阿部一族とは? わかりやすく解説

あべいちぞく【阿部一族】


阿部一族

作者森鴎外

収載図書山椒大夫舞姫
出版社旺文社
刊行年月1990.3
シリーズ名必読名作シリーズ

収載図書江戸 1 剣の道はるか
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名歴史小説名作

収載図書高瀬舟
出版社集英社
刊行年月1992.9
シリーズ名集英社文庫

収載図書森鴎外全集 4 雁 阿部一族
出版社筑摩書房
刊行年月1995.9
シリーズ名ちくま文庫

収載図書編年体大正文学全集 第2巻 大正二年
出版社ゆまに書房
刊行年月2000.7

収載図書鴎外歴史文学第2巻 阿部一族・大塩平八郎堺事件ほか
出版社岩波書店
刊行年月2000.10

収載図書阿部一族 他二篇
出版社岩波書店
刊行年月2001.1
シリーズ名ワイド版岩波文庫

収載図書舞姫・阿部一族 他
出版社日本文学館
刊行年月2003.4
シリーズ名日本名作選

収載図書最後の一句山椒大夫ほか
出版社教育出版
刊行年月2003.7
シリーズ名読んでおきたい日本の名作

収載図書山椒大夫 高瀬舟 改訂
出版社偕成社
刊行年月2004.6
シリーズ名偕成社文庫

収載図書ヰタ・セクスアリス 阿部一族
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.2
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書阿部一族
出版社舵社
刊行年月2005.12
シリーズ名デカ文字文

収載図書阿部一族 舞姫 76改版
出版社新潮社
刊行年月2006.4
シリーズ名新潮文庫

収載図書阿部一族―他二篇 改版
出版社岩波書店
刊行年月2007.12
シリーズ名岩波文庫


阿部一族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 05:26 UTC 版)

阿部一族』(あべいちぞく)は、森鷗外が著した短編小説江戸時代初期に肥後藩の重職であった阿部一族が上意討ちで全滅した事件を題材に創作され、大正2年(1913年1月に『中央公論』誌上に発表された。栖本又七郎(作中では「柄本又七郎」)などの証言を元にした『阿部茶事談』を下敷きにしている[1]


  1. ^ 「阿部茶事談」本文は藤本千鶴子校訂で『近世・近代のことばと文学 真下三郎先生退官記念論文集』(第一学習社、1972年)に掲載されている。
  2. ^ 『新熊本市史 通史編3 近世1』p.617
  3. ^ 『新熊本市史 通史編3 近世1』 pp.227-228
  4. ^ 『新熊本市史 通史編3 近世1』 pp.616-617
  5. ^ 藤本千鶴子「鷗外「阿部一族」の発想 ――作品と実体験――」『近代文学試論』第14号、広島大学近代文学研究会、1975年10月、 pp. 10-18。
  6. ^ 『両像・森鷗外』第13節


「阿部一族」の続きの解説一覧



阿部一族と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

阿部一族のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



阿部一族のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿部一族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS