自己免疫疾患とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 免疫病 > 自己免疫疾患の意味・解説 

自己免疫疾患

同義/類義語:自己免疫病
英訳・(英)同義/類義語:autoimmune disease

自己免疫原因となる疾患
「生物学用語辞典」の他の用語
病名疾患名治療など:  肝硬変  胞状奇胎  腫瘍  自己免疫疾患  花粉症  若年型糖尿病  蒙古症

自己免疫疾患

生体は、細菌ウイルスなどの外敵から身を守る手段として免疫系を持っています。免疫系自己自分自身)と非自己自分自身以外)を識別し、非自己の抗原免疫系によって認識される成分物質抗原呼びます)には応答しますが自己の抗原には応答ないようになっています。しかしながら何らかの原因により免疫系認識システムに異常が生じ、自己の抗原を非自己の抗原あるかのように認識して攻撃することにより発症するのが自己免疫疾患です。攻撃される自己抗原特定の臓器に限られる場合臓器特異的自己免疫疾患を起こします。代表例は1型糖尿病重症筋無力症です。これに対し、全身普遍的存在する自己抗原対す免疫応答誘導されると全身性自己免疫疾患を起こします。代表例として全身性エリテマトーデスSLE)や慢性関節リウマチが挙げられます。


自己免疫疾患

【仮名】じこめんえきしっかん
原文autoimmune disease

自己組織身体の免疫系異物とみなされ、それに対す免疫反応が引き起こされる病態

自己免疫疾患(Autoimmune disease)

生体自分自身に対して異常な免疫反応を示すために起こる病気。正常な免疫反応は、外界から侵入する異物認識して排除するためのものだが、自己免疫疾患は、環境的、遺伝的な要因が関係すると考えられてはいるものの、原因不明

自己免疫疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/18 16:21 UTC 版)

自己免疫疾患(じこめんえきしっかん、:Autoimmune disease)とは、異物を認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を起こす、免疫寛容の破綻による疾患の総称。


  1. ^ 日経サイエンス』(2008年5月号) - J.L.ネルソン(J. Lee Nelson)「マイクロキメリズム あなたの身体に潜む“他者”の細胞」(原題名:Your cells Are My CellsSCIENTIFIC AMERICAN February 2008))
  2. ^ 「ブタの脳」を吸い込んだ労働者たちに謎の神経疾患 WIRED.jp 2009年3月17日
  3. ^ Pender MP (2003). "Infection of autoreactive B lymphocytes with EBV, causing chronic autoimmune diseases"Trends in Immunology24(11): 584-8., PMID 14596882, doi:10.1016/j.it.2003.09.005
  4. ^ Pender MP (2011). "The essential role of Epstein-Barr virus in the pathogenesis of multiple sclerosis"The Neuroscientist.  17 (4): 351-67., PMC: 3764840PMID 21075971doi:10.1177/1073858410381531
  5. ^ Pender MP (2012). "CD8+ T-Cell Deficiency, Epstein-Barr Virus Infection, Vitamin D Deficiency, and Steps to Autoimmunity: A Unifying Hypothesis"Autoimmune Diseases2012: 189096., PMC: 3270541, PMID 22312480
    これはおそらく他の言語版からコピーされた出典です。日本語版では副テンプレートはまだ作成されていません。 テンプレートページを開いて該当言語版からコピーする必要があります。通常英語版ページ, doi:10.1155/2012/189096
  6. ^ Sabbatini A, Bombardieri S, Migliorini P (1993). "Autoantibodies from patients with systemic lupus erythematosus bind a shared sequence of SmD and Epstein-Barr virus-encoded nuclear antigen EBNA I"European Journal of Immunology23 (5): 1146-52., PMID 8386666doi:10.1002/eji.1830230525
  7. ^ Incaprera M, Rindi L, Bazzichi A, Garzelli C (1998). "Potential role of the Epstein-Barr virus in systemic lupus erythematosus autoimmunity"Clinical & Experimental Rheumatology16 (3): 289-94., PMID 9631751
  8. ^ Poole BD, Scofield RH, Harley JB, James JA (2006). "Epstein-Barr virus and molecular mimicry in systemic lupus erythematosus"Autoimmunity39 (1): 63-70., PMID 16455583doi:10.1080/08916930500484849
  9. ^ Minamitani T, Yasui T, Ma Y, Zhou H, Okuzaki D, Tsai CY, Sakakibara S, Gewurz BE, Kieff E, Kikutani H (2015). "Evasion of affinity-based selection in germinal centers by Epstein-Barr virus LMP2A". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 112 (37): 11612-7., PMC: 4577157, PMID 26305967, doi:10.1073/pnas.1514484112
  10. ^ 自己免疫疾患の引き金となるウイルス因子を同定リソウ 2015年8月25日
  11. ^ 【坂口至徳の科学の現場を歩く】 誰もが感染ヘルペス…EBウイルスの因子を解明 阪大、自己免疫疾患の治療に道産経WEST 2015年8月28日
  12. ^ Nagata K, Kumata K, Nakayama Y, Satoh Y, Sugihara H, Hara S, Matsushita M, Kuwamoto S, Kato M, Murakami I, Hayashi K (2017). "Epstein-Barr Virus Lytic Reactivation Activates B Cells Polyclonally and Induces Activation-Induced Cytidine Deaminase Expression: A Mechanism Underlying Autoimmunity and Its Contribution to Graves' Disease"Viral Immunology30 (3): 240-249., PMC: 5393416, PMID 2833576doi:10.1089/vim.2016.0179


「自己免疫疾患」の続きの解説一覧



自己免疫疾患と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自己免疫疾患」の関連用語

自己免疫疾患のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自己免疫疾患のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2020 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自己免疫疾患 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS