若者頭とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 若者頭の意味・解説 

若者頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/18 23:04 UTC 版)

若者頭(わかいものがしら)とは、大相撲において、力士養成員の監督にあたるとともに、相撲競技その他に関し、上司の指示に従い服務する者をいう[1]力士行司などと同様に各相撲部屋に所属する。




  1. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則第41条
  2. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則第68条
  3. ^ 日本相撲協会寄附行為施行細則停年退職規定第8条
  4. ^ 平成14年「相撲」10月号、年寄名跡濱風代々より
  5. ^ 1996年(平成8年)11月には小結・旭道山が現役力士のまま衆議院議員に立候補して当選し、当選後に「引退」している。
  6. ^ 幕内経験者では廃業した嗣子鵬、世話人から転向した琴千歳に続く3人目であるが、若者頭・世話人の中で唯一、金星獲得・三賞受賞経験を持ち、なおかつ、三役目前まで上がった力士でもある。


「若者頭」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「若者頭」の関連用語

若者頭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



若者頭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの若者頭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS