雪国とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > 雪国の意味・解説 

ゆき ぐに [2] 【雪国】

多く降る地方降雪量の多い国。

ゆきぐに 【雪国】

小説川端康成作。一九三五昭和一〇)~47年連作形式発表48年完結出版。雪国の温泉町舞台に、東京人島村芸者駒子、少女葉子の微妙な心の動きをとらえ、繊細な哀れの美しさを描く。

雪国

雪国 雪国
 レシピ
雪国
■  ストリチナヤ
(STOLICHNAYA)
1/2
雪国
雪国
雪国
■  WHITE CURACAOHEERING ORANGE LIQUEUR
ホワイトキュラソーヒーリング オレンジ リキュール
1/4
雪国
雪国
雪国
■  LIMESUNTORY LIME
ライムサントリー ライム
1/4
雪国
雪国
雪国

 作り方
雪国
1) シェークして、砂糖スノースタイルにしたカクテル・グラスに注ぐ。
2) グリーン・チェリーを飾る。

※レシピの分量表記について
雪国
カクテルタイプ:ショート
グラスカクテル・グラス
テイスト甘口
色:緑
アルコール度数:強い(25度以上)
製法シェーク

ワンポイント
雪国
1959年サントリー主催のカクテルコンクールで第一位入賞した、川端康成名作『雪国』にちなんで作られた作品味わいのよさもさることながら色合い黄緑寒色系でまとめられ、グラスのふちにまぶされた砂糖白さ連想させる、カクテル名とぴったりマッチしたこの「雪国」の姿はすばらしい。戦後日本が生んだカクテル傑作謳われるカクテルである。

ストリチナヤとはロシア語で“首都の”という意味。「ストリチナヤ」は、その名のとおり首都モスクワで生まれ生粋のロシア・ウオッカ。口当たりきわめてソフトで、デリケート香りがある。また、キャビアにもっとも合う“キャビア・ウオッカ”としても世界喧伝されている。

ヒーリング オレンジ リキュール」は、ヒーリングチェリーの姉妹品小粒オレンジほろ苦いグリーンの皮を原料に、ヒーリング社独自の技術作り上げたオレンジリキュールの逸品である。バランスのとれた爽やかな口当たりと、気品ある香りが溶け合った豊かな味わい特徴的

雪国

読み方:ユキグニ(yukiguni)

の多い地方

季節

分類 天文


雪国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/27 02:22 UTC 版)

雪国(ゆきぐに)は、降雪量の多い地域のこと。豪雪地帯北陸地方東北地方など。以下はこれに由来する。




「雪国」の続きの解説一覧



雪国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雪国」の関連用語

雪国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



雪国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2019 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社カクテルレシピ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雪国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS