年寄名跡とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 年寄名跡の意味・解説 

としより‐みょうせき〔‐ミヤウセキ〕【年寄名跡】

日本相撲協会の年寄名跡目録記載される年寄の名。相撲協会役員親方になるために必要な資格一代年寄を除き、105名。年寄株親方株


年寄名跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 10:23 UTC 版)

年寄名跡(としよりめいせき、みょうせき)とは、日本相撲協会(以下、「協会」)の「年寄名跡目録」に記載された年寄の名を襲名する権利であり、俗に年寄株親方株とも呼ばれる。




  1. ^ 「せめて十両まで」 挑んだ出羽ケ嶽、運命の一戦の映像:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月4日閲覧。
  2. ^ 昭和前半ぐらいまでは、幹部クラスの親方以外は、現役関取よりも立場が下であったと言われている。
    『大相撲ジャーナル』2017年6月号68頁
  3. ^ 明治中期までは幕下以下の力士が年寄を襲名する場合、若者頭を経て襲名することが多かった。二枚鑑札で現役襲名しても遺族らとのトラブルなどで返上するケースもたびたびあった。
  4. ^ 『相撲』2013年11月号75頁
  5. ^ 元前頭の里山が現役引退、 年寄「佐ノ山」を襲名」『日刊スポーツ』、2018年11月23日。2019年6月17日閲覧。
  6. ^ 公益財団法人日本相撲協会 平成30年度事業報告書
  7. ^ 停年制決定時、対象者は振分(浪ノ音)、勝ノ浦(五十嵐)、二子山(土州山)、友綱(矢筈山)、尾車(大戸平)、立田川(木村庄之助)、山響(釈迦ヶ嶽)、音羽山(白岩)、春日野(栃木山)、武隈(両国)、伊勢ケ浜(清瀬川)、立田山(能代潟)と12人。このうち春日野、二子山、武隈は1961年の施行までに死去。
  8. ^ 高見山大五郎が資格を得ることを予想して1976年に規定
  9. ^ a b c 日刊スポーツ 2017年3月4日
  10. ^ 元幕内宝千山が引退=大相撲時事通信社、2013年12月20日)
  11. ^ 11代宮城野は2010年12月の理事会で15代熊ヶ谷と年寄名跡を交換して部屋の師匠の座から追放する勧告により16代熊ヶ谷へ名跡変更して懲戒解雇される2015年10月まで、21代春日山は2016年10月に師匠不適格処分による部屋の閉鎖により追手風部屋の部屋付き親方となり退職する2017年1月まで日本相撲協会に在籍した。
  12. ^ 琴欧洲引退 白鵬に敗れ「終わりが来た」 nikkansports.com 2014年3月21日9時52分 紙面から
  13. ^ 元朝潮の錦島親方、ガイドライン違反で退職 禁止されていた複数回外食」『日刊スポーツ』、2021年6月11日。2021年6月11日閲覧。
  14. ^ その後錦島の株は同じ時津風部屋豊ノ島大樹を経て高砂部屋朝赤龍太郎に譲られた
  15. ^ 関与認定19力士全員が引退届提出も「納得はしていない」…八百長問題 スポーツ報知 2011年4月6日
  16. ^ 相撲協会を解雇されているため所有者の名義は本名の山村和行
  17. ^ 現役力士が将来の独立に備えて内弟子を集めることは普通に行われている。弟子の実例として琴風豪規大乃国康
  18. ^ 貴乃花の場合は部屋継承だった。
  19. ^ 日本国籍取得は2019年。
  20. ^ 最終報告で一代年寄に言及 相撲協会の継承発展を考える有識者会議 産経新聞 2021.4.19 13:55 (2021年4月19日閲覧)
  21. ^ 日本相撲協会の有識者会議 最終報告で一代年寄に言及 SANSPO.COM 2021.4.19 11:51 (2021年4月19日閲覧)
  22. ^ 白鵬の一代年寄襲名は厳しく、横綱大鵬への特例で定款に規定なしと説明 日刊スポーツ 2021年4月19日16時46分 (2021年4月20日閲覧)
  23. ^ 『相撲』2015年6月号136ページ
  24. ^ 「下足番になった横綱」 川端要壽 小学館発行
  25. ^ 名跡の変更ではなく、表記の変更である。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「年寄名跡」の関連用語

年寄名跡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



年寄名跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの年寄名跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS