切腹とは?

せっ‐ぷく【切腹】

[名](スル)

自分で腹を切って死ぬこと。平安時代以降中世近世通じて武士の自決法として行われた。はらきり割腹

江戸時代武士に科した死罪の一。検死役の前で、自ら腹を切ろうとするところ介錯人(かいしゃくにん)が首を斬り落としたもの。

[補説] 作品別項。→切腹


せっぷく【切腹】


切腹

読み方:セップクseppuku

近世死刑罪の一。


切腹

作者五味康祐

収載図書秘玉の剣
出版社勁文社
刊行年月1987.4
シリーズ名ケイブンシャ文庫

収載図書戦国武将列伝 2 秀吉
出版社徳間書店
刊行年月1992.4
シリーズ名徳間文庫

収載図書秘玉の剣
出版社徳間書店
刊行年月1997.2
シリーズ名徳間文庫


切腹

作者星野智幸

収載図書無間道
出版社集英社
刊行年月2007.11


切腹

作者柴田錬三郎

収載図書裏返し忠臣蔵
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2008.11
シリーズ名時代小説文庫


切腹

作者藤沢周平

収載図書龍を見た男
出版社新潮社
刊行年月1987.9
シリーズ名新潮文庫

収載図書極め付き時代小説選 1 約束
出版社日本経済新聞社
刊行年月1991.5

収載図書龍を見た男 改訂新版
出版社青樹社
刊行年月1991.9

収載図書藤沢周平全集 第5巻
出版社文芸春秋
刊行年月1993.2

収載図書藤沢周平珠玉選 7 龍を見た男
出版社青樹社
刊行年月1994.7

収載図書海坂藩大全
出版社文藝春秋
刊行年月2007.1

収載図書龍を見た男 改版
出版社新潮社
刊行年月2008.3
シリーズ名新潮文庫


切腹

作者早乙女貢

収載図書明治の兄妹
出版社新人物往来社
刊行年月1990.12


切腹

作者高階航

収載図書いつか北風に向かって
出版社民衆
刊行年月1993.12


切腹

作者柏木春彦

収載図書異色時代短篇傑作大全 2
出版社講談社
刊行年月1994.2


切腹

作者白石一郎

収載図書切腹
出版社文芸春秋
刊行年月1996.10
シリーズ名文春文庫


切腹

作者戸川幸夫

収載図書剣よ月下に舞え―新選代表作時代小説 23
出版社光風出版
刊行年月2001.5
シリーズ名光風文庫


切腹

作者菊地秀行

収載図書人魚の血―異形コレクション綺賓館 4
出版社光文社
刊行年月2001.8
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書妖愁
出版社光文社
刊行年月2001.12


切腹

作者藤井邦夫

収載図書帰り花秋山久蔵御用
出版社ベストセラーズ
刊行年月2004.12
シリーズ名ベスト時代文庫


切腹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 14:58 UTC 版)

切腹(せっぷく)は、自らの腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。腹切り(はらきり)、割腹(かっぷく)、屠腹(とふく)ともいう。主に武士などが行った日本独特の習俗。


  1. ^ CHAPTER VI.The 'HARA KIRU.'J. M. W. Silver著『日本の礼儀と習慣のスケッチ』、1867年出版
  2. ^ 小林正樹監督映画『切腹』も国外ではHarakiri1962年)と改題された。
  3. ^ [1]
  4. ^ 氏家幹人『かたき討ち』中央公論新社〈中公新書〉、2007年、33-50頁。ISBN 9784121018830
  5. ^ 徳川家康は下知なき行動(抜駆け)に対し、一族郎党全員の切腹という厳しい軍律を設けていた。ノモンハン事件では、優勢なソ連軍の猛攻を受けた指揮下の部隊を許可なく撤退させ、全滅から救った指揮官に自決が強要されている
  6. ^ 「或は痛手追ふて腹掻き切り川へ飛入る者もあり」平家物語巻四 橋合戦
  7. ^ 形としては切腹だが、晒し首にされている
  8. ^ 江戸城大広間で林鵞峯が「武家諸法度」を読み上げたのち老中酒井雅樂頭忠清によって宣言された。
  9. ^ 山本博文『殉死の構造』弘文堂、1994年。
  10. ^ 『森銑三著作集』第11巻、中央公論社、1971年。
  11. ^ コルネーエヴァ・スヴェトラーナ「切腹にまつわる語彙と概念について―近現代の日本と海外の辞典と研究史を中心に―」(『帝京大学文学部紀要』49号、2018年)
  12. ^ 福井県敦賀郡 (1915) (日本語). 敦賀郡誌 第五編 人物. pp. 1126-1127. doi:10.11501/950917. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950917/597 2021年4月22日閲覧。. 
  13. ^ 石川県立図書館 (2015年12月1日). “「明治忠臣蔵」「明治最後の仇討ち」と言われた、本多政均(ほんだまさちか)暗殺について載っている簡単な資料はないか。”. レファレンス協同データベース. 国立国会図書館. 2021年4月21日閲覧。
  14. ^ a b 谷 正之 (2009-04-01). “弁護士の誕生とその背景(3) : 明治時代前期の刑事法制と刑事裁判利用” (日本語). 松山大学論集 (松山短期大学) 21 (1): 288,325. ISSN 09163298. NAID 110007579200. https://matsuyama-u-r.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1507&item_no=1&page_id=13&block_id=32 2021年1月30日閲覧。. 
  15. ^ 明治六年政表>司法処刑ノ部>明治六年司法省及ヒ各府県処刑人員(コマ番号12)”. 正院第五科 (1876年). 2020年10月10日閲覧。
  16. ^ 手塚 豊 (1960-04), 刑罰と国家権力  国家的刑罰権と非国家的刑罰権――明治前期の場合に関する一未定稿, 法制史学会, pp. 182-185, doi:10.11501/2527269, NCID BN0366777X 
  17. ^ 軍記物の記述として、『北条五代記』(『北条盛衰記』本巻二)の三浦義同があり、『土佐物語』巻三にも、「腹十文字にかき切りければ」と記述がある。
  18. ^ A.B.ミットフォード『英国外交官の見た幕末維新』長岡祥三訳〈講談社学術文庫〉、1998年、153-154頁。(原書は1915年刊)
  19. ^ 山本博文『武士と世間』中央公論新社、2007年。ISBN 978-4121017031
  20. ^ 名和弓雄『間違いだらけの時代劇』河出書房新社、1989年、34-36頁。
  21. ^ 加藤徹『怪力乱神』中央公論新社、2007年、66-72頁。ISBN 978-4-12-003857-0
  22. ^ “朴正煕 逝去30周年記念連載⑫ ― 企てられたクーデター”. 統一日報. (2009年6月6日). http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=48841&thread=15 2010年4月25日閲覧。 
  23. ^ モーリス・パンゲ「第1章 カトーのハラキリ」『自死の日本史』竹内信夫訳〈講談社学術文庫〉、2011年6月。ISBN 4062920549
  24. ^ YouTubeより、その動画。


「切腹」の続きの解説一覧

切腹

出典:『Wiktionary』 (2018/08/25 12:07 UTC 版)

名詞

せっぷく

  1. 刃物用いて自分腹部切開し死ぬことによって、武士としての名誉を保つ行為

活用

サ行変格活用
切腹-する

翻訳




切腹と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「切腹」の関連用語

切腹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



切腹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの切腹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの切腹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS