大日本産業報国会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 大日本産業報国会の意味・解説 

だい にっぽんさんぎょうほうこく かい -さんげふ-くわい 【大日本産業報国会】


大日本産業報国会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/23 13:53 UTC 版)

大日本産業報国会(だいにっぽんさんぎょうほうこくかい)は、1940年11月23日に結成された産業報国会の全国連合組織。略称は産報(さんぽう)。全国労働組合同盟と日本労働総同盟の解散によって、労働組合を傘下に収め、内務省厚生省の指導の下、労働者を戦時体制に統合した。1942年5月大政翼賛会の監督下に入り、第二次世界大戦後の1945年9月に解散した。




  1. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 166ページ


「大日本産業報国会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大日本産業報国会」の関連用語

大日本産業報国会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大日本産業報国会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大日本産業報国会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS