がるバジェット病という癌もある。乳首乳房内部に引き込まれたり、血性分泌物出したら乳癌疑われる

※この「疾患」の解説は、「乳首」の解説の一部です。
「疾患」を含む「乳首」の記事については、「乳首」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「疾患」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

疾患


「疾患」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



疾患と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

疾患のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



疾患のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの病気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2019年コロナウイルス感染症流行による子供への影響 (改訂履歴)、視野 (改訂履歴)、コリプレッサー (改訂履歴)、安倍晋三 (改訂履歴)、インターフェロンγ (改訂履歴)、視床下部-下垂体-性腺軸 (改訂履歴)、ヒトの脳 (改訂履歴)、マフィア梶田 (改訂履歴)、多毛症 (改訂履歴)、乳首 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの疾患 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS