日立製作所とは? わかりやすく解説

日立製作所


日立製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/01 08:09 UTC 版)

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、: Hitachi, Ltd.)は、日本電機メーカーであり、日立グループの中核企業でもある。世界有数の総合電機メーカー[2]日経平均株価およびTOPIX Core30JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ[3][4][5]。通称は日立HITACHI日製(にっせい)[注 1]など。


注釈

  1. ^ 創業の地であり、主力工場を抱える茨城県日立市などで、行政機関の日立市や他の日立グループ各社などと区別するため、そう呼ばれている。
  2. ^ 他にコングロマリットとしてはゼネラル・エレクトリックシーメンスなどが分類されている。
  3. ^ スカラ型プロセッサを組み合わせてベクトル計算機を模擬するシステム。
  4. ^ 本線用ディーゼル機関車実用化でも同様の指摘があり、日立が主として開発に携わったDD51形が初期トラブルを克服しながら安定した機関車として定着したのに対し、三菱が製造したDD54形西ドイツのメーカーとのライセンス技術という点もあり結果として失敗に終わった。
  5. ^ 前年に白黒テレビを発売して家電製品に参入しており、関西での知名度を上げるという狙いがあった。
  6. ^ 2022年現在は「日立ストアー」の一部や「日立 世界・ふしぎ発見!」の「日立」部分にて使用されている。
  7. ^ 「ビートウォッシュ」広告は大野・二宮のものを引き続き放送。
  8. ^ 「ビッグドラム」のみ。
  9. ^ 広告は大野・二宮のものを引き続き放送。
  10. ^ 放送開始当初は日立製作所一社提供番組で「日立ファミリースコープ」と副題が付いていた。(朝日新聞 1961年10月4日付の一面広告参照)。ちなみに1961年10月11日放送の第1話「最後の犯人(ホシ)を追え」の劇中では日立から科学捜査機材の開発の報告を電話で受けるシーンがあった。1963年頃から日産自動車が提供に加わり、二社提供となった。1965年頃に日立と日産、日本石油(現・ENEOS)の三社提供となるが、1966年頃から1974年までは再び日立と日産の二社提供に復した。1974年に日産、ライオン油脂(現・ライオン)、ライオン歯磨(現・ライオン)となり、日立はこの時点でスポンサーから撤退した。
  11. ^ この番組名は日立の登録商標である。その名残から番組のロゴに「元祖・ぴったしカン・カン」(小島一慶司会時代)、あるいは登録商標マークのⓇをつけたこと(吉田照美司会時代)があった。その後のリメーク版では日立がスポンサーに入っていないのと、日立からの使用許可が出ていないため「カン・カンぴったし」(1995年特番)にしたり、「ぴったんこカン・カン」(2003年以後現存)と改めたりしている。
  12. ^ 東北関東周辺に点在するグループ拠点の大規模な被災や東京電力福島第一原発事故(事故原因となった一号機から四号機は日立が製造に関わっている。)が理由。
  13. ^ パナソニック東芝なども同様のCMを放送。
  14. ^ なお2012年度以降は消費財の需要バランスが震災前からほぼ回復の傾向にあり、富士通ゼネラル等ごく一部の企業を除く家電業界内においてこの共通スローガンが廃止される。
  15. ^ 当時TOKIO在籍時に出演。

出典

  1. ^ コーポレートガバナンス体制 - 株式会社日立製作所 2021年6月23日
  2. ^ 業績ランキング - 電気機器 - Ullet”. 2016年7月8日閲覧。
  3. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  4. ^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (PDF) jpx.co.jp 2020年10月7日公表 2021年10月8日閲覧。
  5. ^ JPX日経400・JPX日経中小型 jpx.co.jp 2021年10月8日閲覧。
  6. ^ セグメント別データ HITACHI 2021年10月5日閲覧。
  7. ^ グループ会社一覧
  8. ^ 日立製作所>企業情報>株主・投資家向け情報>有価証券報告書等>2018年度有価証券報告書17Page
  9. ^ Scott DeCarlo (ed.), “The World's 2,000 Largest Public Companies”, Forbes, 2007-03-29.
  10. ^ Hitachi on the Forbes Global 2000 List
  11. ^ 日立グループ・アイデンティティとは HITACHI 2021年10月5日閲覧。
  12. ^ 執行役会長および執行役社長の異動について”. 日立製作所ニュースリリース (2021年5月12日). 2021年7月25日閲覧。
  13. ^ 日立からウエスタンデジタルへのハードディスクドライブ事業の譲渡について 日立製作所2011年3月7日プレスリリース]
  14. ^ 日立、米ストレージ会社を買収 クラウド事業を強化 日本経済新聞 2011年9月8日
  15. ^ 日立、南アフリカのIT機器販売・サービス会社を買収 日本経済新聞 2011年10月5日
  16. ^ 日立、重慶市と資源循環・低炭素経済分野における協力について合意 日本経済新聞 2011年10月17日
  17. ^ “三菱重工と日立の本気”. 東洋経済オンライン. (2012年12月10日). https://toyokeizai.net/articles/-/12039 2014年8月5日閲覧。 
  18. ^ 社会イノベーション事業の強化に向けた日立プラントテクノロジーの吸収合併について 2013年2月1日 日立製作所ニュースリリース
  19. ^ a b “日立、イタリア鉄道関連2社買収へ…車両・信号”. 読売新聞. (2015年2月24日). https://www.yomiuri.co.jp/economy/20150223-OYT1T50151/ 2015年2月24日閲覧。 
  20. ^ a b “日立、イタリア社と鉄道事業の買収で基本合意=関係筋”. ロイター. (2015年2月24日). https://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0LR1MF20150224 2015年2月24日閲覧。 
  21. ^ 新トップレベルドメイン「.hitachi」の運用開始について 2015年9月15日
  22. ^ 日立電鉄交通サービス株式をみちのりホールディングスに譲渡 日立製作所 2017年10月27日
  23. ^ 日立電鉄交通サービス株式会社の株式譲受契約締結のお知らせ みちのりホールディングス 2017年10月27日
  24. ^ 日立が「コンピュータメーカー」の旗を降ろす背景
  25. ^ “日立製作所、十万人の集団社員をテレワークへ”. YSMタイムリー. (2018年8月2日). http://timely.ysm.epizy.com/v.php?id=c9a1cdb8 2018年8月2日閲覧。 
  26. ^ 日立、テレビ「Wooo」の国内販売中止 ソニーと連携強化し「BRAVIA」販売へ
  27. ^ 日立、自社テレビの国内販売終了 60年の歴史に幕
  28. ^ 日立、日立化成と画像診断機器の売却を正式発表” (日本語). 日本経済新聞 (2019年12月18日). 2019年12月30日閲覧。
  29. ^ 日立 会社概要 2019-2020”. 日立製作所. p. 4. 2020年1月26日閲覧。
  30. ^ 第150回定時株主総会インターネット開示事項”. 日立製作所. p. 12 (2019年5月31日). 2020年1月25日閲覧。
  31. ^ (英語)History”. 日立レールSTS. 2020年1月25日閲覧。 “From April 1st the Company name change from Ansaldo STS to Hitachi Rail STS.”
  32. ^ 昭和電工、日立化成のTOB成立:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年4月21日閲覧。
  33. ^ トルコのアルチェリクと日立グローバルライフソリューションズが日本国外の白物家電事業で合弁会社を設立
  34. ^ 日立が米グローバルロジック買収へ、約9180億円で-株価は反落” (2021年3月31日). 2021年6月27日閲覧。
  35. ^ “Hitachi to buy Thales' railway signaling business for $2bn”. 日本経済新聞. (2021年8月4日). https://asia.nikkei.com/Business/Business-deals/Hitachi-to-buy-Thales-railway-signaling-business-for-2bn 
  36. ^ “日立、仏タレスの鉄道信号関連事業を買収 事業価値約2150億円”. ロイター. (2021年8月4日). https://jp.reuters.com/article/hitachi-thales-idJPKBN2F50G5 
  37. ^ ニュースリリース:2022年1月14日:日立”. www.hitachi.co.jp. 2022年1月14日閲覧。
  38. ^ ニュースリリース:2022年4月28日:日立”. www.hitachi.co.jp. 2022年4月30日閲覧。
  39. ^ a b セガサミーHD、プロバスケクラブの経営権を取得へ”. 日本経済新聞 (2022年6月23日). 2022年6月23日閲覧。
  40. ^ 日立、2180億円で日立エナジーを完全子会社化‐世界の電力市場を加速(マイナビニュース)” (日本語). LINE NEWS. 2022年10月1日閲覧。
  41. ^ 富士通と日立は縮小もIBMは新型機、ハード戦略の違い鮮明
  42. ^ 庄司容子 (2019年1月25日). “日経ビジネス電子版”. 日経ビジネス電子版. 日経BP社. 2019年1月25日閲覧。
  43. ^ 日立がABBのパワーグリッド事業買収を完了、グローバル10兆円市場に挑む” (2020年7月2日). 2021年4月29日閲覧。
  44. ^ 鉄道トリビア301 武田鉄矢作詞、海援隊のあの代表曲は国鉄のために作られた(マイナビニュース 2015年4月25日配信)2016年12月3日閲覧。
  45. ^ MUSIC MAN-NET インタビュー企画 第140回 酒井 政利 氏 音楽プロデューサー 平成28年12月3日閲覧。
  46. ^ 濱口英樹『ヒットソングを創った男たち~歌謡曲黄金時代の仕掛人』p.54、シンコーミュージック、2018年12月18日発行
  47. ^ 日立の海外家電事業巡るトルコのアルチェリックの交渉進展-関係者
  48. ^ 日立がソニーのテレビを販売してまで家電市場に留まりたい理由
  49. ^ パートナー別SAP認定コンサルタント資格取得数
  50. ^ a b c 日立製作所中央研究所創立二十周年記念論文集 - 日立製作所中央研究所の歴史と概要(1962年) 日立評論、日立グループ、2021年5月30日閲覧。
  51. ^ a b c d 日立が「武蔵野の森」に開いた研究施設の正体 同社最大の中央研究所に新設する狙いとは 東洋経済オンライン、東洋経済新報社、2019年4月18日
  52. ^ 省エネ賞の冷蔵庫、実は不当表示 日立子会社に排除命令 asahi.com 2009年4月20日
  53. ^ 日立評論52-7(1970年7月発行)、2015年6月10日閲覧。
  54. ^ 通天閣観光株式会社『別冊通天閣ニュース通天閣ニュース、2011年10月28日
  55. ^ 沿革:1910~1960
  56. ^ フジテレビでの日立の提供はVS嵐以来。
  57. ^ 1981年春の改編から1980年代半ばまで提供
  58. ^ 1980年代以来に土曜グランド劇場時代以来の提供復帰
  59. ^ 1970年代後半に月曜9時枠の提供した事がありました。1989年秋の改編でフィリップモリスから引き継いだ。後任はサントリー
  60. ^ 日立、東京消防庁から修理交換依頼を受け破棄処分したHDDにデータが残存”. ScanNetSecurity 2008年1月21日(月) 17時00分. 2020年8月12日閲覧。
  61. ^ 廃棄処理過程におけるハードディスクドライブの流出について”. 株式会社日立製作所 2008年1月18日. 2020年8月12日閲覧。
  62. ^ 日立製作所社員による国立国会図書館情報の不正取得行為について 国立国会図書館
  63. ^ 日立社員が国会図書館の入札情報などを不正取得、管理者権限を悪用 日経BP 2014.05.15
  64. ^ 日立子会社でパワハラ労災 残業161時間、いす蹴られ”. 朝日新聞 2018年11月6日 19時07分. 2020年8月12日閲覧。
  65. ^ 日立と系列10社、技能実習違反の疑い 低賃金や必須外の作業 毎日新聞 2019年3月5日
  66. ^ 日立に支払い命令 違法な退職勧奨 横浜地裁”. 産経新聞 2020.3.28 07:03. 2020年8月12日閲覧。



日立製作所(イギリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 02:04 UTC 版)

鉄道車両におけるハイブリッド」の記事における「日立製作所(イギリス)」の解説

イギリスではこのほか2007年インターシティ125機関車である43ディーゼル機関車英語版43 089に日立製作所が開発したハイブリッドシステム搭載し試験が行われている。このシステムシリーズ方式よるもので、蓄電池機関車直後に連結され客車搭載発電システム従来のまま変えず蓄電池チョッパ装置を介してつないだうえで直流電動機から換装された交流電動機VVVFインバータ制御した。日立製作所によれば排出ガス50%、燃料消費量20%削減見込まれ新造車両の場合にはさらなる燃料の節約期待されるとされた。試験車両は「Hayabusa」と名付けられ、グレート・セントラル・レールウェイ(英語版)での6か月間試験走行経て検測車ニュー・メジャーメント・トレイン組み込まれ200km/hでの走行試験が行われたが、その後ハイブリッドシステム降ろしてイースト・ミッドランズ・トレインズ英語版)で通常運用に就いている。

※この「日立製作所(イギリス)」の解説は、「鉄道車両におけるハイブリッド」の解説の一部です。
「日立製作所(イギリス)」を含む「鉄道車両におけるハイブリッド」の記事については、「鉄道車両におけるハイブリッド」の概要を参照ください。


日立製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 00:43 UTC 版)

日産コンツェルン」の記事における「日立製作所」の解説

日立製作所★日精 - 主に設立母体でもある現在の日立ENEOSホールディングス日立造船後述)が出資日立ビルシステム 日立システムズ 日立ドキュメントソリューションズ 東京証券代行 - 証券ビジネス新規参入目的日立主導により設立、現在は三井住友トラストグループ旧中央三井トラストグループ)の一角日立建設設計 日立リアルエステートパートナーズ 日立保険サービス 日立グローバルライフソリューションズ 工機ホールディングス 日立産機システム 新明和工業 日立Astemoアフターマーケットジャパン - 2021年4月1日付日立オートパーツ&サービスか商号変更日立ソリューションズ 日立ソリューションズ・クリエイト 日立アーバンサポート マクセルホールディングス 日立国際電気 - 日立電子国際電気八木アンテナ旧社)の三社合併により誕生新社八木アンテナは分化され子会社ALSOK昇日セキュリティサービス - 旧日セキュリティサービス2017年2月1日綜合警備保障グループとなり商号変更日立国際ビジネス 日立パワーソリューションズ 日京クリエイト - 日立グループにより「日立京商」の社名設立民間給食サービス会社。現在はワタキューグループの一員同業大手日清医療食品が9割保有(残る1割が日本体保有分)。 日立産業制御ソリューションズ 日立SC 日立マネジメントパートナー 日立Astemo ニッセイコム 日立産機ドライブ・ソリューションズ 日立プラントサービス 日立フーズ&ロジスティクスシステムズ 共和真空技術 日立プラントコンストラクション 関東日立 菅原※ - 旧菅原電気。旧スリオンテック出身母体。 昱※ ヤシマキザイ※ - 鉄道自動車電子部品商社。旧・八洲器材。 グローセル※ - 日立系の部品商社として参加実質的な垂直合併によりルネサス関連会社に。 瑞穂日立システムズネットワークス 関東日立 ※の付いた参加企業はすべて窓口商社親密関係先として参加

※この「日立製作所」の解説は、「日産コンツェルン」の解説の一部です。
「日立製作所」を含む「日産コンツェルン」の記事については、「日産コンツェルン」の概要を参照ください。


日立製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:05 UTC 版)

DVDレコーダー」の記事における「日立製作所」の解説

DVD-RAM陣営デジタルチューナー搭載機薄型テレビ共通のWoooシリーズ名乗っていた。詳細Woooを参照デジタルチューナー搭載機には特に名称はなく2006年11月生産終了している。EPG当初ADAMS-EPGだったが、2006年モデルではGガイド乗り換えている(デジタルチューナー搭載機アナログ放送用のEPG搭載していない)。3in1機自社でのラインアップには無い。HDD+DVDレコーダーHDDなしのVHS+DVD生産したことがある2007年9月をもって自社での開発中止(=事実上の撤退)に追い込まれている。三菱電機船井電機共同開発)の楽レコOEMとなったため、本来日立が推していたDVD-RAM再生のみとなってしまった。なお、ジャパネットたかたなどの通販限定でDV-DT1という3in1モデルがあったがこれも船井電機OEMDVD-RAM録画再生もできず一般カタログにも記載されていなかった。現在はこれらの機種全て販売終了したため、パナソニックDIGAを元にしたブルーレイ対応のOEMが日立チェーンストール向けに供給されている。

※この「日立製作所」の解説は、「DVDレコーダー」の解説の一部です。
「日立製作所」を含む「DVDレコーダー」の記事については、「DVDレコーダー」の概要を参照ください。


日立製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 02:52 UTC 版)

Espial HTML5 Browser」の記事における「日立製作所」の解説

Wooo - 2011年よりEspial HTML5 Browser搭載

※この「日立製作所」の解説は、「Espial HTML5 Browser」の解説の一部です。
「日立製作所」を含む「Espial HTML5 Browser」の記事については、「Espial HTML5 Browser」の概要を参照ください。


日立製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 03:03 UTC 版)

BDレコーダー」の記事における「日立製作所」の解説

以前は自社開発機を計画していたが、2007年9月限りDVDレコーダーから事実上撤退したため、計画頓挫することとなった2008年7月に「DV-BH250」を発売したが、これはパナソニックOEMである。原則として日立チェーンストールのみでの取り扱いとなり、量販店では取り扱わなかった。 2009年7月後継機となるDVL-BR9を日立リビングサプライり発売(パナソニックDMR-BW750OEMで、HDMI連動機能Woooリンク」はパナソニックの「ビエラリンク」と同一規格系列店日立チェーンストール」のみで販売)。以降はパナソニックOEM日立チェーンストール専売BDレコーダー販売HDDBD内蔵テレビについても、三菱のBHR400シリーズOEMとしてXB07シリーズ発売していた。

※この「日立製作所」の解説は、「BDレコーダー」の解説の一部です。
「日立製作所」を含む「BDレコーダー」の記事については、「BDレコーダー」の概要を参照ください。


日立製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 03:03 UTC 版)

BDレコーダー」の記事における「日立製作所」の解説

DV-BH250(HDD:250GB、AVCREC搭載、WチューナーパナソニックDMR-BW700OEM、BW700との違いWoooリンク対応&前面I.Link端子有ること、どこでもドアホン連動がないこと)

※この「日立製作所」の解説は、「BDレコーダー」の解説の一部です。
「日立製作所」を含む「BDレコーダー」の記事については、「BDレコーダー」の概要を参照ください。


日立製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 08:38 UTC 版)

ボールドウィンA形台車」の記事における「日立製作所」の解説

独自路線重視する日立製作所も、戦前から戦後間もない時期にかけて製造した電車台車についてはアメリカメーカーのデッドコピー品が大半占めていた。ボールドウィンA・AA同等品については、自社工場製造したデッドコピー品の他、営団地下鉄からの発生品を整備改修した再生品供給している。 MI形:A形デッドコピー品。第二次世界大戦前地方私鉄各社納入された。 H-20:汽車製造KS-20の同等品で同社手がけた南海山手線クタ7000形用として供給された。なお、この形式名は納入先であった南海鉄道での社内呼称である。

※この「日立製作所」の解説は、「ボールドウィンA形台車」の解説の一部です。
「日立製作所」を含む「ボールドウィンA形台車」の記事については、「ボールドウィンA形台車」の概要を参照ください。


日立製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 09:22 UTC 版)

ホビーパソコン」の記事における「日立製作所」の解説

ベーシックマスターシリーズ 日本初の「ワンボードではない筐体持った個人ユース家庭用パソコン」とも言われる日本初とも言われるその製品が、日立コンピュータ部ではなくテレビ部門による開発であることが「ホビーパソコン」というジャンル明快に表している。当初基本性能簡略であり、当時はまだ高価だった電子部品減らすことでコストダウン図った拡張性の高さを兼ね備え、その拡張性各々のユーザー対応しようとした機種である。発売時期早かったこともあって、発売当時物珍しさ手伝って売上伸ばしたその後モデルチェンジ繰り返しベーシックマスターレベル3では日本初ひらがな標準表示実現させ、日立MSX規格製品初代機であるMB-H1の翌年発売され最終シリーズであるS1は、12個のカスタムLSI備え究極8ビット機の一つとする声もあるが、シェアとしては振るわずMSX規格後述)に一本化された。、1983年3月公開日本の劇場用アニメーション映画作品クラッシャージョウ」において、同作制作関わったアニメーターである佐藤元私物ベーシックマスターレベル3用いて作られたCG使用されている

※この「日立製作所」の解説は、「ホビーパソコン」の解説の一部です。
「日立製作所」を含む「ホビーパソコン」の記事については、「ホビーパソコン」の概要を参照ください。


日立製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:18 UTC 版)

東武鉄道」の記事における「日立製作所」の解説

電気機関車のED5010形やED5050形7800系竣工後、長い間取引がなかった。ただし、制御装置など電装品での取引長らくあった。アルナ工機鉄道車両事業事実上の受け皿になったことをきっかけに2004年50000系から取引再開50000系列と60000系全車同社笠戸事業所竣工した他、N100系も日立発注されることが決まっているまた、9000系9050系副都心線乗り入れに伴う改造工事日本電装と、20000系栃木地区転用に伴う改造工事津覇とともに行った後述)。施工車両には日立日本電装、または津覇連名プレート取り付けられている。

※この「日立製作所」の解説は、「東武鉄道」の解説の一部です。
「日立製作所」を含む「東武鉄道」の記事については、「東武鉄道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日立製作所」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「日立製作所」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類

千代田区の企業 エヌケービー  三菱地所リアルエステートサービス  日立製作所  さだ企画  そごう・西武
日本の情報・通信業 キヤノンMJアイティグループホールディングス  ブロード・システム・ソリューションズ  日立製作所  アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ  イー・クラシス
日本の電気機器メーカー トミタ電機  指月電機製作所  日立製作所  愛知電機  イビデン
日本の輸送機器メーカー アルナ輸送機用品  指月電機製作所  日立製作所  アイメタルテクノロジー  オージ
茨城県の企業 関鉄グリーンバス  ばんどう太郎  日立製作所  諸岡  アイメタルテクノロジー
コンピュータ企業 ヒューレット・パッカード  日本アイ・ビー・エム  日立製作所  Bull  日本オラクル
日立グループ 日立ビアエンジニアリング  ハウステック  日立製作所  日立プラントテクノロジー  日立電鉄
日本の軍需産業 カヤバ工業  日立造船  日立製作所  ユニバーサル造船  防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律
日本の鉄道車両メーカー 平岡工場  新潟トランシス  日立製作所  津覇車輌工業  深川造船所
日本の原子力関連企業 日本原燃  電源開発  日立製作所  東京電力  関西電力
日本のスポーツチーム 東芝ブレイブルーパス  U・スターズ  日立製作所  ソニー一宮BRAVIA Ladies  九州電力キューデンヴォルテクス
社会人野球チーム 和歌山箕島球友会  倉敷ピーチジャックス  日立製作所  札幌ブルーインズ  全浦和野球団

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「日立製作所」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされるR&D比率とは

    株式の投資判断とされるR&D比率とは、売上高のR&Dの割合をパーセンテージで表したものです。R&D比率は、売上高研究開発費比率ともいいます。R&D比率のR&Dとは研究開発費のことです。一般的にR&D比...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株365の日経225証拠金取引の見方

    株365の日経225証拠金取引は、日経平均株価(日経225)に連動して値動きする銘柄です。そのため、日経平均株価の値動きや構成銘柄の特徴を知ることで日経225証拠金取引の値動きを予測できます。日経平均...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日立製作所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日立製作所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ日立製作所の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日立製作所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鉄道車両におけるハイブリッド (改訂履歴)、日産コンツェルン (改訂履歴)、DVDレコーダー (改訂履歴)、Espial HTML5 Browser (改訂履歴)、BDレコーダー (改訂履歴)、ボールドウィンA形台車 (改訂履歴)、ホビーパソコン (改訂履歴)、東武鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS