五ツ嶋奈良男とは?

五ツ嶋奈良男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/19 09:19 UTC 版)

五ツ嶋 奈良男(いつつしま ならお、1912年12月22日 - 1973年5月6日)は、長崎県南松浦郡奈良尾村(現:長崎県南松浦郡新上五島町)出身の元大相撲力士。本名は金崎 伊佐一(かなさき いさいち)。




  1. ^ a b c d ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(1) 出羽海部屋・春日野部屋 』(2017年、B・B・MOOK)p23
  2. ^ それを裏付けるものとして、本場所では前田山英五郎に4連勝と得意としていたが、同輩の安藝ノ海節男に対してはほとんど歯が立たなかった。
  3. ^ なお、横綱昇進後の双葉山に連勝したのは五ツ嶋と照國萬藏のみである。
  4. ^ 新三役での7連勝は照ノ富士春雄(2015年春場所)と並んで史上最多記録。
  5. ^ 照ノ富士、75年ぶり新三役7連勝 ご機嫌「やっちゃったな」スポーツニッポン、2015年3月15日記事
  6. ^ “7勝7敗のデータ”に続けず…栃ノ心が大関陥落「オレが弱い。勝った方が強い」スポニチ、2019年3月24日記事
  7. ^ 貴景勝、大関昇格確実に“入れ替え戦”制しノルマ10勝 栃ノ心は在位5場所で陥落スポニチ、2019年3月24日記事。
  8. ^ 貴景勝が休場、新大関が翌場所かど番は8人目日刊スポーツ、2019年5月16日記事。
  9. ^ なお、貴景勝はこの場所を8日目に再出場したが、9日目から再休場している。
  10. ^ 栃ノ心が大関復帰=現行制度で5人目-大相撲夏場所時事ドットコム、2019年5月25日記事。
  11. ^ 角番(全1回)
  12. ^ 関脇陥落


「五ツ嶋奈良男」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「五ツ嶋奈良男」の関連用語

五ツ嶋奈良男のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



五ツ嶋奈良男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五ツ嶋奈良男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS