浅野財閥とは?

浅野財閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 04:42 UTC 版)

浅野財閥 (あさのざいばつ)は、浅野総一郎が設立した財閥である。十五大財閥の一つに数えられる。


  1. ^ 『日本の15大財閥―現代企業のルーツをひもとく』p.145
  2. ^ 『日本の15大財閥―現代企業のルーツをひもとく』p.147
  3. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.205.
  4. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.266.
  5. ^ 『日本の15大財閥―現代企業のルーツをひもとく』p.148-149
  6. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、1929年、p.218.
  7. ^ 森川英正『日本財閥史』教育社歴史新書、1986年、p.168
  8. ^ 齋藤憲 (1998). 稼ぐに追いつく貧乏なし. 東洋経済新報社. p. 167. 
  9. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.215-216.
  10. ^ 森川英正『日本財閥史』教育社歴史新書、1987年、p.175-176
  11. ^ Asano Sōichirō | Japanese businessman” (英語). Encyclopedia Britannica. 2019年8月1日閲覧。 “By 1929 it was the fifth-largest such combine in Japan...”
  12. ^ Soichiro Asano The Man Who Worked All Day on Only Four Hours' Sleep.」『Japanese Yearbook on Business History』第19巻、経営史学会、2003年、 55頁、2019年8月1日閲覧。“... at the end of the war ranked fifh in scale ...”
  13. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』1998年、225頁。
  14. ^ 森川英正『日本財閥史』教育社歴史新書、1987年、p.224.
  15. ^ 『日本の15大財閥―現代企業のルーツをひもとく』p.151
  16. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 企業(1-014)日本産業経済新聞 1943.5.22-1943.6.4 (昭和18)財閥の重工業進出 (9)
  17. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.76〜77.
  18. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、1930年、p.248〜250.
  19. ^ 森川英正『日本財閥史』教育社歴史新書、1986年、p.25-26
  20. ^ 「浅野翁は政商ではない。...浅野翁は...腕一本脛一本を資本としてやつてきたもので、時の政府大官等と結託して事を企てるやうな真似はしなかった。」帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、1929年、p.199.
  21. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.50.
  22. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.223.
  23. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 企業(1-014)日本産業経済新聞 1943.5.22-1943.6.4 (昭和18)
  24. ^ a b c d e f g h i j 小早川洋一、「浅野財閥の多角化と経営組織」『経営史学』 1981年 16巻 1号 p.42-64, doi:10.5029/bhsj.16.42
  25. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.310-311.
  26. ^ 齋藤憲 (1998). 稼ぐに追いつく貧乏なし. 東洋経済新報社. p. 227〜230. 
  27. ^ 菊地浩之「1950年代における旧財閥系企業の株式所有構造」 Seikeiken Research Paper Series、No.18、財団法人 政治経済研究所、2011年8月、p.35,p.54.
  28. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.90.
  29. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.227.
  30. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.227.
  31. ^ 齋藤憲 (1998). 稼ぐに追いつく貧乏なし. 東洋経済新報社. p. 227. 
  32. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.229, p.232.
  33. ^ 中外産業調査会『中堅財閥の新研究 関東編』中外産業調査会、昭和12年、p.203.
  34. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.252.
  35. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.55.
  36. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.251.
  37. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  38. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.85, p.90.
  39. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.704〜705.
  40. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.74.
  41. ^ 沖電気120年のあゆみ
  42. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋経済新報社、1998年、240頁。
  43. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.240.
  44. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  45. ^ 沖電気120年のあゆみ
  46. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.242.
  47. ^ 森川英正『日本財閥史』教育者歴史新書、1986年、p.80.
  48. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.45〜46.
  49. ^ 浅野泰治郎『ひもかがみ』浅野文庫、昭和3年、p.122.
  50. ^ アサノコンクリート株式会社
  51. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋経済新報社、1998年、p.36〜38.
  52. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.492.
  53. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.255.
  54. ^ 長秋雄「筑波花こう岩と旧筑波町の歴史」『GSJ地質ニュース』Vol.3, No.6, 2014年6月, p.186.
  55. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、p.113.
  56. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.245—246.
  57. ^ 渋沢栄一記念財団
  58. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.376〜378.
  59. ^ エーアンドエーマテリアル 会社沿革
  60. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.378.
  61. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.231,p.330.
  62. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.178〜179, p.244.
  63. ^ 秩父太平洋セメント 沿革
  64. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.234.
  65. ^ 旭コンクリート工業 沿革
  66. ^ 旭コンクリート工業 概要
  67. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.700〜701.
  68. ^ アスベスト・センター
  69. ^ エーアンドエーマテリアル 会社沿革
  70. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.237.
  71. ^ 虫マップー手塚治虫ゆかりの地を訪ねてー
  72. ^ アスベスト・センター
  73. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.236.
  74. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.697〜698。
  75. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.236.
  76. ^ 日本ヒューム 沿革
  77. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.226,p.232.
  78. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.429〜432.
  79. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.234〜235.
  80. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.433.
  81. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 企業(1-014)日本産業経済新聞 1943.5.22-1943.6.4 (昭和18)
  82. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.435〜437.
  83. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 企業(1-014)日本産業経済新聞 1943.5.22-1943.6.4 (昭和18)
  84. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.437〜438.
  85. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 企業(1-014)日本産業経済新聞 1943.5.22-1943.6.4 (昭和18)
  86. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.710.
  87. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.242.
  88. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.684.
  89. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.76.
  90. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.260.
  91. ^ 北九州イノベーションギャラリー 三菱マテリアル 沿革
  92. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.260.
  93. ^ 一般社団法人セメント協会
  94. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.240.
  95. ^ 住友大阪セメント 沿革
  96. ^ 満州経済社『満州企業の全面的検討』康徳9年(昭和17年)、p.126.
  97. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.440.
  98. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.443.
  99. ^ 満州経済社『満州企業の全面的検討』康徳9年(昭和17年)、p.126.
  100. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.443.
  101. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.242.
  102. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.685.
  103. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.683.
  104. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.698〜699.
  105. ^ 満州経済社『満州企業の全面的検討』康徳9年(昭和17年)、p.126.
  106. ^ 株式会社デイ・シイ 沿革
  107. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.242.
  108. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.240.
  109. ^ 浅野造船所『我社の生立』浅野造船所、昭和10年、p.12,p.14.
  110. ^ 中外産業調査会『中堅財閥の新研究 関東編』中外産業調査会、昭和12年、p.187〜188.
  111. ^ JFEエンジニアリングの沿革
  112. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.313.
  113. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.57.
  114. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.43.
  115. ^ 東京製綱 沿革
  116. ^ 東京製綱の歴史
  117. ^ 森川英正『日本財閥史』教育者歴史新書、1986年、p.85〜86.
  118. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.69.
  119. ^ トーカイ 沿革
  120. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.268.
  121. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.260〜262.
  122. ^ 渋沢栄一記念財団
  123. ^ 太平洋金属 沿革
  124. ^ 浅野造船所『我社の生立』浅野造船所、昭和10年、p.38,p.50.
  125. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.262.
  126. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.173〜175.
  127. ^ 日本製鉄 沿革
  128. ^ 飯塚陽介「明治後期資本財産業の成長と機械商」2009-4. 一橋大学機関リポジトリ
  129. ^ 中外産業調査会『中堅財閥の新研究 関東編』中外産業調査会、昭和12年、p.239.
  130. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.264.
  131. ^ 日本鋳造 企業情報
  132. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.265〜267.
  133. ^ 浅野造船所『我社の生立』浅野造船所、昭和10年、p.81〜82.
  134. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.243.
  135. ^ JFE鋼材 沿革
  136. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.245.
  137. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.69.
  138. ^ 千葉雄二『尼鋼十年史』尼崎製鋼所、昭和17年。
  139. ^ 吉澤石灰工業 沿革
  140. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、昭和13年、p.297.
  141. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.244.
  142. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  143. ^ 関東製鋼の成り立ち 大同特殊鋼のサイト
  144. ^ 大同特殊鋼の歴史
  145. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.244.
  146. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.244.
  147. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.244.
  148. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.245.
  149. ^ 戦争中の女子生徒勤労動員会社一覧
  150. ^ 戦車のプラモデルの解説
  151. ^ 渋沢栄一記念財団
  152. ^ ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム”. trc-adeac.trc.co.jp. 2019年8月5日閲覧。
  153. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.243.
  154. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、昭和13年、p.297.
  155. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.244.
  156. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  157. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  158. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.244.
  159. ^ 東北機械製作所 沿革
  160. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  161. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  162. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  163. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 満州(6-014)満州日報 1935.8.27 (昭和10)
  164. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 製鉄業(13-028)満州日日新聞 1935.12.17 (昭和10)
  165. ^ 岩井良太郎『戦争と財閥』千倉書房、昭和13年、p.101.
  166. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.245.
  167. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 企業(1-014) 日本産業経済新聞 1943.5.22-1943.6.4 (昭和18)
  168. ^ 将校用軍刀の研究(4) 第三報の続き
  169. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.69.
  170. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.177.
  171. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.314〜316.
  172. ^ 中外産業調査会『中堅財閥の新研究 関東編』中外産業調査会、昭和12年、p.196.
  173. ^ 横浜開港150周年記念事業 みんなでつくる横濱写真アルバム
  174. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.247.
  175. ^ 日本カーリット 沿革
  176. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.371-376。
  177. ^ 樋口弘『計画経済と日本財閥』味燈書屋、昭和16年、p.283.
  178. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  179. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  180. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.244.
  181. ^ 日本カーリット 沿革
  182. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.323.
  183. ^ 西日本シティ銀行 末松謙澄
  184. ^ フォーラム福岡 博多港110周年、北九州港120周年と臨海都市・福岡、北九州
  185. ^ 東亜建設工業の歩み
  186. ^ 東亜建設工業株式会社『東京湾埋立物語』平成元年、p.193.
  187. ^ 東秀紀「京浜臨海部と浅野総一郎」『調査季報』135号、1998年9月、横浜市、p.19
  188. ^ 服部一馬「成立期の京浜工業地帯」『調査季報』25号、横浜市、p.28.
  189. ^ 東亜建設工業 今に受け継がれる創業者浅野総一郎のCSR精神
  190. ^ 東亜建設工業株式会社『東京湾埋立物語』平成元年、p.121.
  191. ^ 東亜建設工業株式会社『東京湾埋立物語』平成元年、p.123.
  192. ^ 東亜建設工業 シンボルマーク
  193. ^ 東亜建設工業株式会社『東京湾埋立物語』平成元年、p.159〜174.
  194. ^ 横浜市役所 鶴見区の歴史
  195. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.317〜318.
  196. ^ 浅野造船所『我社の生立』浅野造船所、昭和10年、p.143.
  197. ^ 東亜建設工業株式会社『東京湾埋立物語』平成元年、p.129〜132.
  198. ^ 東亜建設工業株式会社『東京湾埋立物語』平成元年、p.181〜182.
  199. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.232.
  200. ^ 尼崎築港株式会社 沿革
  201. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.296.
  202. ^ 千葉雄二『尼鋼十年史』尼崎製鋼所、昭和17年、井上好三郎の言葉。
  203. ^ 尼崎築港株式会社 沿革
  204. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.45.
  205. ^ 小倉興産 沿革
  206. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.299〜300
  207. ^ 東亜建設工業の歩み
  208. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.247.
  209. ^ 『浅野関係会社名簿』浅野同族株式会社、昭和13年3月。
  210. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.247.
  211. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.297.
  212. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.297.
  213. ^ 『浅野関係会社名簿』昭和13年。
  214. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.247.
  215. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.297.
  216. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.54.
  217. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.253.
  218. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  219. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.123, 126.
  220. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.243.
  221. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.36
  222. ^ 森川英正『日本財閥史』教育者歴史新書、1986年、p.81-82.
  223. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.218.
  224. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.37-41.
  225. ^ 横浜手彩色写真絵葉書図鑑
  226. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.53〜54.
  227. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.279〜280.
  228. ^ NYKバルク・プロジェクト株式会社 沿革
  229. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.240.
  230. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.250.
  231. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.280.
  232. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.251.
  233. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.277。
  234. ^ 日の出興業 会社沿革
  235. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 海運(30-004)神戸又新日報 1933.9.16 (昭和8)
  236. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.251.
  237. ^ 商船三井オーシャンエキスパート 沿革
  238. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.69.
  239. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.249.
  240. ^ 森川英正『日本財閥史』教育者歴史新書、1986年、p.26。
  241. ^ 中外産業調査会『中堅財閥の新研究 関東編』中外産業調査会、昭和12年、p.209.
  242. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.242〜245.
  243. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.29.
  244. ^ 国土交通省 小名浜港の歴史
  245. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.242〜245.
  246. ^ 常磐炭田ネットワーク 磐城炭砿・入山採炭の合併に関する資料
  247. ^ 嶋﨑尚子「常磐炭砿の地域的特性とその吸収力」『社会情報』19巻2号、2010年3月、p.184.
  248. ^ 常磐興産 沿革
  249. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.97.
  250. ^ 北秋 沿革
  251. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.101〜102.
  252. ^ 渋沢栄一記念財団
  253. ^ 渋沢栄一記念財団
  254. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.100.
  255. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.30.
  256. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.30.
  257. ^ 森川英正『日本財閥史』教育者歴史新書、1986年、p.134
  258. ^ 日本コークス工業 沿革
  259. ^ 大場四千男、児玉清臣「戦間期石炭鉱業に於ける寡占構造の形成と資本蓄積(一)」『開発論集』第94号、2014年9月、p.169.
  260. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.253.
  261. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.72.
  262. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.251.
  263. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.251-252.
  264. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.214.
  265. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.247-248.
  266. ^ 関東燃料
  267. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.256.
  268. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.248.
  269. ^ 北海道生産性本部 廃墟の昭和炭鉱とダム湖に沈む雨竜炭鉱
  270. ^ 中外産業調査会『中堅財閥の新研究 関東編』中外産業調査会、昭和12年、p.201.
  271. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.242.
  272. ^ 株式会社エヌテック 沿革
  273. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  274. ^ 樋口弘『計画経済と日本財閥』味燈書屋、昭和16年、p.283.
  275. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.709.
  276. ^ 苣木浅彦、鈴木喜義、「福島県与内畑鉱山の石膏鉱床について」『鉱山地質』 1960年 10巻 41号 p.152-167, doi:10.11456/shigenchishitsu1951.10.41_152
  277. ^ 武司秀夫「福島県耶麻灘熱塩撫納村蓼内畑薦轡鉱床」『地質調査所月報』第14巻、第4号、1963年、p.24.
  278. ^ 常磐炭田ネットワーク
  279. ^ 常磐炭田ネットワーク
  280. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、昭和13年、p.296.
  281. ^ 昭和KDE 沿革
  282. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、昭和13年、p.259,p.296.
  283. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.240.
  284. ^ 『浅野関係会社名簿』昭和13年。
  285. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.242, p.251.
  286. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.705〜706.
  287. ^ 満州経済社『満州企業の全面的検討』康徳9年(昭和17年)、p.126.
  288. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  289. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.243.
  290. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.243.
  291. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.243.
  292. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.69.
  293. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、270〜271.
  294. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.97〜99, p.103, p.196, p.215, p.198表6-4.
  295. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.485.
  296. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.284。
  297. ^ 渡邉恵一「青梅鉄道の設立と浅野総一郎」『立教経済学研究』第4巻、第3号、1995年、p.187〜212.
  298. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.121〜128.
  299. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.195.
  300. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.203〜205.
  301. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.212〜216.
  302. ^ 戦時中の過酷な私鉄買収
  303. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.243.
  304. ^ 常磐線誕生と立体交差
  305. ^ 長秋雄「筑波花こう岩と旧筑波町の歴史」『GSJ地質ニュース』Vol.3, No.6, 2014年6月, p.186.
  306. ^ 廃線探索
  307. ^ LINEトラベルjp
  308. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.689。
  309. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.199〜201.
  310. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.220,注29.
  311. ^ 恩田睦、「戦前期秩父鉄道にみる資金調達と企業者活動」『経営史学』 2010年 45巻 3号 p.3_3-3_30, doi:10.5029/bhsj.45.3_3
  312. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.224, 注97.
  313. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.215, p224,注97.
  314. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.283。
  315. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.208.
  316. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.234〜238.
  317. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.241.
  318. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.242〜243.
  319. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.247.
  320. ^ 戦時中の過酷な私鉄買収
  321. ^ 太平洋不動産 沿革
  322. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.288,p.330.
  323. ^ 齋藤憲 (1998). 稼ぐに追いつく貧乏なし. 東洋経済新報社. p. 202. 
  324. ^ 戦時中の過酷な私鉄買収
  325. ^ 北九州市 時と風の博物館
  326. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.206〜209.
  327. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.286.
  328. ^ 立川市歴史民俗資料館『資料館だより』第19号、平成27年3月。
  329. ^ 渡邉恵一、「戦間期京浜工業地帯における鉄道輸送問題 鶴見臨港鉄道の成立と展開」『経営史学』2011年 46巻 2号 p.2_3-2_27, doi:[https://doi.org/10.5029%2Fbhsj.46.2_3 10.5029/bhsj.46.2_3, 表2
  330. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.288。
  331. ^ 駅名の由来 鶴見臨港鉄道
  332. ^ 東亜リアルエステート 沿革
  333. ^ 旧鶴見臨港鉄道の社章
  334. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.691。
  335. ^ 三岐鉄道80年の歩み
  336. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.53.
  337. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.290。
  338. ^ 廃線探索
  339. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.695。
  340. ^ 読売新聞 1928年 昭和3年 7月25日 東京セメントの出現!
  341. ^ 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 電気鉄道(06-069) 国民新聞 1929.3.13 (昭和4) 郊外電鉄武蔵野の現状
  342. ^ M&Aonline 西武鉄道の成立 武蔵野の台地に王国を築いた堤康次郎(前編)
  343. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.53.
  344. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.249.
  345. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.249.
  346. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.249.
  347. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.692〜693。
  348. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.211.
  349. ^ 渡邉恵一『浅野セメントの物流史』立教大学出版会、2005年、p.252〜253, 注70.
  350. ^ 奥多摩工業 沿革
  351. ^ 鶴見臨港鉄道 バス事業への進出と別離
  352. ^ 満州経済社『満州企業の全面的検討』1942年、p.126.
  353. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.249.
  354. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟社、昭和13年、p.171.
  355. ^ 齊藤憲「浅野昼夜銀行の安田財閥への譲渡」『経済史研究』第6号、2002年3月、p.83〜99.
  356. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.252.
  357. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.47-48.
  358. ^ 銀行変遷史データベース
  359. ^ 銀行変遷史データベース
  360. ^ 森川英正『日本財閥史』教育社歴史新書、1986年、p.148-149。
  361. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.252.
  362. ^ 銀行変遷史データベース
  363. ^ 沖電気120年のあゆみ
  364. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.304。
  365. ^ 沖電気120年のあゆみ
  366. ^ 沖電気120年のあゆみ
  367. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.47.
  368. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.302.
  369. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.244.
  370. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.176-177.
  371. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.333。
  372. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.47.
  373. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.307〜309.
  374. ^ 庄川水力電気専用鉄道の成立と変遷 庄川流木争議の一断面
  375. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.53.
  376. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.245.
  377. ^ 沖電線 社長あいさつ
  378. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  379. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  380. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  381. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  382. ^ 沖電気120年のあゆみ
  383. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  384. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.246.
  385. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.240.
  386. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.251.
  387. ^ 小川功「“虚業家”高柳淳之助による似非・企業再生ファンドの挫折」『滋賀大学経済学部研究年報』vol.11,2004年,p.59.
  388. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.240,p.246.
  389. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.53.
  390. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.245.
  391. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.320.
  392. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.319〜320.
  393. ^ 北秋 沿革
  394. ^ 北秋木材株式会社 提要
  395. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.321.
  396. ^ 北秋 沿革
  397. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.316.
  398. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.318〜319.
  399. ^ 和田寿次郎『浅野セメント沿革史』浅野セメント、昭和15年、p.708。
  400. ^ ニッポー 沿革
  401. ^ ニッポー 沿革
  402. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋経済新報社、1998年、p.84〜85.
  403. ^ 渋沢栄一記念財団
  404. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.31.
  405. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.246.
  406. ^ 渋沢栄一記念財団
  407. ^ 渋沢栄一記念財団
  408. ^ 山内昌斗「英国サミュエル商会のグローバル展開と日本」『広島経済大学経済研究論集』第29巻、第4号、2007年3月、p.122〜123.
  409. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.33.
  410. ^ 武上幸之助「日本のエネルギー資源貿易政策(1)」『経営経理研究』第87号、2010年1月、p.158.
  411. ^ 石田文彦、石井太郎「明治期における石油製油技術の発展」『技術と文明』13巻、2号(2)、2003年、p.15.
  412. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.33.
  413. ^ 森川英正『日本財閥史』教育者歴史新書、1986年、p.82-85.
  414. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.105.
  415. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.105.
  416. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.105.
  417. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.33.
  418. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.108.
  419. ^ 武上幸之助「日本のエネルギー資源貿易政策(1)」『経営経理研究』第87号、2010年1月、p.165
  420. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.109.
  421. ^ 森川英正『日本財閥史』教育者歴史新書、1986年、p.82-85.
  422. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.111.
  423. ^ 『浅野関係会社名簿』浅野同族株式会社、昭和13年3月。
  424. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.243.
  425. ^ 帝国石油 有価証券報告書2006年6月29日提出
  426. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.250.
  427. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツェルン読本』春秋社、1937年、p.34.
  428. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.309.
  429. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.310.
  430. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.55.
  431. ^ タカラスタンダード 沿革
  432. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.247.
  433. ^ 渋沢栄一記念財団情報資源センター
  434. ^ 合力理可夫「安川・松本家における経営多角化」『第一経大論集』第19巻第3号,p.73.
  435. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、昭和13年、p.291〜292.
  436. ^ 渋沢栄一記念財団 黒崎窯業 年表
  437. ^ 黒崎播磨株式会社
  438. ^ 伊藤忠食品130年の歩み
  439. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.247.
  440. ^ 浅野泰治郎『ひもかがみ』浅野文庫、昭和3年、p.9.
  441. ^ 森田克徳「わが国ビール産業の黎明と大日本麦酒の成立」p.21.
  442. ^ 渋沢栄一記念財団
  443. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.31-32.
  444. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.91.
  445. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.88〜89.
  446. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、昭和4年、帝国興信所、p.312.
  447. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.246.
  448. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、p.112.
  449. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、p.113〜114.
  450. ^ 横浜倉庫 沿革
  451. ^ 神戸 オリエンタルホテルの系譜
  452. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.119.
  453. ^ 浅野総一郎、良三父子とブロツキー 岡田正子
  454. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.247.
  455. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.250.
  456. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.250.
  457. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.240,p.247.
  458. ^ テイカ 沿革
  459. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.252.
  460. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.240,p.247.
  461. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.211.
  462. ^ 横浜共立倉庫 沿革
  463. ^ 高橋亀吉『日本財閥の解剖』中央公論社、昭和5年、p.246.
  464. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.321.
  465. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.252.
  466. ^ 損害保険会社の合併図
  467. ^ 帝国興信所『財閥研究』第一輯、帝国興信所、昭和4年、p.321.
  468. ^ 損害保険会社の合併図
  469. ^ 西野入愛一『浅野・渋沢・大川・古河コンツエルン読本』春秋社、1937年、p.55.
  470. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  471. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋経済新報社、1998年、p.252.
  472. ^ NIPPO 沿革
  473. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.247.
  474. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.248.
  475. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.248.
  476. ^ 『浅野関係会社名簿』浅野同族株式会社、昭和13年3月。
  477. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.249.
  478. ^ 浅野保険代理部株式会社
  479. ^ 浅野保険代理部
  480. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.244.
  481. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.248.
  482. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.245.
  483. ^ 樋口弘『日本財閥論』上巻、味灯書屋、1940年、p.70.
  484. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.244.
  485. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.248.
  486. ^ 齋藤憲『稼ぐに追いつく貧乏なし』東洋新報社、1998年、p.251.
  487. ^ 第一実業株式会社 歴史
  488. ^ 歴史が眠る多摩霊園
  489. ^ 日本鋼管病院 沿革
  490. ^ 井東憲『鋼管王白石元治郎』共盟閣、昭和13年、p299-300.
  491. ^ 日本鋼管病院 沿革
  492. ^ 浅野中学校・高等学校 沿革
  493. ^ 浅野総一郎(二代目)『父の抱負』浅野文庫、昭和6年、p.59.
  494. ^ 浅野造船所『我社の生立』浅野造船所、昭和10年、はしがき、p.3.
  495. ^ 『浅野学園六十年史』浅野学園、昭和55年、p.87,p.508.
  496. ^ 『浅野学園六十年史』浅野学園、昭和55年、p.32.
  497. ^ 浅野学園『浅野学園六十年史』浅野学園、1980年10月11日、30頁。
  498. ^ 2016年3月アーカイブ - 浅野学園 浅野中学・高等学校 - ブログ”. www.asano.ed.jp. 2019年7月24日閲覧。
  499. ^ 浅野工学専門学校 沿革


「浅野財閥」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浅野財閥」の関連用語

浅野財閥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浅野財閥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浅野財閥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS