飛鳥時代とは?

あすかじだい [4] 【〈飛鳥〉時代】

奈良盆地南部飛鳥地方を都とした時代推古朝592628)を中心として、その前後時期をいう。その範囲については諸説があるが、文化史の上では、仏教渡来から大化改新645年)までの間をいう。政治史の上では、聖徳太子摂政就任593年から大化改新まで、または平城遷都710年)までの間をいう。

飛鳥時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/20 06:07 UTC 版)

飛鳥時代(あすかじだい)は、日本の歴史の時代区分の一つ。広義には、飛鳥に宮都が置かれていた崇峻天皇5年(592年)から和銅3年(710年)にかけての118年間を指す。狭義には、聖徳太子摂政になった推古天皇元年(593年)から藤原京への遷都が完了した持統天皇8年(694年)にかけての102年間を指す。飛鳥時代は古墳時代大和時代の終末期と重なるが、今日では分けて捉えるのが一般的である。




  1. ^ 1999年平成11年)11月に、大阪市中央区の前期難波宮跡から「秦人国評」の木簡が出土していることから、この頃評制が施行され始めたことは間違いない。


「飛鳥時代」の続きの解説一覧





飛鳥時代と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「飛鳥時代」の関連用語

飛鳥時代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飛鳥時代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛鳥時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS