戦前とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > > 戦前の意味・解説 

せん‐ぜん【戦前】

読み方:せんぜん

戦争起こる前。特に、第二次大戦の前。

試合勝負始まる前。「―の予想裏切って快勝した


戦前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/09 14:53 UTC 版)

戦前(せんぜん、: antebellum: prewar: Vorkriegszeit)とは、ある戦争が始まる前の時代。対義語は戦後


  1. ^ ロングマン現代英英辞典より 関連するトピック: Military pre-war: happening or existing before a war, especially the Second World War OPP post-war
  2. ^ 「大東亞戰爭ノ呼稱ヲ定メタルニ伴フ各法律中改正法律案」説明基準(1942年1月内閣作成)前の時期


「戦前」の続きの解説一覧

戦前(〜昭和16年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/17 09:14 UTC 版)

昭和ノスタルジー」の記事における「戦前(〜昭和16年)」の解説

爆弾三勇士江下武二北川丞作江伊之助)、ハリマオ谷豊)、マレーの虎山下奉文)、「作戦神様」又は「大本営妖怪」(辻政信)、マッカーサー参謀堀栄三)、砂漠の狐エルヴィン・ロンメル)、加藤隼戦闘隊加藤建夫)、東洋リヒトホーフェン篠原弘道)、「白色電光戦闘穴吹」又は「運の穴吹」又は「ビルマ桃太郎」(穴吹智)、魔のクロエ黒江保彦)、「赤鼻エース」又は「赤ダルマ隊長」又は「マスタング・キラー」(若松幸禧)、ラバウルの魔王西沢広義)、「鉄脚エース」又は「隻脚エース」又は「義足エース」(檜與平)、アフリカの星ハンス・ヨアヒム・マルセイユ)、山中峯太郎上原謙前畑秀子バロン西西竹一)、澤村榮治須田博ヴィクトル・スタルヒン)、ピストン堀口エノケン榎本健一)、デン助大宮敏充)、劇団笑の王国」(古川ロッパ古川緑波)、生駒雷遊徳川夢声など十数名が参加)、高峰秀子当時、有名子役として「日本のシャーリー・テンプル」と呼ばれた)、時代劇六大スタア大河内傳次郎阪東妻三郎嵐寛寿郎片岡千恵蔵市川右太衛門長谷川一夫(旧芸名林長二郎))七剣聖(時代劇六大スターに月形龍之介加えたもの)、李香蘭山口淑子)、渡辺はま子永田絃次郎金永吉)、あきれたぼういずあひる艦隊吉川英治白瀬矗白瀬南極探検隊)、ライオン宰相濱口雄幸)、近衛文麿血筋由緒ある五摂家近衞家30代目当主であり後陽成天皇12世孫、更に左右思想国内外を問わず広い人脈を持つなど、当初は大きな期待寄せられ人気があった)、横田千之助立憲政友会ニューリーダーとして国民から人気があったが、急逝)、後藤新平官僚ありながら国民的人気知名度高く国政での政界転身期待され続けた実現せず)、白洲次郎、「憲政神様」および「議会政治の父」(尾崎行雄)、ノンキナトウサン町田忠治)、ベーブ・ルースヘレン・ケラーフリッツ・ラングレニ・リーフェンシュタールシャーリー・テンプルツァラー・レアンダー、マリーカ・レック、帝国水死体(クリスティーナ・ゼーダーバウム)、ブリギッテ・ホルナイ、「口笛を吹く女」および「ドイツ軍兵士アイドル」(イルゼ・ヴェルナー)、山岳映画の女王(ハイデマリー・ハータイヤー)、チャールズ・チャップリンバスター・キートンハロルド・ロイドルドルフ・ヴァレンティノタイロン・パワージョニー・ワイズミュラーヨーロッパジョン・ウェインルイス・トレンカー)、「むこう見ずな男」もしくはブロンドのハンス」(ハンス・アルバース)、田河水泡松本かつぢ中原淳一加藤まさをウォルト・ディズニードミートリイ・ショスタコーヴィチ菊池寛芥川賞と直木賞創設した流行有名作家の他、雑誌文藝春秋創業社長大映初代社長という実業家の面を持つ。麻雀愛好家馬主であり愛人多数当時まだ航空運賃相場超高額で利用者珍しかった旅客機国内便大日本航空)を頻繁に利用するなど生活も華美派手だった)、小泉礼一(槇本楠郎)、エーリヒ・ケストナー白光崔承喜馬海松古賀春江汪兆銘愛新覚羅溥儀川島芳子愛新覚羅顕シ)、スバス・チャンドラ・ボース

※この「戦前(〜昭和16年)」の解説は、「昭和ノスタルジー」の解説の一部です。
「戦前(〜昭和16年)」を含む「昭和ノスタルジー」の記事については、「昭和ノスタルジー」の概要を参照ください。


戦前(1909年 - 1943年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 07:09 UTC 版)

富山市立図書館」の記事における「戦前(1909年 - 1943年)」の解説

富山市立図書館蔵書点数年度 点 1909   3,075 1915   16,091 1920   21,713 1923   25,008 富山市立図書館閲覧人数年度 人 1909   1,335 1915   33,882 1920   37,187 192590,878 1930   54,587 1935   68,134 富山県では東礪波郡井波町北越井波書籍館1884年-1886年)、中新川郡砂子坂村真理館(1885年-1899年)、富山市富山循環書院1888年6月-????年)、氷見郡氷見町枇杷太郎文庫1892年-1900年)、下新川郡入善町米沢図書館1910年-1937年)など、明治時代民間運営する図書館いくつも設立されては消えていった。1902年明治35年11月18日には富山県初の公立図書館として、下新川郡三日市町下新川郡図書館設立された。 1909年明治42年10月1日皇太子後の大正天皇)の富山行啓記念して富山市立図書館設置された。下新川郡図書館についで富山県2番目の公立図書館であり、富山県初の市立図書館である。なお、翌年1910年明治43年7月5日には高岡市立図書館設置されている。設立当初富山市役所一部用いていたが、1910年明治43年10月1日には富山税務署跡地移転している。1912年大正元年12月7日には富山公園内辰野金吾設計した新館移転した1931年昭和6年11月29日には富山県図書館協会設立され図書館令改正によって1934年昭和9年5月1日には「富山県中央図書館」に指定された1936年昭和11年9月には山崎定義富山市長によって、富山市立図書館計画中県立図書館移管する旨が土岐銀次郎富山県知事上申された。1940年昭和15年4月1日紀元二千六百年記念行事として総曲輪大正会館富山県立図書館設置されると、同年6月には「富山県中央図書館」が富山県立図書館変更された。 1943年昭和18年2月には富山市議会富山市立図書館富山県立図書館への移管可決され4月1日には富山市立図書館富山県立図書館併合された。これにともなって富山県立図書館は旧富山市立図書館建物移転している。なお、戦中には堀川町山室町富山市に合併されており、1942年5月には堀川町図書館富山市立堀川図書館に、山室町図書館富山市立山図書館となっている。

※この「戦前(1909年 - 1943年)」の解説は、「富山市立図書館」の解説の一部です。
「戦前(1909年 - 1943年)」を含む「富山市立図書館」の記事については、「富山市立図書館」の概要を参照ください。


戦前(1939年まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 23:39 UTC 版)

ソビエト連邦における強制移送」の記事における「戦前(1939年まで)」の解説

1932-33年、ポーランド人ドイツ人のおよそ15家族合わせて50万人が逮捕されて特別移住地強制移住させられ、すでに住んでいたクラークと『非社会的分子に合流させられ、多くの強制移住者は流刑地で死んだ1935年から1938年にかけては10民族追放された。 独ソ戦中にはソ連領内での民族浄化激化した

※この「戦前(1939年まで)」の解説は、「ソビエト連邦における強制移送」の解説の一部です。
「戦前(1939年まで)」を含む「ソビエト連邦における強制移送」の記事については、「ソビエト連邦における強制移送」の概要を参照ください。


戦前(1909-1943)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 09:10 UTC 版)

山形県立図書館」の記事における「戦前(1909-1943)」の解説

1908年明治41年皇太子嘉仁親王後の大正天皇)の東北御巡啓の記念事業として県立図書館創立県会決議する。翌年1909年明治42年5月13日、「行啓記念山形県立図書館」の設立認可される1910年明治43年5月25日山形県山形市旅籠町に「行啓記念山形県立図書館」が開館翌年1911年明治44年5月8日山形市北部大火 により図書館類焼し蔵書焼失したその後1913年大正2年12月31日新館舎を再建し1914年大正3年3月5日から新館舎での一般閲覧開始した

※この「戦前(1909-1943)」の解説は、「山形県立図書館」の解説の一部です。
「戦前(1909-1943)」を含む「山形県立図書館」の記事については、「山形県立図書館」の概要を参照ください。


戦前(東海道本線・関西本線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 01:49 UTC 版)

近鉄特急史」の記事における「戦前(東海道本線関西本線)」の解説

東海道本線1889年明治22年7月官営鉄道官鉄)によって、関西本線1899年明治32年5月私鉄の「関西鉄道」によってそれぞれ全線開通したが、両線名古屋 - 大阪間で並行しており激しい競争始まることとなった詳しくは関西鉄道の項目を参照)。この競争日露戦争開始されたことでようやく終結し1907年明治40年10月関西鉄道は「鉄道国有法」によって国有化された。 その後大阪 - 名古屋間の輸送東海道本線経由メインルートとして整備されいくようになり、関西本線伊勢方面などの地域輸送を行う路線として扱われ、ほとんど投資なされず建設され時の設備維持された。2006年現在でも、それ(特に亀山駅 - 加茂駅間)はほとんど変わっていない近年名古屋駅 - 亀山駅加茂駅 - JR難波駅間については、電化全区間)・複線化一部区間)された)。 1930年昭和5年10月そういった理由で東海道本線に比べ冷遇されていた関西本線にも、準急列車快速列車)が1往復登場し名古屋駅 - 湊町駅(現、JR難波駅)間を4時45分走破した。なお当時東海道本線急行列車は、名古屋駅 - 大阪駅名阪)間を3時間20分 - 4時10分程度普通列車同区間を4時間 - 5時30分程度運行していたので、関西本線準急それほど速いものではなかった。 しかしながら1935年昭和10年12月当時国有鉄道運営していた鉄道省省線)は準急列車を2往復増発した上、全線所要時間3時間余に短縮した。なお当時東海道本線名阪間は最速列車であった特急「燕」が2時間3839分、特急富士」・「櫻」2時間55分 - 3時間2分、急行列車では3時間20分 - 4時間を要していた東海道本線全線複線であったに対し関西本線経由の方東海道本線経由より15km程距離が短いとはいえ前述のような理由で多くの区間単線であったので、この速達列車所要時間当時は限界一杯の速さであった1938年昭和13年)、関西急行電鉄関急電)が桑名駅 - 関急名古屋駅(現、近鉄名古屋駅)間を開通させ、親会社参宮急行電鉄参急)・大阪電気軌道大軌)とあわせて名古屋 - 大阪(上本町駅間に3番目のルート登場したしかしながら江戸橋駅参急中川駅(現、伊勢中川駅)での2回の乗り換え必要であり、また当初は名阪間に3時15分 - 30分要したそのため名阪間では、まだこの省線の「準急の方便利であった。 1940年昭和15年)には、関急電合併した参急大軌使用して名阪間の所要時間最速3時1分となり、ようやく省線のそれと肩を並べ乗りかえ回数参急中川駅での一回のみとなった同年10月省線ダイヤ改正当時は省線準急列車湊町 - 名古屋間所3時間9分・日3往復運行していたのに対し参急大軌による名阪連絡列車名古屋 - 中川 - 上本町間を乗り継ぎ時間合わせて所要3時19分・30分間隔運行し省線は「乗り継ぎ無し」で、大軌参急は「列車本数」で勝負した。そしてこのころが、戦前の名阪輸送競争最盛期であった1942年昭和17年11月省線ダイヤ改正時には太平洋戦争戦局厳しくなってきていたためか、省線準急名阪間を約3時間30分大軌参急両者合併してできた関西急行鉄道関急の方は約3時40分とどちらもスピードダウンしている。そして翌1943年昭和18年2月改正省線の「準急列車」は消滅東海道本線のほうも列車削減が行われていった戦況悪化して遊楽旅行禁止」・「決戦輸送協力」の時代となり、もはや競争どころではなくなっていたのである。そして1944年昭和19年)に本格的な本土空襲はじまり、省線関急改めた近鉄ともに列車削減が続く。そして1945年昭和20年8月敗戦迎えた

※この「戦前(東海道本線・関西本線)」の解説は、「近鉄特急史」の解説の一部です。
「戦前(東海道本線・関西本線)」を含む「近鉄特急史」の記事については、「近鉄特急史」の概要を参照ください。


戦前(尋常高等・国民学校)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 23:08 UTC 版)

河内長野市立長野小学校」の記事における「戦前(尋常高等国民学校)」の解説

1910年明治43年4月1日 - 尋常小学校高等小学校合併し南河内郡長野村西代尋常高等小学校改称する1910年明治43年9月1日 - 南河内郡長野町西代尋常高等小学校改称する1918年大正7年2月22日 - 大阪府知事来校し、校庭植樹が行われる。 1919年大正8年2月11日 - 南河内郡長野町尋常高等小学校改称する1927年昭和2年6月4日 - 講堂竣工式が行われる。 1934年昭和9年9月21日 - 室戸台風により、南校舎北校舎講堂甚大な被害を受ける。 1936年昭和11年10月3日 - 普通教室南西校舎)と特別教室(3教室)を竣工する1939年昭和14年1月25日 - 至誠館竣工式が行われる。 1940年昭和15年12月20日 - 町村合併により、南河内郡長野尋常高等小学校改称する1941年昭和16年4月1日 - 国民学校令施行より大阪府長野国民学校改称する

※この「戦前(尋常高等・国民学校)」の解説は、「河内長野市立長野小学校」の解説の一部です。
「戦前(尋常高等・国民学校)」を含む「河内長野市立長野小学校」の記事については、「河内長野市立長野小学校」の概要を参照ください。


戦前(精神派・理論派)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 16:30 UTC 版)

日本の右翼団体」の記事における「戦前(精神派・理論派)」の解説

戦前は組織行動という分類ではなく、「純正日本主義」と「国家社会主義」とに分類され前者は「精神派」、後者は「理論派」とされている大学内に右翼研究団体多くあり、昭和初期の主たるものとしては、東大朱光会七生社京大の猶与会、東京一高の瑞穂会(いずれも会員50-60名)のほか、満州事変契機として生まれた私大生を中心とする愛国学生連盟(加盟者一万)、官私大・各種学校生徒青年加えた愛国青年連盟加盟者数千)などがあった。

※この「戦前(精神派・理論派)」の解説は、「日本の右翼団体」の解説の一部です。
「戦前(精神派・理論派)」を含む「日本の右翼団体」の記事については、「日本の右翼団体」の概要を参照ください。


戦前( - 1945年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 13:46 UTC 版)

日本のディーゼル機関車史」の記事における「戦前( - 1945年)」の解説

日本におけるディーゼル機関車は、1923年大正12年)に堀之内軌道馬車鉄道から動力変更するためにオットー・ドイッツ社製(ドイツ)を使用したのを嚆矢とする。ただし、鉱山鉄道では、夕張炭礦北海道)がオットー・ドイッツ社 製(ドイツ)の機関車1914年大正3年)頃に使用したとされる国産化は、1927年昭和2年)、新潟鐵工所2気筒35PSのディーゼルエンジン搭載した8t機関車雨宮製作所製造したのが最初とされている火気厳禁である大日本人造肥料現在の日産化学工業王子工場専用線使用された。 鉄道省国有鉄道最初のディーゼル機関車は、それぞれ1930年昭和5年)と1929年昭和4年)に輸入されDC10形(機械式)・DC11形(電気式)である。当時最新のディーゼル機関車製造技術研究のため、同一条件仕様変えて製造された各1両がドイツから輸入された。のちの1935年昭和10年)、初の日本製電気式ディーゼル機関車としてこれらの研究成果を基にDD10形が1両製造された。しかし、いずれも技術的に稚拙で故障多く蒸気機関車に比べ性能が劣るため量産には至らなかったまた、貨車入れ替え合理化目的としてDB10形が1932年昭和7年)に8両製造されているが、これも出力50PS程度現在の貨車移動機相当するものであり、習作の域を出るものではなかった。 これに対し内務省などの工事用ではMANなどの欧米メーカー製品採用皮切りに燃料費低廉ディーゼル機関車採用乗り出す例が幾つか現れており、それらをデッドコピーした成田鉄道D1001形ディーゼル機関車のように独自に国産ディーゼル機関車開発模索する例が幾つか見られた。 なお、ガソリン機関車についてはそれ以前からドイツ米国などから多数輸入されているほか、明治時代末期には一部軽便鉄道焼き玉エンジン石油発動機動力源とする機関車使用され記録もある。上記以降も、昭和時代初期には駅や工場での入換用或いは河川改修工事用、森林鉄道用などとして、出力30 - 150PS程度小型機関車数多く製造輸入されている。 1937年昭和12年)から液体燃料統制により、軍用などの特殊な例を除き内燃機関車使用することが不可能となり、各地の駅や倉庫内などに放置されることとなった

※この「戦前( - 1945年)」の解説は、「日本のディーゼル機関車史」の解説の一部です。
「戦前( - 1945年)」を含む「日本のディーゼル機関車史」の記事については、「日本のディーゼル機関車史」の概要を参照ください。


戦前(1929年~1936年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 13:32 UTC 版)

日系アメリカ人市民同盟」の記事における「戦前(1929年1936年)」の解説

クラレンス・アライ(荒井威弥)を代表とする「シアトル革新市民連盟」のほか、何れもサンフランシスコ拠点とする「新アメリカ市民協会」、トーマス・ヤタベ(谷田部保)を代表とする「アメリカ忠誠協会」など、既存二世組織統合する形で1929年発足初代会長には、アライ就任する事となった。 発足当初は、二世各分野における専門家中小企業経営者育成すべく、自由な起業自助努力アメリカ合衆国へ忠誠促す事に主眼置いたその後は、ジェームズ・サカモト(坂本好徳)(英語版をはじめとするシアトル活動家による積極的な支援もあり、1930年8月29日にはシアトルで初となる全国会議開催される事となった。それに伴い1924年施行され排日移民法において、「帰化不能外国人」と見なされた日系人アジア系移民市民権拡大する為のロビー活動開始した。 まずは、1922年9月に連議会通過した帰化不能外国人ある男性と結婚した女性は、市民権剥奪される事を定めたケーブル法(英語版)」を、撤廃させる事を目標とした。結果として1931年に連議会は、帰化不能外国人結婚しても、市民権保持し続ける事が可能となる様に法改正し、1936年には撤廃され事となった。 次いで別所南洋に代表される第一次世界大戦従軍した838名の日一世含めたアジア系移民退役軍人に対して市民権付与させる為のキャンペーン開始した。この取り組みも、別所と同じ一世退役軍人であるトクタロウ・スローカム(西村徳太郎)によるロビー活動功を奏し1935年6月24日フランクリン・ルーズベルト大統領は、アジア系退役軍人市民権与える「ナイ・リー法」に署名する事となった。

※この「戦前(1929年~1936年)」の解説は、「日系アメリカ人市民同盟」の解説の一部です。
「戦前(1929年~1936年)」を含む「日系アメリカ人市民同盟」の記事については、「日系アメリカ人市民同盟」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「戦前」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

戦前

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:42 UTC 版)

発音(?)

せ↗んぜん

名詞

せんぜん

  1. 戦争の前。特に太平洋戦争の前。

対義語


「戦前」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



戦前と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戦前」の関連用語

戦前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戦前のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの昭和ノスタルジー (改訂履歴)、富山市立図書館 (改訂履歴)、ソビエト連邦における強制移送 (改訂履歴)、山形県立図書館 (改訂履歴)、近鉄特急史 (改訂履歴)、河内長野市立長野小学校 (改訂履歴)、日本の右翼団体 (改訂履歴)、日本のディーゼル機関車史 (改訂履歴)、日系アメリカ人市民同盟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの戦前 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS