日本銀行とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 日本銀行の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


日本銀行(にほんぎんこう)

金融政策担当する日本中央銀行

日本経済の健全な発展と金システム安定のため、通貨発行金融政策遂行資金決済を行う手段の提供などを業務とする。通貨制度中心として、特別な役割担っている日本中央銀行だ。

通貨発行とは、1万円札などの紙幣発行することを指す。お札のことを正式には「日本銀行券と言うが、日本唯一の発券銀行として、銀行券発行引き受けている。2000年には、ミレニアム沖縄サミット記念して、新たに2000円札発行された。

また、銀行など民間金融機関資金貸し付けることも業務一つだ。このときの貸し出し金利が「公定歩合」だが、現在、0.25%と低い水準となっている。また、公開市場操作オペレーション)と預金準備率操作通じて、出回っている通貨量(マネーサプライ)を増減させる金融量的操作を行う。

さらに、「政府銀行」として、税金などの国庫金保管出納を行ったり、国債発行管理したりする。

このように物価安定経済成長持続外国為替相場安定国際収支均衡などが日本銀行の任務とされ、日本銀行法日銀法)に定められている。

関連キーワード「2000円札
関連キーワード「金融政策決定会合
関連キーワード「公定歩合引き下げ
関連キーワード「金融緩和

(2001.05.06更新


日本銀行(にほんぎんこう)

日本銀行は特別な銀行で、日本中央銀行だ。日銀仕事は、おもに3つに分けられる。

紙幣発行する…日銀だけが日本銀行券発行できる。日本銀行券とは一万円札とか千円札とかのことだ。日銀だけが特別に、これらのお札発行できるようになっているこのため日銀のことを発券銀行という。

銀行お金を貸す…小学生でも、近頃銀行口座をもっていたりする。しかし、日銀中に口座を開くことは、ふつうの人にはできない。どうしてかというと日銀個人お金取引をしないからだ。日銀は普通の銀行よりも、一段上の銀行だ。だから、銀行相手お金貸し借りをする。このため日銀のことを銀行銀行ともいう。

政府資金管轄する…日銀は、普通の銀行とは違う。日銀は、政府お金も扱っている。たとえば買い物をしたときの消費税も、最終的には日銀預けられる。消費税だけじゃなくて、法人税所得税など、税はすべて日銀預けられる。ほかには、国債なども日銀管理する。日銀政府資金を扱うことから、日銀のことを政府銀行ともいう。

(2000.10.14掲載


日本銀行

 1882(明治15)年、日本銀行条例基づいて創設された日本中央銀行。日本銀行には、発券銀行銀行銀行政府銀行という3つの機能がある。紙幣発行できる唯一の銀行として、日本銀行券発行汚れ傷みのひどい紙幣回収紙幣真偽チェックなどを行う。民間銀行預金当座預金)を預かり預金貸付取引債券手形売買などを行う。民間銀行が日本銀行に「預け金口座」を持っていることから、日本銀行は「銀行銀行」と呼ばれる政府預金当座預金)を預かり国庫金出納事務国債に関する事務外国為替に関する事務を行う。そのため政府銀行」と呼ばれる

日本銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/25 06:36 UTC 版)

日本銀行(にっぽんぎんこう[2][3]英語: Bank of Japan)は[注釈 1]日本銀行法(平成9年法律第89号)に基づく財務省所管の認可法人(財務省設置法4条59号)であり、日本国中央銀行である。




注釈

  1. ^ 国会では「にほんぎんこう」の読みが使用されている。
  2. ^ 便宜上の呼称で、正しくは100口。売買単位は100口ではあるが、100口券を1口券100枚に分割可能であること及び、100口未満(1 - 99口)の買取請求ができない。
  3. ^ 台湾銀行については鈴木商店関係手形を担保として受け入れ。
  4. ^ 「国家経済総力ノ適切ナル発揮ヲ図ルタメ国家ノ政策ニ即シ通貨ノ調節、金融ノ調節及ビ信用制度ノ保持育成ニ任ズル」、「専ラ国家目的ノ達成ヲ使命トシテ運営セラシムル」機関とされていた。皇室財産の代表であった日銀株は政府が必要分を買収し巨額の国債で補償した。
  5. ^ 以後、同様措置の対象先は拡大した。
  6. ^ 粗金取得者が地金に精製して一定期間内に政府に売却することが義務づけられた。目的は対外支払準備および市場調査。国産金の一部は自由販売が認められ、その割合は当初の67%から1954年に73%、1955年95%と拡大し、1968年以降は全量自由販売となった。1967年からは貴金属特別会計法に基づき、政府が不足分を輸入し民間に払い下げる仕組みができた。1グラム405円で買い付けて国内統制価格660円で払い下げた。この差額は貴金属特別会計に積み立てられた。1978年3月30日、翌日の同会計廃止を控えて日銀は同会計保有の金地金を買い入れた。
  7. ^ 本来大量売りで市価を下げないための私募取引制度が1951年に買い付けにも拡大されていた[64]。さらにさかのぼり、財産税法で物納された皇室・財閥の有価証券は財閥解体で個人投資家に分散されたが[65][47]、その後の緊縮政策により放出され、投信と旧財閥グループがそれを買っていた[47]。昭和29-30年の間に投信等の場外取引は市場売買高の3-4割にも達し、公正な価格形成を阻害したので昭和31年1月に大蔵省からさらに規制された[64]
  8. ^ 預金残高により①200億円超②200億円以下に区分し、準備率は定期性預金①0.5%②0.25%、その他預金①1.5%②0.75%を適用
  9. ^ 1964年同月同日にも同額引受け。
  10. ^ 同年、日銀は国際決済銀行で開催される中央銀行の会合への定期的な参加が認められるようになった。
  11. ^ 1973年7月10日、倍の20億ドルとなる。1978年11月1日には50億ドルに達した。
  12. ^ 投信協会は投信組み入れ可能証券に両証券取引所の上場銘柄を同日に決定、即日実施した。
  13. ^ オファー当日中に申込締切り、落札決定、6月15日第1回(約1000億円)実施
  14. ^ 1990年5月28日、この日銀ネットによる国債関係事務の対外オンライン処理を開始。さらに同年12月11日、長期国債の募集・引受・発行事務がオンライン化。1992年5月26日に払込みオンライン化。1994年4月11日、国債資金同時受渡(国債DVP)システム稼動。
  15. ^ ここまで増加したのは、ユーロ円債を消化する国内機関投資家に巨額の日本円を供給したからであった。
  16. ^ 容認する立場には諸説がある。(1) 行政控除説に立って日銀を独立行政委員会と同様に考える説、(2) 限定的行政控除説に基づいて、金融政策は行政の中心をなすものではないと解した上で高度の立法裁量が認められるとする説、(3) 政府の指揮監督は必要でないとする説、など。
  17. ^ 日本銀行の振出しに係るものを含む
  18. ^ 但し、建設当時に用いられていた略字体は、「員」の部分を縦棒で置き換えたもので、下の横棒がかなり下のほうにあり、現在の『円』とはあまり似ていない
  19. ^ 前身と現行との間に歴史的に断絶期間がある場合は現行の開設日とする。

出典

  1. ^ a b c d e f 第133回事業年度財務諸表等 (PDF)”. 日本銀行. 2018年8月17日閲覧。
  2. ^ 国税庁 法人番号公表サイト;日本銀行の情報”. 2018年12月20日閲覧。
  3. ^ 日本銀行の呼称はどのように読むのですか? : 日本銀行 Bank of Japan”. 2018年12月20日閲覧。
  4. ^ 日本銀行には職員が何人いますか?”. 日本銀行. 2018年8月17日閲覧。
  5. ^ a b 平成26年度業務概況書 (PDF)
  6. ^ 日本経済新聞 「ポートフォリオ・リバランス」 2016年3月2日
  7. ^ 吉野俊彦 『日本銀行史』 第1巻 春秋社 1975年 125-130頁
  8. ^ 鶴見誠良 「日本信用機構の確立」 第III章 1884年手形取引振興策とその挫折 1994年(学位論文
  9. ^ 黒田久太 『天皇家の財産』 三一書房 1966年 27-29頁
  10. ^ 有沢広巳監修 『日本証券史 1』 日本経済新聞社 1995年 29頁
  11. ^ 『天皇家の財産』 61-63、66-67頁
  12. ^ R. S. Sayers, The Bank of England, 1891-1944, vol.1, Cambridge University Press, 1976, Research Papers by B/E Staff, 21-24, M124.21, Bank of England, ADM33/11, 23A, pp.1-2.
  13. ^ 前掲 『日本証券史 1』 77頁
  14. ^ 日本銀行金融研究所 『日本金融年表』 1993年(ただしウェブ上で増補改訂) 90頁
  15. ^ 前掲 『日本金融年表』 92、94頁
  16. ^ 前掲 『日本証券史 1』 94-95頁
  17. ^ 前掲 『日本金融年表』 102頁
  18. ^ 前掲 『日本金融年表』 108頁
  19. ^ 前掲 『日本証券史 1』 103-107頁
  20. ^ 前掲 『日本金融年表』 110頁
  21. ^ 前掲 『日本金融年表』 118頁
  22. ^ 前掲 『日本金融年表』 120頁
  23. ^ 前掲 『日本証券史 1』 127頁
  24. ^ 前掲 『日本証券史 1』 126頁
  25. ^ 前掲 『日本金融年表』 126頁
  26. ^ 前掲 『日本金融年表』 134、136頁
  27. ^ 前掲 『日本金融年表』 142頁
  28. ^ 前掲 『日本証券史 1』 138-139頁
  29. ^ 日本銀行史料調査室 『日本銀行八十年史』 1962年10月 185-186頁
  30. ^ 永廣顕 1932年の日銀引受国債発行 2013年2月
  31. ^ 前掲 『日本金融年表』 160頁
  32. ^ 前掲 『日本金融年表』 162頁
  33. ^ 前掲 『日本金融年表』 164頁
  34. ^ アジ研グロッサリー インターネット特別展「公文書に見る戦時と戦後」 外国為替管理部 出所: 大蔵省百年史編集室編『大蔵省百年史』下巻、1969年、66頁、154-155頁
  35. ^ 前掲 『日本金融年表』 168頁
  36. ^ 前掲 『日本金融年表』 172頁
  37. ^ 前掲 『日本金融年表』 178頁
  38. ^ 前掲 『日本金融年表』 182頁
  39. ^ 前掲 『日本金融年表』 190頁
  40. ^ 前掲 『日本金融年表』 192頁
  41. ^ アジ研グロッサリー インターネット特別展「公文書に見る戦時と戦後」 金融統制団体 出所: 大蔵省昭和財政史編集室編『昭和財政史Ⅺ 金融(下)』344頁、262-288頁
  42. ^ 前掲 『日本金融年表』 194頁
  43. ^ 前掲 『日本金融年表』 196頁
  44. ^ アジ研グロッサリー インターネット特別展「公文書に見る戦時と戦後」 資金統合銀行 出所: 大蔵省昭和財政史編集室編『昭和財政史Ⅺ 金融(下)』344頁、355-358頁
  45. ^ 前掲 『日本金融年表』 208、210頁
  46. ^ 日本経営史研究所 『東京証券取引所50年史』 東京証券取引所 2002年 81頁
  47. ^ a b c 有沢広巳監修 『証券百年史』 日本経済新聞社 1978年 194-196頁
  48. ^ 高石末吉 『覚書終戦財政始末』第12巻 大蔵財務協会 1971年 105、280頁
  49. ^ 前掲 『日本金融年表』 212頁
  50. ^ 前掲 『日本金融年表』 212、214頁
  51. ^ a b 前掲 『日本金融年表』 214頁
  52. ^ 国立国会図書館調査及立法考査局 『外債の現状と問題点』 生活社 1951年11月
  53. ^ 昭和21年大蔵省告示第605号
  54. ^ 前掲 『日本金融年表』 218頁
  55. ^ 前掲 『日本金融年表』 228頁
  56. ^ a b 前掲 『日本金融年表』 232頁
  57. ^ 有沢広巳監修 『日本証券史 2』 日本経済新聞社 1995年 84頁
  58. ^ 前掲 『日本金融年表』 236頁
  59. ^ 前掲 『日本金融年表』 246頁
  60. ^ 前掲 『日本金融年表』 250頁
  61. ^ 前掲 『日本金融年表』 251頁
  62. ^ a b 前掲 『日本金融年表』 252頁
  63. ^ 前掲 『日本証券史 2』 142-146頁
  64. ^ a b 前掲 『日本証券史 2』 117頁
  65. ^ 前掲 『天皇家の財産』 150-151頁
  66. ^ 前掲 『日本証券史 2』 123-127頁
  67. ^ 前掲 『日本証券史 2』 161-162頁
  68. ^ 前掲 『日本金融年表』 258頁
  69. ^ 前掲 『日本金融年表』 264頁
  70. ^ a b 前掲 『日本証券史 2』 119-120頁
  71. ^ 前掲 『日本証券史 2』 129頁
  72. ^ 前掲 『日本金融年表』 270頁
  73. ^ 前掲 『日本証券史 2』 138頁
  74. ^ 前掲 『日本証券史 2』 141頁
  75. ^ 前掲 『日本金融年表』 276頁
  76. ^ 前掲 『日本金融年表』 278頁
  77. ^ 前掲 『日本金融年表』 280頁
  78. ^ 前掲 『日本証券史 2』 144頁
  79. ^ 前掲 『日本金融年表』 286頁
  80. ^ 前掲 『日本金融年表』 286、288頁
  81. ^ a b 前掲 『日本金融年表』 290頁
  82. ^ 前掲 『日本証券史 2』 205頁
  83. ^ a b c 前掲 『日本金融年表』 300頁
  84. ^ 前掲 『日本証券史 2』 185頁
  85. ^ a b 前掲 『日本金融年表』 302頁
  86. ^ 服部正也 『ルワンダ中央銀行総裁日記』 中央公論社 1972年 97-122頁
  87. ^ 前掲 『日本金融年表』 314頁
  88. ^ 前掲 『日本証券史 2』 252頁
  89. ^ 前掲 『日本金融年表』 328頁
  90. ^ 日本証券史資料 戦後編 別巻二 証券年表(明治・大正・昭和) 日本証券経済研究所 1989年9月30日 644頁
  91. ^ 前掲 『日本金融年表』 338頁
  92. ^ 前掲 『日本金融年表』 350頁
  93. ^ 前掲 『日本金融年表』 362頁
  94. ^ 前掲 『日本金融年表』 364頁
  95. ^ 前掲 『日本金融年表』 376頁
  96. ^ 前掲 『日本金融年表』 386頁
  97. ^ 朝日新聞社 『朝日年鑑』 1986年 139頁
  98. ^ 幸島祥夫 『東京国際金融センター 1998』 金融財政事情硏究会 64頁
  99. ^ 前掲 『日本金融年表』 410頁
  100. ^ 1996年度の30.4%から2006年度に9.7%まで。宮島英昭・保田隆明 「株式所有構造と企業統治 機関投資家の増加は企業パフォーマンスを改善したのか」 財務省財務総合政策研究所「フィナンシャル・レビュー」平成27年第1号(通巻第121号)2015年3月 9頁
  101. ^ 前掲 『日本金融年表』 438頁
  102. ^ a b c d 伊藤元重 『ゼミナール 国際経済入門』 改訂3版 日本経済新聞出版社 2005年 102頁 図2-11 日本の外貨準備高(出所:日銀HP、金融経済統計「主要金融経済指標」)
  103. ^ 前掲 『日本金融年表』 年表追補(1994年) 11頁
  104. ^ 前掲 『日本金融年表』 年表追補(1995年) 1頁
  105. ^ a b 前田秀紀 「日本版債券レポ市場の現状と課題」 郵政研究所月報 1998年12月
  106. ^ 日経新聞電子版 日債銀、一夜で消えた中央信託との「合併合意」 2018/12/12
  107. ^ 前掲 『日本金融年表』 年表追補(1996年) 11頁
  108. ^ 前掲 『日本金融年表』 年表追補(1996年) 17頁
  109. ^ 上田良光 「徳陽シティ銀行の破綻とその後」 消費者金融サービス研究学会年報 (6), 53-65, 2005
  110. ^ レポ・トレーディング・リサーチ 『最新レポ取引のすべて』 日本実業出版社 2001年12月 27頁
  111. ^ 中曽宏 「失われた20年」が示す将来への指針 2014年4月23日
  112. ^ 日本銀行による金融機関保有株式の買入れとは何ですか? 2016年5月26日閲覧
  113. ^ 齊藤壽彦 日本銀行の銀行保有株式買入 千葉商大論叢 40(4) 2003年3月
  114. ^ 日本経済新聞 日銀、自己資本積み増し 13年ぶり8%台に 2015/5/27付
  115. ^ 日銀 証券化市場フォーラム
  116. ^ しんぶん赤旗 日銀・福井総裁の資産開示 年金月額65万円も 2006年6月28日
  117. ^ JCASTニュース 福井総裁の金融資産は3億5,000万円 2006/6/28 13:52
  118. ^ 財務省 外貨準備等の状況(平成20年2月末現在) 平成20年3月7日
  119. ^ 小崎晃義 「ロシア金融危機の影響と課題」 創価大学外国語学科紀要 10, 63-76, 2000-03
  120. ^ 適格外国債券担保取扱要領
  121. ^ a b 日経新聞電子版 干上がる国債市場に異例の一手 日銀、8年ぶり供給 2017/3/24
  122. ^ 資産買入等の基金
  123. ^ 財務省 外貨準備等の状況(平成23年3月末現在) 平成23年4月7日
  124. ^ 財務省 外貨準備等の状況(平成24年1月末現在) 平成24年2月7日
  125. ^ 日銀決済機構局 「新日銀ネットの有効活用に向けた協議会」第2回会合の議事概要について 2013年10月24日
  126. ^ 日銀決済機構局 「新日銀ネットの有効活用に向けた協議会」第3回会合の議事概要について 2013年11月29日
  127. ^ 日銀 日銀ネットの有効活用に向けた協議会 2013-2016年の議事概要一覧
    3月18日は協議の新規メンバーを公募することまで決定されており、今後の動向が注目される。
  128. ^ しんぶん赤旗 年金と日銀 株に19兆円 2017年1月28日
  129. ^ 日銀決済機構局 「決済システムフォーラム」(3月17日、18日)の議事概要 2016年4月
  130. ^ ビットコインニュース 日本最大級34社のブロックチェーン推進協会BCCCが発足、年内100社目指す 2016年4月25日
  131. ^ テッククランチ 仮想通貨とブロックチェーンで政策提言、日本ブロックチェーン協会を旗揚げ 2016年4月28日
  132. ^ Project Stella:日本銀行・欧州中央銀行による分散型台帳技術に関する共同調査報告書 日本銀行決済機構局 2017年9月6日
  133. ^ NIKKEI STYLE 日銀の「株式投資」 今こそ出口の議論を(加藤出) 2017年11月20日
  134. ^ 日本銀行の目的は何ですか?
  135. ^ 日銀企画室 「日本銀行の対政府取引」について 2004年5月12日
  136. ^ 景気は本当に拡大? 日銀文学を見つめる|NHK NEWS WEB
  137. ^ 「基調としては」「弱含んでいる」が意味するものは?:イザ!
  138. ^ 日銀のメッセージを読む プロはサイン逃さず|マネー研究所|NIKKEI STYLE
  139. ^ 【新・兜町INSIDE】ETF買い減額示唆? 悩ましい「日銀文学」 - 経済・マネー - ZAKZAK
  140. ^ 無期限緩和、前倒し 脱デフレ「何でもやる」 - 日本経済新聞 2013年3月5日
  141. ^ 黒田日銀「量的緩和」でマネー供給倍増へ、2%達成へ戦力集中投下 - ロイター 2013年4月4日
  142. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、31頁。
  143. ^ 早すぎる緩和解除行った日本の過去の誤りは繰り返さず=英中銀総裁Reuters 2013年8月8日
  144. ^ 草場洋方 「量的緩和政策の解除シナリオと短期金融市場への影響」 みずほマーケットインサイト 2005年10月11日
  145. ^ a b 白川浩道 「量的緩和政策に関する考察 日本の経験から何を読み取るべきか」 CUC policy studies review 24, 1-21, 2009-10
  146. ^ 白川副総裁を総裁代行に指名 決着は4月にずれ込む公算 (福井俊彦の任期満了までに後任総裁人事の両院同意が得られず内閣が任命発令できず総裁が空席となったため、当時の副総裁である白川が総裁の職務を代行した。)
  147. ^ 日銀総裁に「白川氏」同意 参院は渡辺副総裁案を不同意 (2008年4月7日提出の総裁人事案が両院で同意を得たことに因る。)
  148. ^ 新聞集成明治編年史. 第十卷、林泉社、1936-1940
  149. ^ 日銀課長ら新札すり替え
  150. ^ 労働時間管理に関する調査結果等について
  151. ^ 日本銀行松江支店における内部情報流出について
  152. ^ 日銀の内部資料がネット流出 Winny経由か
  153. ^ 日本銀行、松江支店の情報流出問題について調査報告書を公表 2008年4月15日


「日本銀行」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「日本銀行」に関係したコラム

  • 株式投資に日本銀行の1%ルールを活用する方法

    日本銀行(日銀)の金融市場局では、資産買入れ等の基金の運営として、ETF(指数連動型上場投資信託受益権)やJ-REIT(不動産投資法人投資口)などを買い入れています。日本銀行では、TOPIXが前場に1...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 株365の日経225証拠金取引の見方

    株365の日経225証拠金取引は、日経平均株価(日経225)に連動して値動きする銘柄です。そのため、日経平均株価の値動きや構成銘柄の特徴を知ることで日経225証拠金取引の値動きを予測できます。日経平均...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本銀行」の関連用語

日本銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2019MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS