掃除機とは? わかりやすく解説

そうじ‐き〔サウヂ‐〕【掃除機】

読み方:そうじき

ほこりやごみなどを取り去る機械。特に、電気掃除機のこと。


掃除機

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


掃除機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/27 08:41 UTC 版)

掃除機(そうじき)は、ゴミホコリを除去し(容器内にとりこみ)、清潔にするである[1]


  1. ^ 『日本大百科全書』【掃除機】
  2. ^ 1997年ミノルタが病院内清掃ロボ「ロボサニタン」を発表 [1]。技術はフィグラ社に継承され、2005年に愛知万博に出展し、2009年にエフロボクリーンとして製品化された。
  3. ^ スイーパーは掃除機全般を指す英語であるが、日本では特に乗用型清掃機に用いられている。道路の清掃が専門の路面清掃車はロードスイーパーと呼ばれる。
  4. ^ サイクロン方式の掃除機(全文)国民生活センター 5ページ目「6.テスト結果」参照 リンク切れ 2020年7月 国立国会図書館によるアーカイブ
  5. ^ 外部リンク
  6. ^ 排気循環方式クリーナー 生産終了商品一覧 - パナソニック(2017年版/2017年8月8日閲覧)
  7. ^ 掃除機コード、黄色い印の本当の意味 「もうすぐ終わり」は勘違い?
  8. ^ 電気機械器具品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  9. ^ 「ダイソンキラー」上陸 米シャークニンジャ、掃除機8月発売 スティック型 割安感で攻勢 日本経済新聞 2018年6月27日
  10. ^ 累計売上5000万台以上、掃除機ブランド「シャーク」が日本初上陸” (2018年6月26日). 2018年7月8日閲覧。



掃除機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 22:31 UTC 版)

ルパン三世 カリオストロの城」の記事における「掃除機」の解説

過去回想シーンに掃除機を使って宝石店商品吸い取るシーンがあるが、同様の強奪手段第16話宝石横取り作戦」でバキュームカー用いて行っている

※この「掃除機」の解説は、「ルパン三世 カリオストロの城」の解説の一部です。
「掃除機」を含む「ルパン三世 カリオストロの城」の記事については、「ルパン三世 カリオストロの城」の概要を参照ください。


掃除機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 17:27 UTC 版)

コイン洗車場」の記事における「掃除機」の解説

定置式のバキューム掃除機である。狭い部分入り込んだ塵をブロワ吹いて表に出し吸い取りやすくする機能を持つものもある。

※この「掃除機」の解説は、「コイン洗車場」の解説の一部です。
「掃除機」を含む「コイン洗車場」の記事については、「コイン洗車場」の概要を参照ください。


掃除機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 19:05 UTC 版)

ジェームズ・ダイソン」の記事における「掃除機」の解説

ダイソンは、そもそも1970年代後半には、掃除機の吸塵力が低下してしまわないように、1886年アメリカモース(M.O.Morse)によって発明されサイクロンを使うことを発想していたという。1983年には、Gフォースサイクロン掃除機試作品を、諸説あるが、2000台から5000台は製作した伝えられている英国内にダイソンアイデア基づ製品製造流通行おうという業者がいなかったため(年間1億ポンド当のマーケット喪失がおこると考えていたため(詳細次々段落を参照))ダイソン日本において、明るピンク色Gフォースサイクロン掃除機を、カタログ販売によって2000ポンド相当で発売した1986年には、米国特許取得している(特許番号 #4,593,429)。 ダイソンは、主要なメーカーにこの発明売れなかったため、自前製造工場を持つことにしたダイソン社の英国市場における突破口は、テレビコマーシャルにおいて、他社違って紙パック買い替え不要であることを訴え続けたことによる当時イギリス市場使い捨て紙パックは、1億ポンド相当が出回っていた。「紙パックよ、さようなら」というスローガンは、それまでの、ダイソン社のテクノロジーもたらした吸引力低下しないことを強調する販売戦略よりも、顧客にずっと魅力的に響いたのである最初の家庭用真空掃除機は、布袋などのフィルターゴミ濾す方式から始まった。しかしゴミ捨て憂鬱な作業で、手が汚れるだけでなく、布袋から大量のホコリが舞うという不潔な作業であった。ところが紙パック式掃除機が発明されやいなやゴミ捨て格段に清潔な作業となり、ゴミ溜まった紙パック捨てるだけで済むようになった。このため紙パック式急速に普及したが、安価な紙パックでも捨てるのが惜しいという、庶民心理的な要因生み出すことになった紙パック不要を掲げダイソンの掃除機が、比較高価であったにもかかわらず庶民受け入れられたのは、このような心理的要因があったためであることは言うまでもないダイソン社のこの成功に影響されて他の主要なメーカーも、紙パック不要な真空掃除機を再び売り出すようになった。しかし、このような先祖返りともいえる掃除機は、ダイソンの掃除機も含めて、昔ほどではないにせよゴミ捨て時には多少ホコリ舞い定期的なフィルターメンテナンス必要になり、かつ、一般に紙パック式掃除機よりも高価になったことは皮肉である。なお、ダイソンは、フーヴァー英語版UK特許侵害によって告訴し、約500万ドル賠償金獲得している。 2005年ダイソン社は、ダイソン以前開発したボール猫車手押し車)の発明をもとに車輪代わりボールを掃除機に取付けようになった。これは人間工学的な観点からも、いくつかの配慮加えられている。

※この「掃除機」の解説は、「ジェームズ・ダイソン」の解説の一部です。
「掃除機」を含む「ジェームズ・ダイソン」の記事については、「ジェームズ・ダイソン」の概要を参照ください。


掃除機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 23:00 UTC 版)

ダイソン (企業)」の記事における「掃除機」の解説

DC01 - 第1号機(フィルター交換方式)。タテ型掃除機。 DC02 - キャニスター型としては第1号機。 DC03 - 軽量化された扁平タテ型掃除機。 DC04 - DC01の後継モデル DC05 - キャニスター第2号機。 DC06 - DC5と同じ機能搭載した本格的自動掃除機吸引式ユニット搭載した中では最も小型の家庭向け掃除ロボットであった。 DC07 - ルートサイクロン方式によるタテ型掃除機。 DC08 - ルートサイクロン方式組み込んだ新型キャニスター掃除機。 DC08TW - 軽量伸縮パイプの『テレスコープ・ラップ方式 (Telescope Wrap system)』により初め小型化成功テレスコープハンドルと、本体巻きつける方式ホース特徴的DC11 - 日本未発売モデルテレスコープハンドルと、巻付けホース組み込んだ最初のキャニスター掃除機。ダストビンが2個並列に付いた『パラレルルートサイクロン』搭載TWハンドルはダストビンの上に取り付けて格納する方式であった。 DC12 - 高速デジタルモーターを採用し本体軽量化したモデル2004年6月24日発売それなりの取り扱いがあった日本向け意識し徹底改良同社従来製品よりも小型化して収納性を高めた。 DC12plus - DC12の進化型。性能はDC12とほぼ変わらないが、カラー素材変化がある。 DC14 - タテ型掃除機の改良版重心下げテレスコープハンドル組み込む。 DC15 - 本体ユニバーサルジョイントに連結され車輪代わりに吸引用モーターユニットを格納したボール (Ball technology) を利用しハンドル左右に揺らすだけで機体舵取りすることができる。 DC16 - ハンディタイプクリーナー第1号機。充電型でフル充電6分使用2008年2月15日発売後にモーターヘッド採用したモデル追加される日本国外ではCAR+BOAT』『Issey MiyakeDyson』も発売。 DC17 - 日本未発売タテ型掃除機、DC14の改良型。DC22と同じ「ルート8サイクロン本国では『Level 3 Root Cyclone technology』と呼称)」を採用吸引力強化努めた製品で、米国では今も販売中。 DC18 - タテ型掃除機の改良版日本未発売吸引モーター取り付け方法縦型見直しスリム化した。生産終了モデル。 DC19 - 英国での最廉価モデル。DC12のボディーDC8金属パイプテレスコープハンドル採用して価格抑えた。 DC20 - DC08TWと形状は似ているが、この機体ヘッド回転式ブラシついている小型ではないため、郊外住宅ペットのいる家庭用として重宝され本家イギリス向けの機体であるといえるTBSラジオの954ishopにてTBS確保した製造ライン利用し日本向けに100V仕様になったモデル一部大型ホームセンターなどで販売されている。 DC21 - DC20の改良型。DC12から始まったルート6サイクロン本国では『Root Cyclone technology』と呼称)』の最終モデル。 DC22 - サイクロン部を増加させた「ルート8サイクロンテクノロジーに加えてコアセパレーターを搭載したため、性能維持するために必要なフィルター洗浄が、日本家屋条件では7年一回で済むようになった。2007年12月1日発売日本先行販売)。 DC23 - 現在発売中のキャニスターモデル。日本限定のDC26同等モデル DC24 - タテ型掃除機の日本向け最新版。DC15の後継機種2008年2月1日発売。 DC25 - タテ型掃除機の海外最新版。DC14直系の後継機種。DC15より大化した。 DC26 - DC23を日本向け小型軽量化したモデルホースパイプ標準ヘッド電源コードをふくめた重量は、モーターヘッドタイプとタービンヘッドタイプが、それぞれ 6.26kg、5.62kgになった騒音値未発表2009年4月10日発売。タービンヘッドタイプは、2009年度グッドデザイン賞金賞(生活領域)を受賞。 DC31 - ハンディタイプクリーナー第2号機。モーターヘッド採用したモデル同時発売2009年9月18日発売。 DC34 - ハンディタイプクリーナー。DC31の後継機種モーター変更により稼動時間延びている。2011年2月14日発売。 DC35 - スティック型コードレスクリーナーノズル交換ハンディタイプにもなる。2011年2月14日発売。 DC36 - 現在発売中のキャニスターモデル。掃除機の主要部品ボール型の筐体内に収めたBall technology」を採用し空気流路再設計した「ラジアルルートサイクロン」を搭載している。 DC45 - コードレスクリーナー第2号機。DC35に比べて、バッテリー駆動時間強化されており、通常モード20分運転できる2012年9月27日発売。 DC46 - キャニスター型掃除機。DC36の後継機種。『32 Root Cyclone (ルートサイクロン)テクノロジー』を採用2012年9月27日発売。 DC61 - ハンディタイプクリーナー。DC34の後継機種。『ダイソン・デジタルモーターV6』を採用2013年9月13日発売。 DC62 - スティック型コードレスクリーナー。DC61とほぼ同一で吸引力はDC45の1.5倍に向上。 DC74 - 排気微粒子を99.97%カットしたモデルハンディタイプスティックタイプで展開。2015年5月21日発売V6シリーズ Dyson 360 Eye - ロボット掃除機第1号機。ベルト駆動転輪搭載している。2015年10月23日発売V8シリーズ - スティック型コードレスクリーナーモーターバッテリー変更により騒音50削減され通常モード40分間運転できる最新モデル2016年5月27日発売V7シリーズ - 2017年5月25日発売V10シリーズ - スティック型コードレスクリーナー各種モジュール一直線上に配置したため吸引力上がっている。 Dyson 360 Heurist - 2019年2月27日発売V11シリーズ - 2019年3月20日発売

※この「掃除機」の解説は、「ダイソン (企業)」の解説の一部です。
「掃除機」を含む「ダイソン (企業)」の記事については、「ダイソン (企業)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「掃除機」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

掃除機

出典:『Wiktionary』 (2021/07/18 13:22 UTC 版)

名詞

  そうじき

  1. 清掃目的で塵埃吸引容器にためる機能有する道具一般に電動減圧真空機構利用したものであるため、電気掃除機真空掃除機とも呼ぶ。

関連語


「掃除機」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



掃除機と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

掃除機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



掃除機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの掃除機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルパン三世 カリオストロの城 (改訂履歴)、コイン洗車場 (改訂履歴)、ジェームズ・ダイソン (改訂履歴)、ダイソン (企業) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの掃除機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS