行司とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 行司の意味・解説 

ぎょう‐じ〔ギヤウ‐〕【行司】

相撲で、力士を立ち合わせ勝負判定する役。また、その人

行事4」に同じ。

[補説] 行司1の階級軍配の房・菊綴じの色

階級
立行司 木村庄之助総紫
立行司 式守伊之助紫白
三役
幕内紅白
十両青白
幕下青または黒
三段目青または黒
序二段青または黒
序の口青または黒

行司の画像

ぎょう じ ぎやう- [0][3] 【行司】

行事」に同じ。

行司

読み方:ぎょうじ

  1. 賭博

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

行司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/22 07:28 UTC 版)

行司(ぎょうじ)とは、大相撲において、競技の進行及び勝負の判定を決するもの、またはそれを行う人である[1]




  1. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第2条
  2. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第2条
  3. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第3条
  4. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第4条
  5. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第16条
  6. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第22条
  7. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第5条
  8. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第7条
  9. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第8条
  10. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第11条
  11. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第12条
  12. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第13条
  13. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第15条
  14. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第18条
  15. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第17条
  16. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第19条
  17. ^ 三役格行司が横綱土俵入りの先導をする場合のみ、立行司のみ着用する「短刀」を着用して所作を行う。
  18. ^ 根間, p. 48.
  19. ^ 根間, p. 50.
  20. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第19条
  21. ^ a b 大相撲ジャーナル』2019年3月号 pp.50-52.
  22. ^ 根間, pp. 50-51.
  23. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則番附編成要領第4条
  24. ^ 根間, pp. 51-52.
  25. ^ 根間, pp. 55-56.
  26. ^ 根間, pp. 56-57.
  27. ^ 根間, pp. 9-10.
  28. ^ 根間, pp. 10-11.
  29. ^ 根間, p. 11.
  30. ^ 根間, pp. 13-14.
  31. ^ 根間, pp. 16-17.
  32. ^ 根間, pp. 12-13.
  33. ^ 根間, pp. 22-23.
  34. ^ 根間, pp. 27-30.
  35. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則審判規則行司第5条
  36. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則第64条
  37. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則第64条
  38. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則番附編成要領第14~16条
  39. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則第63条
  40. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則番附編成要領第17条
  41. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則行司賞罰規定第7条。但し、式守伊之助の名跡を襲名したものは、襲名時より2年間は他の行司と同一に扱うものとする。また同第8条により「立行司にして自己の責任と自覚がないと認められたときは、理事会の決議により引退を勧告し、または除名するものとする。」とされている。
  42. ^ 読売新聞2018年1月14日付朝刊スポーツ面によれば、「実際は年齢と経験が重視されるケースが多い。」とされる。
  43. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則番附編成要領第13条
  44. ^ 大相撲ジャーナル』2019年3月号 p.48.
  45. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則停年退職規定第6条
  46. ^ ただし、それ以前でも27代式守伊之助36代木村庄之助は最終場所の途中で停年日を迎えたが、普通に千秋楽までは務めて引退していて、最終場所の千秋楽を持って停年退職となっている。(27代伊之助の場合は最終場所の千秋楽が65歳の誕生日だったが、協会の規定では65歳の誕生日前日で停年なので、14日目が本来の停年日だった)2015年に停年を迎えた37代木村庄之助も最終場所途中で停年日を迎えていたが、普通に千秋楽までは務めて引退している。
  47. ^ 休場している行司が多い場合は、3番以上を裁く行司が出ることもある。また土俵上や土俵下控の行司に事故がある際には交代することがあるため裁く番数の増減がある。後者については本来1番しか裁かない木村庄之助が2番裁いた例も存在する。また、中入り後最初の一番を裁く行司は中入り後の番数と裁く行司の割り振りの都合で本来は2番だが、1番のみ裁いて終わりというパターンが時折ある。
  48. ^ 大体、幕下上位の取組から十両格が裁き、十両の取り組みの後半から中入り前までを幕内格行司が裁いている。
  49. ^ 根間, pp. 35-36.
  50. ^ 相撲記者の佐々木一郎が伝えたところによると、短刀を調達した際には銃刀法違反にならないように行政官庁へ届出を行う必要があるとのことである。
  51. ^ フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 4』講談社、2003年。
  52. ^ 佐藤祥子取材・構成「土俵で見た朝青龍の凄味 木村庄之助」『文藝春秋』2008年5月号、p.209
  53. ^ 括弧内は言う行司と言わない行司に分かれるが、近年の行司は言う傾向が強く、28代木村庄之助以降は40代式守伊之助を除き全員言う派である。
  54. ^ 現在では、実際には1番でも前相撲を取れば出世できる。
  55. ^ 「発気用意」の意共、永六輔『役者 その世界』p190、岩波現代文庫、2006年
  56. ^ 28代木村庄之助など
  57. ^ 26代式守伊之助など
  58. ^ 7代式守錦之助など
  59. ^ “三段目格行司の木村昌稔が辞職”. 日刊スポーツ. (2018年7月3日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201807030000552.html 2018年7月3日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行司」の関連用語

行司のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



行司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの行司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS