飛とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > の意味・解説 

平仮名「ひ」は「比」の草体片仮名「ヒ」は「比」の旁(つくり)。 (1) 頭子音は、古く両唇摩擦音無声子音であり、さらに奈良時代以前には両唇破裂音あったかといわれる中世末期まで両唇摩擦音であったが、近世以降現代語と同じ音になった。 (2) は、平安時代半ば以降語中語尾では、一般にと同じ音になった。これらは、歴史的仮名遣いではと書くが、現代仮名遣いではすべてと書く。 (3) 奈良時代までは、上代特殊仮名遣い甲乙二類の別があり、発音区別あったとされる

[1]

いち。ひとつ。物を数えるときに用いる。 -、ふ、み

[0]

太陽おひさま -が出る -が昇る -が落ち
太陽の出ている間。朝から夕方まで。ひるま。 -が長くなる -が暮れ
太陽の光や熱。日光冬になって-が弱くなる -がさす とも書く
[1] 地球太陽に対して一回自転する間。一日一昼夜 -に五時間しか眠らない -に三度食事
日かず。日数につすう)。 -が経つ
定め日時日限にちげん)。 出発の-がせまる 約束の-までに必ず返す
毎日毎日日日ひび)。 悲しみの-を送る
天気具合。日より。 うららかな、よい-にめぐまれ
(「…した日には」の形で)…した場合には。…した折は。多くよくない事柄についていう。 手順間違えた-には大変なことになる
(「…ときた日には」の形で)…の場合には。 ちのおやじときた-には日曜日にはゴルフばかりしている
時代。ころ。 ありし-をしのぶ 若かりし-のおもかげを残す
吉日凶日などという、日がら。 -が悪い
家紋の一。日輪をかたどったもの。
日の神天照大神あまてらすおおみかみの子孫である意から、皇室に関することに付けていう語。 -のみこ …の日などの場合アクセント[1]

[1]

物質燃えるときに出す炎や熱。また、燃えたり熱せられて赤熱したもの紙に-をつける -に当たる 食物に-を通す 鍋を-にかける
炭火火鉢に-をつぐ -をおこす
火打ちの火。きりび。 -を打つ
火事 -の用心 -を出す
火のよう光るもの 鬼-
激し感情燃えさかる情熱胸の-が燃え
月経。 → 灯(

氷・冰

こおり。 我が衣手に置くも-にさえ渡り万葉集 3281
ひよう)。 つぶてのやうなる-降り宇津吹上・下

目翳

ひとみに翳(くもり)ができて、物が見えなくなる病気。そこひ。 和名抄

[1]

ひ(火)同源
ものを照らす光。ともしび。あかり。 町の-が見え -をともす
[句項目] 灯涼し

[1]・梭

織機部品の一。緯(よこ)糸を通す用具。かい。シャトル

[1]・干

動詞ふ(干)、またはひる(干)連用形から
かわいていること。名詞の上に付いて複合語として用いられることが多い。 -のよい海苔のり -物 -ざかな

[1]

導き送る、木や竹の長い管。とい。
物の表面につけた細長いみぞ。 定規
日本刀側面につけた細長いみぞ。血流し
せきとめ水の出口設けた戸。開閉して出したりとめたりする。水門

読み方:トビtobi

尾張藩木曽山林において、黄色朽腐した部分のある木材


読み方:ヒ(hi

ヒノキ古名


読み方:とばし

  1. 高塀などを乗り越すこと。或は密偵を云ふ。

読み方:とばす

  1. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・山口県
  2. 逃走させる。〔山口

分類 山口山口県


読み方:とび

  1. 拳銃一般銃器飛道具略語。〔第六類 器具食物
  2. 鉄砲ピストル飛道具の略。

読み方:とぶ

  1. 逃走スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・三重県
  2. 逃走行衛不明。〔第四類 言語動作
  3. 逃走行衛不明を云ふ。
  4. 逃走する。富良野
  5. 〔犯〕逃亡すること。
  6. 逃走行方不明

分類 三重県犯罪者

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:トビtobi

所在 秋田県にかほ市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
とび
とびさき

飛翔

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 09:00 UTC 版)

飛行(ひこう)あるいは飛翔(ひしょう)[注 1]: flight フライト)とは、空中を進むこと、空中を移動することである。


  1. ^ 「飛行」は、動物についても人工物についても用いられることがある。人工物が空中を進むこと原則としては「飛行」という表現のほうが用いられる。人工物に対しては滅多に「飛翔」という表現は使われない。航空工学では航空機を扱っているわけだが、原則的に「飛行」と言う(原則「飛翔」とは言わない。ただし、例外的に「飛翔体」とは言う。)また詩歌など文芸的な文章ではしばしば「飛翔」が選ばれる。詩的に表現したい時や、聞く人の夢をかきたてるようにロマンチックに表現したい場合は「飛翔」という表現が好まれる。その結果、人工物でも比喩的な文脈では何かを動物などに喩えて「飛翔」と表現することはある。生物学では、日本語では昆虫や動物類のそれを「飛行」と言ったり「飛翔」と言ったりして、定まっていない。よってあえて動物・人工物に共通の、最も一般的な語を選ぶとするならば「飛行」になる。Wikipediaは百科事典であるので、百科事典的な方法としては「飛行」という表現をやや優先にし、本来ならこの記事の記事名は「飛行」に設定すべきであり(たとえば項目名変更や、記事の移動などを行い)、本文は「飛行(あるいは飛翔)とは」などと書き出すほうが、より適切である。
  2. ^ ウィキペディアの他言語版で、おおむね同じ記事内で動物と人工物について扱っており、日本語版でも動物と人工物でも原理的には類似していることも多く重複する点が多々あり、同じページで解説したほうが何かと都合が良いので、日本語版でもこの記事で併せて解説する。
  3. ^ 「飛翔」や「飛行」という言葉は、基本的にそれ自体がなんらかの能動性を伴って動くことを指している。投げられたボールの移動などの場合は、ボールは空中を移動するものの、そういうことは基本的に「飛翔」や「飛行」とは言わない。英語ではthrow、日本語では「投擲(とうてき)」「投げる」などと言う。
  4. ^ なお恐竜の多くが羽毛状のものを体表に供えていたことも明らかになってきていることなども踏まえて、現代に人々が眼にしている鳥というのはいわゆる「恐竜」の一部の直接的な子孫である、とする説もある。が、始祖鳥が現在のへと系統的に見て連続的につながっているかどうかについては、未だに様々な説・議論がある
  5. ^ なお、今から数十年前までは揚力の発生の説明に、「ベルヌーイの原理」がことさら強調されることがしばしばあり、教科書でもそのようにしばしば書かれていたが、近年では、この説明方式は実はあまり正しくなかった、ということが明らかにされるようになった。揚力の原因となっている力をその原因ごとに分類し、その力の大きさもひとつひとつ分析すると、揚力を構成する主たる力というのは、単純に、迎角によって、空気(空気分子)が翼の下側の面から押す力のほうが大部分である、そちらのほうが主たる要因である、ということが、最近では明らかにされるようになった。従来のしばしば見られた「ベルヌーイの原理」だけを強調した説明方式というのは、いわば、ただの思い込みによる説明で、間違った説明であった、と指摘されるようになった(出典:竹内薫『99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方』 光文社新書 2006)。NASAの研究者などによっても、同様のことは指摘されている。力の数値を具体的に分析すると、揚力の大部分は迎角によって生まれる力である。であるからこそ、飛行機は背面飛行をすることができるのである。背面飛行では、たとえ翼の曲面が地面側のほうに向いていようが、迎角をしっかりと確保してやればそちらの力のほうがはるかに大きいので、差し引きの結果でも、合力として上方向の力が生じており、よって背面飛行のまま上昇してゆくことも可能なのである。現代では一般に翼の形状は、迎え角がゼロでも、ほんのわずかに揚力が発生するような形状に設計するが、だが一般に、迎え角がゼロで、その機体としての低~中程度の速度で飛ぶ時の揚力は、かなり小さなものであって、その機体が十分に水平飛行ができるほどにはその揚力は大きくないように設計されている。
  1. ^ 広辞苑 第五版「飛行」
  2. ^ 広辞苑 第五版「飛翔」
  3. ^ ナショナルジオグラフィック ニュース
  4. ^ ユッタ・シュトレーター-ベンダー『天使 ― 浮揚と飛行の共同幻想』 青土社、1996
  5. ^ [1]
  6. ^ ピーター・スティーヴンス『自然のパターン・形の生成原理』金子 務 訳、白揚社、1987年、34頁
  7. ^ dictionary.com
  8. ^ 例えばReg Grantの書 Flight, Dorling Kindersley, 2010 が、コンコルドの最終飛行やコロンビア号やチャレンジャー号の事故も特に挙げている。
  9. ^ 『徹底図解 戦闘機のしくみ』 新星出版社 2008年10月5日 p.42
  10. ^ CNET「UAEのドバイ、自律飛行“空中タクシー”の試験運行を2017年第4四半期に開始」
  11. ^ CNET「ボーイング、最大積載量200kg超のドローンを試作--4対の二重反転ローターで飛行」
  12. ^ TECHCRUNCH「見よ、Ehangの有人ドローンが実際に飛ぶところを
  13. ^ マリンスポーツ「フライボード」中の男性溺死 香川産経WEST(2018年8月26日)2018年9月6日閲覧。


「飛翔」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/04/29 17:01 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飛」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

飛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛翔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS