三段構えとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 三段構えの意味・解説 

さん だんがまえ -がまへ [5] 【三段構え】

支障の起こった場合考えて、前もって三つ段階対策立てておくこと。あらゆる場面に対応できるように準備すること。

三段構え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/07 01:17 UTC 版)

三段構え(さんだんがまえ)とは、相撲における基本体を伝える、上段・中段・下段の三種類の構えの事である。




  1. ^ a b c 三段構えのこと 相撲評論家之頁
  2. ^ a b c d 『大相撲ジャーナル』2017年6月号60-61頁
  3. ^ 鶴竜「名誉あること」20年ぶり三段構え披露 日刊スポーツ 2016年10月4日


「三段構え」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三段構え」の関連用語

三段構えのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三段構えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三段構え (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS