雪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > > の意味・解説 

せつ【雪】

[音]セツ(漢) [訓]ゆき すすぐ そそぐ

学習漢字2年

[一]セツ

ゆき。「雪渓雪洞(せつどう)・雪月花蛍雪降雪豪雪残雪春雪除雪新雪積雪早雪霜雪氷雪風雪

雪のように白い。白いもの。「雪膚眉雪(びせつ)」

洗い清める。すすぐ。「雪冤(せつえん)・雪辱

[二]〈ゆき〉「雪国雪空大雪粉雪根雪初雪

名のりきよ・きよ

難読雪花菜(おから・きらず)・細雪(ささめゆき)・雪駄(せった)・雪踏(せった)・雪隠(せっちん)・雪崩(なだれ)・吹雪(ふぶき)・雪洞(ぼんぼり)・雪消(ゆきげ)


ゆき【雪】

[一]地歌箏曲(そうきょく)。流石庵羽積(りゅうせきあんはずみ)作詞峰崎勾当(みねざきこうとう)作曲天明寛政(1781〜1801)ごろ成立。曲中の合(あい)の手は「雪の手」とよばれ、雪を象徴するものとして、後世邦楽にも流用されている。地唄舞の代表曲。

[二]謡曲三番目物金剛流旅僧摂津野田の里で雪の晴れるのを待っていると、雪の精現れて僧に読経頼み、舞をまう。


よき【雪】

「ゆき」の上東国方言

上野(かみつけの)伊香保の嶺(ね)ろに降ろ—の行き過ぎかてぬ妹(いも)が家のあたり」〈三四二三


ゆき【雪】

雲の中水蒸気昇華し、成長した氷の結晶となって降ってくる白いもの。また、それが降りもったもの結晶六方対称形が多いが、気温水蒸気の量により形はいろいろ変わる。《 冬》「宿かさぬ灯影(ほかげ)や—の家つづき/蕪村

白いものをたとえていう。→雪の肌

特に、白髪にたとえていう。「頭(かしら)に雪を戴(いただ)く」

芝居などで、雪に見立てて降らせる白紙小片

紋所の名。1結晶図案化したもの

《「(たら)」の字の旁(つくり)から》タラをいう女房詞

カブまた、ダイコンをいう女房詞

雪の画像
雪の紋所一つ山雪
雪の画像
雪の紋所一つ山谷雪」
雪の画像

ゆき【雪】

1⃣ 〔名〕

雲中氷晶併合成長して生じた、白色不透明結晶降ってくるもの。結晶六方晶系で、星状・角板状角柱状・針状など種々な形のものがある。《季・冬

万葉(8C後)五・八二二「我が園に梅の花散るひさかたの天より由吉(ユキ)の流れ来るかも」

② ①に似た純白なものをたとえていう。→雪の肌

仮名草子恨の介(1609‐17頃)下「恥しながら自らも御返事申さんとて、ゆきの薄様にかうろぎの墨磨り流し

③ 特に、白髪にたとえていう。

古今(905‐914)春上・八春の日の光にあたる我なれどかしらの雪となるぞわびしき〈文屋康秀〉」

④ 氷を掻きおろして、白砂糖をかけたものかきごおり

(5)漢字の旁(つくり)から) (たら)をいう、女房詞。雪のいお。雪の下。雪のとと。

御湯殿上日記文明一四年(1482)一二二八日「すゑよりかん二、かいあわ一折、ゆき五まいる」

(6) (かぶ)、また、大根(だいこん)をいう女房詞

御湯殿上日記明応元年(1492)一二月一二日「御たいの御かたより、ゆき、しろ物のめつらしきおほくまいる」

(7) 紋所の名。①の結晶をかたどったもの。雪、雪輪(ゆきわ)など種々ある。

雪輪@雪の画像

(8) 芝居舞台で雪に見たて用い白紙小片

雑俳柳多留‐三二(1805)「寛永三角なゆきふりはじめ」

(9)はっさく八朔)の雪」の略。

雑俳柳多留拾遺(1801)巻一四「八月二日質やへ雪がふり」

2⃣

[一] 地歌天明寛政(一七八一‐一八〇一)頃大坂峰崎勾当(みねざきこうとう)作曲。「歌系図」を著わした流石庵羽積(はずみ)作詞。男に捨てられた芸者浮世捨てて尼になった心境を歌ったもの。曲中にある三味線合の手は「雪の手」と呼ばれ、雪を象徴するものとして後世邦楽によく利用されている。地歌歌物の代表曲で、地唄舞としても有名。

[二] 謡曲三番目物金剛流作者未詳旅僧天王寺参詣の途中摂津国野田の里で雪に降られ、その晴れるのを待っていると、雪の精現われて僧に読経乞い回雪の舞を舞う。


よき【雪】

〔名〕 「ゆき(雪)」にあたる上代東国方言

万葉(8C後)一四・三二三上毛野(かみつけの)伊香保の嶺(ね)ろに降ろ与伎(ヨキ)の行き過ぎかてぬ妹が家のあたり」


そそ・ぐ【濯・雪】

〔他ガ五(四)

をかけてよごれを洗い落とす洗い清めるまた、けがれた心や世の中などを清める。すすぐ。

三国伝記(1407‐46頃か)四「清き流に心を洗(ソソク)大法師

② 身にこうむった汚名や受けた恥を手柄仕返しによって消し、名誉を回復する。すすぐ。

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉五「一つ寃罪(うきな)を雪(ソソ)ぐが為に

[補注]「すすぐ(濯)」から派生したものか。前項の「そそぐ(注)」とは別語考えられる


分野
に関する用語
用例
雪が降る。雪が積もる。雪が解ける。(が)雪に変わる。雪の日。雪の天気

雪(すすぎ)

作者本田

収載図書ゆきのまち幻想文学賞小品集 7
出版社NTTメディアスコープ
刊行年月1997.11


作者湯川聖司

収載図書第4回 ゆきのまち幻想文学賞小品集 4
出版社NTTメディアスコープ
刊行年月1994.10


作者ロバート・O.バトラー

収載図書ふしぎな山からの香り
出版社集英社
刊行年月1995.6


作者夫馬基彦

収載図書恋の呼び出し恋離
出版社中央公論社
刊行年月1995.7


作者

収載図書降る惑星
出版社角川書店
刊行年月1996.3


作者宇野千代

収載図書不思議な事があるものだ
出版社中央公論社
刊行年月1996.7

収載図書せつない話 第2集
出版社光文社
刊行年月1997.2

収載図書不思議な事があるものだ
出版社中央公論新社
刊行年月1999.9
シリーズ名中公文庫

収載図書せつない話 第2集
出版社光文社
刊行年月2000.6
シリーズ名光文社文庫


作者バリー・ユアグロー

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1996.7

収載図書一人の男が飛行機から飛び降りる
出版社新潮社
刊行年月1999.9
シリーズ名新潮文庫

収載図書憑かれた旅人
出版社新潮社
刊行年月2004.3


作者辻井喬

収載図書故なくかなし
出版社新潮社
刊行年月1996.12


作者正本ノン

収載図書ビトゥイーン ザ シーツ
出版社ぶんか社
刊行年月1997.6



作者森三郎

収載図書赤い鳥代表作集 6 新版
出版社小峰書店
刊行年月1998.4


作者岡本かの子

収載図書日本掌編小説秀作選 上 雪・月
出版社光文社
刊行年月1987.12
シリーズ名光文社文庫

収載図書日本幻想文学集成 10 岡本かの子 過去世
出版社国書刊行会
刊行年月1992.1

収載図書岡本かの子全集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1994.1
シリーズ名ちくま文庫


作者楠田匡介

収載図書七人警部七人名探偵シリーズ 2
出版社広済堂出版
刊行年月1998.4
シリーズ名広済堂ブルーブックス


作者吉行淳之介

収載図書吉行淳之介全集15巻 初作品文学賞選評年譜・全作品リストほか
出版社新潮社
刊行年月1998.12


作者ジョン・クロウリー

収載図書むずかしい愛―現代英米愛の小説
出版社朝日新聞社
刊行年月1999.9


作者ジェイムズ・ラスダン

収載図書シャンドライの恋
出版社角川書店
刊行年月2000.1
シリーズ名角川文庫


作者加門七海

収載図書雪女キス異形コレクション賓館 2
出版社光文社
刊行年月2000.12
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書オワスレモノ
出版社光文社
刊行年月2006.3
シリーズ名光文社文庫


作者ヒュー・ウォルポール

収載図書銀の仮面
出版社国書刊行会
刊行年月2001.10
シリーズ名ミステリー本棚


作者十八鳴浜

収載図書緑色の異邦人
出版社彩図社
刊行年月2002.2
シリーズ名ぶんりき文庫


作者ベネディクト・ブラスウェイト

収載図書ほたる島物語カメじいさまなかまたちお話
出版社ポプラ社
刊行年月2004.2
シリーズ名ポップコーン・ブックス


作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


作者ダゴベルト・ヒルフ

収載図書木版画マリア
出版社角川書店
刊行年月2004.8


作者河野多恵子

収載図書恐怖の花
出版社福武書店
刊行年月1989.5
シリーズ名福武文庫

収載図書河野多恵子全集 第1巻
出版社新潮社
刊行年月1994.11

収載図書誘惑女流ミステリー傑作
出版社徳間書店
刊行年月1999.1
シリーズ名徳間文庫

収載図書怪奇ホラーワールド
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4

収載図書恐ろし執念
出版社リブリオ出版
刊行年月2001.4
シリーズ名怪奇ホラーワールド 大きな活字読みやすい

収載図書恐怖の花
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2007.10
シリーズ名ランダムハウス講談社文庫


作者小川さと子

収載図書忠臣蔵・巷噺
出版社創栄出版
刊行年月2005.1


作者新田潤

収載図書新田潤作品集 3
出版社一草舎出版
刊行年月2005.2


作者池田和

収載図書夢のぬけ殻―掌編
出版社池田和
刊行年月2005.8


作者細川友一

収載図書碑―短編小説集
出版社細川友一
刊行年月2006.6




作者立松和平

収載図書晩年
出版社人文書院
刊行年月2007.6


作者桜沢やよひ

収載図書樺細工の茶筒
出版社文芸社
刊行年月2008.6


作者若杉鳥子

収載図書渡良瀬の風―若杉鳥子短篇集 増補改訂版
出版社武蔵野書房
刊行年月2008.8


雪―スノウ

作者フランチェスカ・リア・ブロック

収載図書薔薇野獣
出版社東京創元社
刊行年月2003.10


作者アン・ビーティ

収載図書あなたが私を見つける所
出版社草思社
刊行年月1990.4


雪―三好達治

作者神淳

収載図書詩の由来 永訣の朝
出版社鳥影社
刊行年月1998.12


作者魯迅

収載図書魯迅文集 2
出版社筑摩書房
刊行年月1991.4
シリーズ名ちくま文庫


作者森瑤子

収載図書ベッドおとぎばなし PART2
出版社文芸春秋
刊行年月1992.9
シリーズ名文春文庫


作者大庭みな子

収載図書
出版社福武書店
刊行年月1993.7

収載図書文学1994
出版社講談社
刊行年月1994.4


作者内田百閒

収載図書旅順入城式
出版社福武書店
刊行年月1994.3
シリーズ名福武文庫


作者ジェイン・アン・フィリップス

収載図書ブラックチケッツ
出版社彩流社
刊行年月1994.5
シリーズ名現代アメリカ文学叢書


読み方:ユキyuki

空中水蒸気氷点以下に達し結晶して降るもの

季節

分類 天文


読み方
すすぎ
すず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 21:24 UTC 版)

(ゆき、ドイツ語: Schnee英語: Snowフランス語: neigeポルトガル語: neve)は大気中水蒸気から生成される結晶から落下してくる天気。また、雪の氷晶単体である雪片(せっぺん、snowflake)、または降り積もった状態である積雪(せきせつ、snowpackなど)を指すこともある。後者と区別するために、前者を降雪(こうせつ、snowfall)と呼びわける場合もある[1]


注釈

  1. ^ 例えば、イヌクティトゥット語版ウィキペディアでは「雪」の項目は「ᐊᐳᑦ/aput」=「雪(一般的用法)」というタイトルが付けられている。
  2. ^ 大気中における雪片の融解現象に関する研究 気象研究所技術報告第8号、1984年3月。2章p.19-p.20に輪島、松本、日光各地のデータに基づく相対湿度と地上気温を軸にとった雨雪判別図が、同章p.15に回帰分析によって得られた近似式が掲載されている。上に挙げた二式はともに松本のもの。
  3. ^ 雪祭りは、現代では北海道の札幌市および旭川市長野県飯山市新潟県十日町市などで開催される。日本以外の地域の場合、「冬祭り」「氷祭り」「雪祭り」はあまり区別されていない。
  4. ^ 経済産業省北海道経済産業局『平成26年度北海道電力需給実績(確報)』「【表-1】総需要電力量(用途別・月別) (PDF) 」「【表-3】総発電電力量(事業用+自家用)実績 (PDF) 」(2016年6月14日)によれば、北海道の総需要電力量は、2014年(平成26年)8月は2,906,419千 kWhであるのに対して、2015年(平成27年)1月は3,776,733千 kWhであり、夏より冬のほうが電力需要が多いことが分かる。また、2014年8月の北海道の水力発電電力量は641,890千 kWhであるのに対し、2015年1月は319,457千 kWhであり、夏より冬のほうが水力発電電力量が少ないことが分かる。
  5. ^ ある主要な季語について別表現と位置付けされる季語を、親子の関係になぞらえて、親季語に対する「子季語」という。「傍題」ともいうが、傍題は本来「季題」の対義語である。なお、子季語の季節と分類は親季語に準ずる。

出典

  1. ^ a b 雪の研究室 - 北海道雪たんけん館”. 北海道雪たんけん館. 2014年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月6日閲覧。
  2. ^ a b 気象庁(1998年)『気象観測の手引き]』
  3. ^ 天気記号表”. 過去の気象データ検索 利用される方へ. 気象庁. 2012年12月2日閲覧。
  4. ^ 天気図の記号って何種類あるのですか? それと、どんなのがあるのですか?”. はれるんライブラリー 質問一覧. 気象庁. 2012年12月2日閲覧。 天気図記号の例 (PDF)”. 2012年12月2日閲覧。
  5. ^ snow grains AMS Glossaly
  6. ^ a b c d e f 気象庁 予報用語 降水
  7. ^ アスピリンスノーとは”. 北海道方言辞書. Weblio 辞書. 2017年7月11日閲覧。
  8. ^ 王子製紙 (1938年). “紙業提要”. Google Books. 2013年9月23日閲覧。 [要ページ番号]
  9. ^ アメリカ・ニューヨーク州で観測された雪結晶 (PDF)”. 菊地 勝弘. 2019年2月9日閲覧。
  10. ^ 菊地 勝弘, 亀田 貴雄, 樋口 敬二, 山下 晃「中緯度と極域での観測に基づいた新しい雪結晶の分類 -グローバル分類-」『雪氷』第74巻第3号、2012年5月、 223-241頁。
  11. ^ 小倉 2016, pp. 96-97.
  12. ^ 藤原滋水、青木輝夫「氷の色・雪の色 (PDF) 」 『天気』第40巻第3号、日本気象学会、1993年3月、 1-2頁、2012年12月3日閲覧。
  13. ^ 黄砂問題検討会中間報告書”. 大気環境・自動車対策 黄砂問題検討会報告書集. 環境省 (2004年9月). 2012年12月3日閲覧。 [要文献特定詳細情報]
  14. ^ Russia probes smelly orange snow』BBC News, 2007年2月2日
  15. ^ 第二部大気と海の科学 3-6 空気中の水蒸気 山賀進
  16. ^ 〜こんにちは!気象庁です!平成21年1月号〜[リンク切れ] 気象庁
  17. ^ 最新気象学のキホンがよ〜くわかる本[要ページ番号]
  18. ^ 雨や雪について”. よくある質問集. 気象庁. 2016年2月23日閲覧。
  19. ^ 播磨屋敏生、松尾敬世、永田雅、藤吉康志「1992年度日本気象学会秋季大会スペシャル・セッション「雪」の報告 (PDF) 」 『天気』第40巻第6号、日本気象学会、1993年6月、 pp.417-420、2012年12月3日閲覧。
  20. ^ Buffalo Lake Effect Page”. National Weather Service(アメリカ国立気象局 (2012年3月2日). 2012年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月3日閲覧。
  21. ^ Jeff Haby. “Lake effect forecasting”. theweatherprediction.com. 2012年12月3日閲覧。
  22. ^ “(風のまにまに 南会津雑記:4)只見のブナ原生林 自然首都の誇り 岡村健/福島県”. 朝日新聞デジタル(asahi.com) (朝日新聞社). (2008年5月23日). http://www.asahi.com/shimbun/nie/tenkai/kankyo4d.html 2012年5月26日閲覧。 
  23. ^ 岩槻邦男 (2003年5月26日). “世界自然遺産候補地に関する検討会について (PDF)”. (公式ウェブサイト). 世界自然遺産候補地に関する検討会. 2012年5月26日閲覧。
  24. ^ “(4)地域の暮らしと環境を活かした事例 新潟県安塚町 ~雪の活用と田舎体験~”. 平成15年度国土交通白書 (国土交通省総合政策局). (2004年7月). http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h15/hakusho/h16/html/F1012140.html 2019年2月6日閲覧。 
  25. ^ 『近畿農政局』の『農村振興』の『農業・農村の整備』の『管内国営事業(務)所のご案内』の『国営新湖北農業水利事業』の『湖北平野の自然』”. 2010年12月7日閲覧。
  26. ^ a b 越後上布 雪国で育まれた伝統の布”. 国際交流サービス協会. 2020年12月13日閲覧。
  27. ^ a b c 東北地方多雪・寒冷地設備設計要領”. 国土交通省東北地方整備局. 2017年9月9日閲覧。
  28. ^ a b 「雪」(ゆき)晩冬”. 季語と歳時記-きごさい歳時記. 季語と歳時記の会 (2011年3月14日). 2018年2月22日閲覧。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 日外アソシエーツ『季語・季題辞典』
  30. ^ 大澤水牛 (2012年). “雪(ゆき)”. 水牛歳時記. NPO法人双牛舎. 2018年2月22日閲覧。
  31. ^ a b c 日本大百科全書:ニッポニカ』「季語」
  32. ^ a b c d e f g 大辞林
  33. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 大辞泉
  34. ^ 大辞林 第三版 2481頁。
  35. ^ 大辞林 第三版 2726頁。
  36. ^ 『北越雪譜』鈴木牧之編撰〈岩波文庫〉、1996年。 [要文献特定詳細情報]
  37. ^ 火星では夜に激しい雪が降る、研究成果”. ナショナル ジオグラフィック 日本語版. 2020年12月13日閲覧。



出典:『Wiktionary』 (2020/02/22 09:30 UTC 版)

発音

名詞

  1. 気象天候】ゆき(雅語漢語読み下し:セツ
    1. 気象現象で、水蒸気空中結晶し、地上まで降りたもの。またそれが地上において溶けずに堆積したもの
    2. 比喩)白い色や白い物)。
      • のように白い」
  2. 比喩ゆき
    1. 欠氷かきごおりのこと。
    2. タラ別称

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



雪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雪」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日本音楽国際交流会日本音楽国際交流会
Copyrigrht for The Association for Intenational Exchange of JapaneseMusic
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS