貨幣とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 貨幣 > 貨幣 > 貨幣の意味・解説 

か‐へい〔クワ‐〕【貨幣】

読み方:かへい

商品価値尺度交換手段として社会流通し、またそれ自体が富として価値蓄蔵図られるもの。鋳貨紙幣のほかに、当座預金などの信用貨幣含めていう場合が多い。


貨幣

作者太宰治

収載図書太宰治全集 8
出版社筑摩書房
刊行年月1989.4
シリーズ名ちくま文庫

収載図書太宰治全集 8
出版社筑摩書房
刊行年月1990.8

収載図書太宰治全集 9 小説 8
出版社筑摩書房
刊行年月1998.12

収載図書太宰治/檀一雄
出版社新学社
刊行年月2005.4
シリーズ名新学社近代浪漫派文庫

収載図書大活字版 ザ・太宰治全小説全二冊 下巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10


貨幣

作者町田純

収載図書閣下! Your Excellency!
出版社未知谷
刊行年月2002.2


貨幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 10:08 UTC 版)

貨幣(かへい、: money)とは、サービスとの交換価値情報、及びそのメディア(媒体)の総体であって、財・サービスとの交換や保蔵ができるものであるとの社会の共通認識のもとで使用されるものである。また、それは以下の要件を満たす。


  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.546
  2. ^ a b デジタル大辞泉
  3. ^ 岩田『国際金融入門』 p8
  4. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済新報社、pp.54-55
  5. ^ 内藤敦之『内生的貨幣供給論の再構築』日本経済評論社、pp.25-26
  6. ^ a b ポランニー『人間の経済1』 第9章
  7. ^ 黒田『貨幣システムの世界史』 p11
  8. ^ 『3時間でわかる経済学入門』 p24
  9. ^ 『3時間でわかる経済学入門 』 p25
  10. ^ ヒューム「貨幣について」
  11. ^ スミス『諸国民の富』
  12. ^ リカード『経済学および課税の原理』
  13. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う』 p33
  14. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済新報社、p.58
  15. ^ 金谷 『貨幣経済学』
  16. ^ 公共貨幣. 東洋経済出版社. (2015) 
  17. ^ Michael Mcleay, Amar Radia and Ryland Thomas 「Money in the Modern Economy: An Introduction」『Quarterly Bulletin』Bank of England, 2014a, Q1,pp.4-13
  18. ^ 中野剛志『富国と強兵』東洋経済新報社、pp.54-57
  19. ^ 藤井聡『MMTによる令和新経済論』晶文社2019年、pp.151-180
  20. ^ 藤井聡『MMTによる令和新経済論』晶文社2019年、pp.139-144
  21. ^ en:L. Randall Wray『MMT 現代貨幣理論入門』 島倉原完訳、鈴木正徳訳、東洋経済新報社、2019年、pp.110-114
  22. ^ en:L. Randall Wray『MMT 現代貨幣理論入門』 島倉原完訳、鈴木正徳訳、東洋経済新報社、2019年、pp.119-124
  23. ^ en:L. Randall Wray『MMT 現代貨幣理論入門』 島倉原完訳、鈴木正徳訳、東洋経済新報社、2019年、pp.173-179
  24. ^ L・ランダル・レイ『現代貨幣理論入門』東洋経済新報社2019年、p.117
  25. ^ 補助貨ヲ無制限ニ公納受領ノ件 - 財務省



貨幣(かへい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 17:24 UTC 版)

彩雲国物語の用語」の記事における「貨幣(かへい)」の解説

単位は「両」。金、銀、がある。金貨銅貨には孔がある。紫紋の極印押印され真贋見分ける目印になっている。銀80両は庶民生活費数年分に相当する贋金出た為、碧歌らに依頼して意匠刷新した

※この「貨幣(かへい)」の解説は、「彩雲国物語の用語」の解説の一部です。
「貨幣(かへい)」を含む「彩雲国物語の用語」の記事については、「彩雲国物語の用語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「貨幣」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

貨幣

出典:『Wiktionary』 (2021/07/23 05:50 UTC 版)

名詞

(かへい)

  1. 物やサービス流通価値化体した物質通貨物質化したものお金紙幣硬貨など。
  2. 経済交換手段価値表示手段価値貯蔵手段としての機能あわせ持つ価値基準財(ニュメレール)。日本においては過去にが貨幣として利用されたという歴史がある(参考:日本銀行金融研究所貨幣博物館貨幣の散歩道』)。

類義語

翻訳


「貨幣」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



貨幣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貨幣」の関連用語

貨幣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貨幣のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貨幣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの彩雲国物語の用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの貨幣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS