元素とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 元素の意味・解説 

げん そ [1] 【元素】

〘哲〙 万物の根源となる恒常不変構成要素ギリシャ哲学における土・空気火・水仏教における四大五大など。
ある特定の原子番号をもつ原子によって構成される物質種。しばしば単体同義語として用いられるが、単体実在物質をさすのに対して、元素は原子種類を表す概念。現在109種類の元素が確認されている。化学元素
物を生み出すもとになるもの。もとになるもの。原素。 「封建の-は歳月を経るに従ひ愈々熟せしと雖も日本開化小史 卯吉」 〔オランダ語 grondstof を grond (元または原)と stof (素)とに分け漢字をあてた訳。「遠西医方名物考」(1822年)にある〕


元素

英訳・(英)同義/類義語:element, Elements (chemical)

同じ原子番号を持つ原子集合
「生物学用語辞典」の他の用語
化合物名や化合物に関係する事項:  極性脂質    蛍光  元素  呼吸色素  五酸化リン  五炭糖

元素

作者山谷一也

収載図書八月のつっけんどん
出版社文芸社
刊行年月2001.2


元素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/14 06:48 UTC 版)

元素(げんそ、: elementum: element)は、古代から中世においては、万物(物質)の根源をなす不可欠な究極的要素[1][2]を指しており、現代では、「原子」が《物質を構成する具体的要素》を指すのに対し「元素」は《性質を包括する抽象的概念》を示す用語となった[2][3]化学の分野では、化学物質を構成する基礎的な成分(要素)を指す概念を指し、これは特に「化学元素」と呼ばれる[1][4]





元素

出典:『Wiktionary』 (2012/02/22 08:05 UTC 版)

名詞

(げんそ)

  1. 物を構成する元になるもの。
  2. 現代科学化学手段によっては、それ以上分けることのできない物質化学元素

発音

げ↘んそ(genso)
IPA: /genso/
X-SAMPA: /??/

翻訳

関連語






元素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「元素」の関連用語

元素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



元素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの元素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの元素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS