安田善次郎とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > 日本の実業家 > 安田善次郎の意味・解説 

やすだ‐ぜんじろう〔‐ゼンジラウ〕【安田善次郎】


安田善次郎 やすだ ぜんじろう

天保9年10月9日大正10年9月28日(1838~1921)

富山生まれ。実業家。安田財閥創設者。父は富山藩下級藩士17歳江戸に出、丁稚奉公後元元年(1864)両替店安田屋開業太政官札公債などの取引官公預金などで蓄財し、東京屈指の金融業者となる。明治9年(1876)第三国立銀行創立参加13年(1880)に安田銀行開業15年(1882)には創立され日本銀行理事に就任したまた、生命保険・損害保険業に進出した晩年東京大学安田講堂日比谷公会堂寄付大正10年(1921)国粋主義者朝日平吾暗殺された。

キーワード 実業家
著作等近代デジタルライブラリー収載
  1. 富之礎 / 安田善次郎著 昭文堂, 明44.3 <YDM41227>
  2. 富の活動 / 安田善次郎述 ; 菊池暁汀編 大学館, 明44.12 <YDM11097>
  3. 克己実話 / 安田善次郎著 ; 立石駒吉編 ニ堂, 明45.3 <YDM9713>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

安田善次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 13:32 UTC 版)

初代 安田 善次郎(やすだ ぜんじろう、天保9年10月9日1838年11月25日〉 - 大正10年〈1921年9月28日)は、日本実業家[1]。茶人。幼名は岩次郎。号は松翁安田財閥の祖。


  1. ^ 朝日日本歴史人物事典「安田善次郎」
  2. ^ a b c d 百年史 1998, p. 10.
  3. ^ a b 百年史 1998, p. 12.
  4. ^ 百年史 1998, p. 12-13.
  5. ^ 百年史 1998, p. 13.
  6. ^ (株)富士銀行『富士銀行百年史. 別巻』(1982.03)渋沢社史データベース
  7. ^ 都立高等学校 地理歴史科用 江戸から東京へ 71頁、東京都教育委員会
  8. ^ 制限選挙期における東京市会議員総選挙の結果について(櫻井良樹)
  9. ^ 暗殺者の朝日は1890年(明治23年)生まれ、伝記が2009年(平成21年)に出されている。/ 中島岳志 『朝日平吾の鬱屈』(筑摩書房〈双書Zero〉)。
  10. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)326頁
  11. ^ 史跡文化財めぐり 1984, p. 14.
  12. ^ 引き継がれた善次郎翁の「社会への貢献」 墨田区横網安田不動産株式会社
  13. ^ 『官報』第1278号「叙任及辞令」1887年9月30日。
  14. ^ 『官報』第1278号「彙報 - 褒章」1887年9月30日。
  15. ^ 『官報』第5589号「叙任及辞令」1902年2月24日。
  16. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  17. ^ a b c d e f 安田氏の家系『安田善次郎伝』矢野竜渓 著 (安田保善社, 1925)
  18. ^ 安田善次郎二代目 国立国会図書館
  19. ^ 安田善五郞 (男性) 日本研究のための歴史情報『人事興信録』データベース
  20. ^ 安田善雄 (男性)人事興信録データベース(名古屋大学)
  21. ^ 安田善四郞 (男性)人事興信録データベース(名古屋大学)
  22. ^ a b 大和滋 岩淵潤子(編)「明治・大正・昭和期の芸能と旦那」『「旦那」と遊びと日本文化』PHP研究所 1996 ISBN 4569551521 pp.101-110.


「安田善次郎」の続きの解説一覧



安田善次郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

安田善次郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



安田善次郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2022 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安田善次郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS