金解禁とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 金解禁の意味・解説 

金解禁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/06 19:06 UTC 版)

金解禁(きんかいきん)、あるいは、金輸出解禁(きんゆしゅつかいきん)とは、[注 1]の輸出許可制を廃止して金本位制に復帰すること。あるいは、流通貨幣(略称:通貨)の発行国が、本位貨幣(正貨)に戻ること。




注釈

  1. ^ 金貨及び金地金
  2. ^ どるがいじけん、ドル買問題(どるがいもんだい)
  3. ^ ここでいうクレジットは一般の借款とは違い、ある国が金本位制下で正貨の尽きそうな事態に陥ったとき他の国が資金を供給するという互助の一環として設定された。信用収縮や金本位制破綻の回避を目的としていた。
  4. ^ 石橋湛山、高橋亀吉、小汀利得、山崎靖純は「新平価四人組」とされている(岩田規久男編 『昭和恐慌の研究』 東洋経済新報社、 2004年、118頁。)。
  5. ^ 通貨を安いときに買い、値上がりしてから売ったときの利益。高いときに空売りして値下がりしてから買う場合もある。
  6. ^ 日本銀行が正貨(金)への兌換を認めていたのは、円紙幣だけであるので、大手銀行や投機筋が、市場で円売り・ドル買いをしても、日本銀行がドル紙幣を正貨(金)へ兌換するわけでない。したがって、この行為自体は、直接的には、正貨流出(金流出)にはつながらない。しかし、政府の命令で、横浜正金銀行が、無制限にドルを売って為替相場の維持を図る「為替統制売り」をしていた。そのため、円売り・ドル買いのとき、主に、横浜正金銀行が、円を買い、ドルを売った。そして、横浜正金銀行は、ドル調達のために、円紙幣を正貨(金)に兌換して、それを国外に移送して、ドルを買ったため、正貨流出(金流出)につながった。
  7. ^ 9月11日から11月3日までの間において、日銀資料から横浜正金銀行のドル売却先ベスト10を以下に掲げる。単位万円。
    ニューヨーク・ナショナルシティー銀行 7401
    三井銀行 4270
    三井物産 2845
    住友銀行 2470
    三菱銀行 1740
    朝鮮銀行 1228
    香港上海銀行 960
    東洋綿花 888
    野村証券 734
    三井信託 700
    NHK取材班 1995年 pp.201-202. 出典の付されない本文の記述とは順位が食い違っている。また、本文の方は重要な香港上海銀行と野村証券を書いていない。
  8. ^ ナショナルシティ銀行はアメリカ系で元々ドル買いが多かった銀行であるのに対して、三井銀行は系列の三井物産分を含めると全体の13%も占めていた。
  9. ^ 為替相場の暴落とともに金正貨への兌換要求が日本銀行に殺到したため。
  10. ^ なお、1932年(昭和7年)3月には、金の価格は2分=1円から2分=1円25銭に改訂されて事実上の平価切下げとなり、旧平価は完全にその役割を終えることになる。
  11. ^ その内訳はナショナル・シティが2億7,300万円、住友銀行6,500万円、三井銀行5,900万円(他に三井物産分で4,200万円)、三菱銀行5,400万円、香港上海銀行が4,100万円などである。

出典

  1. ^ 昭和4年大蔵省令第27号
  2. ^ 昭和6年大蔵省令第36号
  3. ^ NHK取材班 『金融小国ニッポンの悲劇』 角川書店 1995年 pp.160-170.
  4. ^ NHK取材班 1995年 p.203.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「金解禁」の関連用語

金解禁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金解禁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金解禁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS