貨幣損傷等取締法とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 日本の法律 > 貨幣損傷等取締法の意味・解説 

貨幣損傷等取締法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/13 15:36 UTC 版)

貨幣損傷等取締法(かへいそんしょうとうとりしまりほう、昭和22年12月4日法律第148号)は、貨幣を損傷または鋳潰すことを禁じた日本法律である。




  1. ^ お札に関するよくある質問(回答) - 独立行政法人国立印刷局。「お札を折り紙として使ったり、落書きをしたりすると、何か問題になるのでしょうか?」より。
  2. ^ たとえば[1][2][3][4][5] アメリカにも同様の物があるようで、映画「スピード」に登場した
  3. ^ 最高裁判所判例 平成19(あ)2066 (PDF)
  4. ^ http://sougi.bestnet.ne.jp/hanakin-nakazono/


「貨幣損傷等取締法」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貨幣損傷等取締法」の関連用語

貨幣損傷等取締法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



貨幣損傷等取締法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貨幣損傷等取締法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS