小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律の意味・解説 

小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/11 16:50 UTC 版)

小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律(しょうがくつうかのせいりおよびしはらいきんのはすうけいさんにかんするほうりつ)は、1953年7月に制定された小額通貨(額面1円未満の通貨と一円黄銅貨)の廃止などに関する日本の法律である。通称小額通貨整理法




  1. ^ 明治時代に新貨条例に基づいて発行された本位貨幣の一円金貨は依然有効であったが、貨幣法により額面が2円に換算されており、また1931年の兌換停止後は通貨として実際に流通することは無かった。
  2. ^ 寛永通宝については、銅一文銭が1厘、真鍮四文銭が2厘と定められ、文久永宝は1厘5毛とされていた。なお寛永通宝の鉄銭(一文銭は1/16厘、四文銭は1/8厘)や天保通宝(8厘)は以前に通用停止となっていた。


「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」の関連用語

小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS