貴乃花光司とは?

たかのはな‐こうじ〔‐クワウジ〕【貴乃花光司】


貴乃花光司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 16:08 UTC 版)

貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 - )は、東京都杉並区出身の二子山部屋(入門時は藤島部屋)に所属した元大相撲力士で第65代横綱である。本名は花田 光司(はなだ こうじ)[2]。愛称は「貴」、「コウジ」。相撲協会退職後は本名や「元 貴乃花親方」「貴乃花氏」「貴乃花さん」と表記されることが多い。


注釈

  1. ^ 2018年1月4日に横綱(事件当時)日馬富士が起こした傷害事件に関連して理事を解任された。#理事解任参照。
  2. ^ 真似をして顔から落ち、「貴花田みたいにやった」と告白した幕下力士がおり、その力士の師匠からいい手本であると称賛された。なお、2021年3月場所の取組中の事故により響龍光稀が死去したため、現在では顔から落ちる相撲は危険であるとして否定的に見られている。
  3. ^ 同時にライバルの大関曙も横綱昇進決定
  4. ^ 朝日新聞1994年9月27日付朝刊スポーツ面によれば、事前の取材から反対票を投じたのは一力、加藤のほか、児島襄坂本朝一三重野康であると推測している。
  5. ^ 貴乃花は2010年理事選出馬の際、「ギャンブルだけはやめてくれ」「違法なギャンブルとか、そういうは絶対にやめてくれよ」「絶対、足元すくわれるから、絶対やめろよ」と貴闘力に言っていたという。貴闘力忠茂#大関・琴光喜名義での野球賭博参照。
  6. ^ 百年コンサルティング代表の鈴木貴博「もしこれが、あなたの会社で起きた(社員同士の暴行)事件だったらどうなのか」という切り口で、なぜ貴乃花が処分の対象となるのかを説明している。それによると、加害者の社員が「会社の業績を左右する特別な存在」であり、その情報を被害者や上司から知らされず"警察経由で"知ることになった場合、部下に被害届を出させた上司は間違いなく『会社から正当な手続きで責任を追及されることになる』。被害届を出させたことではなく、その後、上司(基本的には社長ないし上席役員)に迅速に報告をしなかったことが理由となる。刑事事件に対する経営陣の打ち手が後手に回り、会社の信用に瑕がつく前に、せめて会社側が世間に向けて何らかの対応が出来たかも知れなかったという話になるという(「貴乃花の乱」はなぜ勝ち目がないのか?日馬富士事件を組織力学で読む | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 ダイヤモンド・オンライン 2017年11月24日)
  7. ^ 貴乃花は、相撲教習所に掲げられている『角道の精華』を「陛下からの賜りしの訓」としているが、実際の作者は大井光陽と明記されている。
  8. ^ 若ノ花(のち3代・若乃花)と優勝決定戦
  9. ^ 角番(全1回)
  10. ^ a b c d 武蔵丸と優勝決定戦
  11. ^ 3代・若乃花と優勝決定戦
  12. ^ a b 貴ノ浪と優勝決定戦
  13. ^ 急性腸炎により全休。
  14. ^ 曙・武蔵丸・魁皇と優勝決定戦
  15. ^ 曙と優勝決定戦
  16. ^ 急性上気道炎・肝機能障害により13日目から途中休場
  17. ^ 肝機能障害により5日目から途中休場
  18. ^ 右肩鎖関節亜脱臼・右肩胛骨骨折により11日目から途中休場
  19. ^ 右肩三角筋挫傷・右肩鎖関節亜脱臼・右肩板部分損傷により全休
  20. ^ 左第 4指PIP関節脱臼・陳旧性総指伸筋腱(IV)中央索損傷により3日目から途中休場
  21. ^ 上腕二頭筋短頭筋部分断裂により8日目から途中休場
  22. ^ 左上腕二頭筋腱損傷により全休
  23. ^ 右膝外側半月板損傷疑により全休
  24. ^ a b c d e 右膝外科手術後により全休
  25. ^ 筋力強化不足により全休
  26. ^ 右膝外側半月板損傷により全休
  27. ^ 左肩鎖靱帯損傷により3日目から途中休場、5日目から再出場、9日目に引退

出典

  1. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p23
  2. ^ 貴乃花部屋紹介 貴乃花部屋
  3. ^ a b “貴乃花親方が日本相撲協会に退職願を提出”. 朝日新聞デジタル. (2018年9月25日). https://www.asahi.com/articles/ASL9T4H2DL9TUTQP00W.html?iref=com_flash 2018年9月25日閲覧。 
  4. ^ 法人概要【一般社団法人 貴乃花道場】公式サイト”. takanohanadojo.or.jp. 2019年8月18日閲覧。
  5. ^ 貴乃花光司氏、絵本作家デビュー 鉄拳とコラボでテーマは“家族愛”「次の扉を開けたい」”. ORICON NEWS(2019年3月20日). 2019年3月28日閲覧。
  6. ^ “貴乃花光司氏、芸能事務所とマネジメント業務提携”. ORICON NEWS. (2019年2月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2129763/full/ 2021年7月25日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j 「節目をつけたかった」貴乃花引退会見(後篇)”. スポーツナビ (2003年1月20日). 2003年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  8. ^ 『大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史』(杉並区立郷土博物館編、1991年)
  9. ^ 妊娠6か月のできちゃった結婚だった(婚約会見時には否定していた)。
  10. ^ 元貴乃花親方、花田光司氏と妻・景子さん離婚していた スポニチAnnex(2018年11月26日)2019年1月25日閲覧
  11. ^ 「貴乃花親方の21歳イケメン長男がTV初出演! 注目の職業は…”. スポニチ (2016年10月10日). 2016年10月11日閲覧。
  12. ^ 「貴乃花親方プロフィール”. SHICORE (2018年3月13日). 2018年3月13日閲覧。
  13. ^ a b c d 週刊プレイボーイ 2012年6月4日号 132頁 貴乃花親方の職人気質VOL.023
  14. ^ 週刊プレイボーイ 2013年No.35 117頁 貴乃花親方の職人気質
  15. ^ a b c d e f g ベースボールマガジン社『大相撲戦後70年史』31ページから34ページ
  16. ^ Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p42
  17. ^ 藤田紀子 相撲界の陰湿ないじめ明かす 若貴兄弟もやられた デイリースポーツ 2017.01.27.(2017年10月6日閲覧)
  18. ^ この場所13日目、7番相撲で栃日岳に勝って全勝し十両昇進を決めた際にはNHKの大相撲放送で「史上最年少関取誕生です!わずかに笑いました!」とアナウンスされた。
  19. ^ a b c 週刊プレイボーイ 2012年6月18日号 140頁 貴乃花親方の職人気質 VOL.025
  20. ^ a b c d e f g h i j k 北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)163ページから167ページ
  21. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年6月号86頁
  22. ^ 普通は多くても10番程度。
  23. ^ 『大相撲中継』2017年5月27日号91頁
  24. ^ 『大相撲ジャーナル』2018年3月号 p.103
  25. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年8月号 p50
  26. ^ a b c 朝日新聞1994年9月27日付朝刊スポーツ面
  27. ^ 朝日新聞1994年9月26日付朝刊スポーツ面
  28. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年12月号p45-46
  29. ^ 朝日新聞1994年11月21日付朝刊スポーツ面
  30. ^ 朝日新聞1994年11月22日付朝刊スポーツ面
  31. ^ 朝日新聞1994年11月24日付朝刊スポーツ面
  32. ^ 月刊現代2005年8月号
  33. ^ a b 貴乃花, 光司; 石垣, 篤志 (2019年11月2日). “「二人が名もない花だったら……」貴乃花がいま明かす「宮沢りえとの破局」と「若乃花との対決」”. 週刊文春: p. 4. https://bunshun.jp/articles/-/15084?page=4 2021年7月25日閲覧。 
  34. ^ なお、この場所の初日に貴乃花は当時小結の武双山との取組が組まれたが、突然の休場により「初日から横綱戦が不戦勝では格好つかない」との理由から、急遽割り返しが行われた。割り返し後の武双山は曙と対戦し、武双山が勝利している。
  35. ^ 【私の“奇跡の一枚” 連載63】 真摯な『不惜身命』精神を土俵に結実させた大横綱 ベースボール・マガジン社WEB 2020-03-31(2020年4月12日閲覧)
  36. ^ a b c 2001年5月28日付日刊スポーツ紙面
  37. ^ 自著『生きざま 私と相撲、激闘四十年のすべて』では概して「優勝決定戦の仕切りの際に膝関節が外れたりはまったりした」と振り返っている。
  38. ^ Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p83-87
  39. ^ a b c d e 「悔いはなく、納得している」貴乃花引退会見(前編)”. スポーツナビ (2003年1月20日). 2003年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  40. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年10月13日). “【平成の証言】「痛みに耐えて、よく頑張った。感動した!」(13年2月~6月)” (日本語). 産経ニュース. 2021年1月6日閲覧。
  41. ^ Sports Graphiv Number PLUS April2017(文藝春秋、2017年4月10日)p87
  42. ^ a b 週刊プレイボーイ 2012年6月25日号 133頁 貴乃花親方の職人気質 VOL.026
  43. ^ Sports Graphic Number (文藝春秋)2019年2月28日号 p41
  44. ^ “相撲協会、貴乃花親方に厳重注意 協会運営めぐる発言で”. 朝日新聞. (2005年7月21日). http://web.archive.org/web/20050721003008/http://www.asahi.com:80/sports/update/0718/137.html 2018年9月26日閲覧。 
  45. ^ 「ただ信念あるのみ。自分のなかにあるすべてをかけて闘う」”. ウェブ ゲーテ (2010年1月). 2012年7月10日閲覧。
  46. ^ 貴乃花グループ 今年度から事実上の一門、助成金支給対象に Sponichi Annex 2014年4月10日 05:30
  47. ^ 「貴乃花一門」に変更 他の5つと同等に Archived 2015年4月28日, at the Wayback Machine. MSN産経ニュース 2014.5.24 00:02
  48. ^ 大嶽は解雇処分、阿武松は委員から年寄へ2階級降格の上、10年間昇格なしとされた。阿武松部屋所属力士についても、若荒雄らが謹慎休場の処分を下され、後に古市らが逮捕されている。
  49. ^ a b 辞めない!貴乃花親方 退職願翻意…真相語る - スポニチ Sponichi Annex スポーツ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex(2010年7月6日). 2021年7月7日閲覧。
  50. ^ 貴乃花親方、たった一夜で退職撤回”. デイリースポーツ (2010年7月10日). 2010年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  51. ^ 武蔵川理事長辞任、後任は放駒親方 相撲協会(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 (2010年8月12日). 2021年7月13日閲覧。
  52. ^ 大抜てき!貴乃花理事が審判部長「公明正大に」”. スポーツニッポン (2010年8月21日). 2012年7月10日閲覧。
  53. ^ 貴乃花親方“ポスト北の湖”でリード!理事選で票上積み”. ZAKZAK (2012年1月31日). 2012年7月10日閲覧。
  54. ^ 相撲協会:ナンバー3に貴乃花理事 新体制発足 毎日新聞 2014年04月03日 19時43分
  55. ^ 鶴竜、貴親方の指導で雲竜型土俵入り稽古”. 日刊スポーツ (2014年3月27日). 2014年3月27日閲覧。
  56. ^ 貴乃花親方が両耳手術で入院 耳たぶ腫れ私生活に支障 Sponichi Annex 2014年6月14日 05:30
  57. ^ 貴乃花親方が場所全休へ 体調不良で検査入院 MSN産経ニュース 2014年7月13日 12:26
  58. ^ 貴乃花親方、名古屋場所休場 6月両耳手術…11日に違和感 Sponichi Annex 2014年7月13日 05:30
  59. ^ 貴乃花親方が業務復帰、体調は「大丈夫」 nikaansports.com 2014年7月28日 22:00
  60. ^ 裁判記録に記載 貴乃花親方“付け人殴打10発”の一部始終 日刊ゲンダイDIGITAL 2018年2月7日 22:00
  61. ^ 法廷に出された貴乃花親方“弟子への鉄拳”疑惑 本人は否定 〈週刊朝日〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット) (2018年2月5日). 2019年4月28日閲覧。
  62. ^ 相撲協会が貴乃花部屋の元力士「貴斗志」と和解 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年2月23日). 2019年4月27日閲覧。
  63. ^ “八角理事長が再選「一丸にならないといけない」”. 日刊スポーツ. (2016年3月28日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1623231.html 2021年7月25日閲覧。 
  64. ^ 丸刈り貴乃花親方「誰が理事長に…」不退転の決意 日刊スポーツ 2016年3月3日21時8分
  65. ^ 貴乃花親方は巡業部長 協会常勤の執行部から外れる”. 日刊スポーツ (2016年3月30日). 2016年5月12日閲覧。
  66. ^ “部屋の力士も「どうなるんですか」日馬富士暴行問題 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201711140000374.html 2018年10月30日閲覧。 
  67. ^ 日馬富士、謝罪実現せず 貴乃花親方とすれ違い 日刊スポーツ 2017年11月14日13時19分(日刊スポーツ新聞社、2017年11月15日閲覧)
  68. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「八角理事長再選!わずか5分で決着 貴親方「すがすがしい気持ち」 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年10月28日閲覧。
  69. ^ “被害届出すも聴取には「分からない」貴乃花親方の謎 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201711150000143.html 2018年10月30日閲覧。 
  70. ^ 貴ノ岩 被害後に表敬訪問? 春日野親方「究明する。診断書にはすごいこと書いてある」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2017年11月14日). 2021年1月6日閲覧。
  71. ^ 貴ノ岩 被害後に表敬訪問? 春日野親方「究明する。診断書にはすごいこと書いてある」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. デイリースポーツ(2017年11月14日). 2021年1月6日閲覧。
  72. ^ “貴ノ岩、警察への診断書は「骨折」なし 協会宛てと相違:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASKCJ73V9KCJUTQP03S.html 2018年10月28日閲覧。 
  73. ^ “重傷じゃなかった日馬富士の暴行、貴ノ岩休場の怪 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201711180000144.html 2018年10月28日閲覧。 
  74. ^ “白鵬、日馬のビール瓶殴打を否定「2人は次の日に握手」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASKCJ66QRKCJUTQP02K.html 2018年10月28日閲覧。 
  75. ^ 「日馬富士事件」大相撲からいまだに暴力沙汰が消えないワケ 現代ビジネス 2017.11.26(講談社、2017年11月27日閲覧)
  76. ^ 12月の日刊スポーツ紙面にて判明
  77. ^ 毎日新聞2017年11月20日 大阪夕刊
  78. ^ 日馬暴行問題 貴乃花親方が怪行動…事態の収拾目指す相撲協会大混乱 SANSPO>COM 2017.11.16 05:04(産経新聞社、2017年11月27日閲覧)
  79. ^ 和郎, 八幡 (2017年12月19日). “貴ノ岩を雇用しているのは貴乃花でなく相撲協会だ” (日本語). アゴラ 言論プラットフォーム. 2021年5月4日閲覧。
  80. ^ 貴乃花親方、また協力拒否 日本経済新聞 2017/11/25 20:33(日本経済新聞社、2017年11月27日閲覧)
  81. ^ 貴乃花親方、冬巡業帯同させず 現執行部への不信感が問題複雑に 産経ニュース 2017.11.20 09:59(産経新聞社、2017年11月27日閲覧)
  82. ^ 中日新聞 2018年1月4日 夕刊
  83. ^ 『大相撲中継』2018年2月17日号 p.46-47
  84. ^ 理事解任の貴乃花親方、役員待遇委員の指導普及部副部長に デイリースポーツonline(2018年1月4日)2019年1月25日閲覧
  85. ^ 「貴乃花は忠実義務違反なのか」『産経新聞』2018.2.6
  86. ^ 貴乃花親方、理事選立候補も苦戦か…一門から阿武松親方も 錣山親方も副理事選に名乗り” (日本語). サンスポ (2018年1月30日). 2019年4月27日閲覧。
  87. ^ 無謀だった貴乃花親方 「次の理事」へアピール” (日本語). 日本経済新聞 電子版(2018年2月2日). 2019年4月27日閲覧。
  88. ^ 貴乃花親方が落選 相撲協会理事候補選” (日本語). 日本経済新聞 電子版(2018年2月2日). 2019年4月27日閲覧。
  89. ^ 阿武松親方、貴乃花一門票を一本化で当選も神妙 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年2月2日). 2019年4月27日閲覧。
  90. ^ 記録上では2012年選挙で伊勢ヶ濱(旭富士)も落選している。立候補届け出後投票当日になって立候補を辞退。得票数は0票だった。
  91. ^ 貴乃花親方が激白 暴行事件で協会より先に鳥取県警に通報「正しかった」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2018年2月8日). 2019年4月30日閲覧。
  92. ^ 貴乃花親方が横綱論 白鵬、元日馬富士を痛烈批判「話にならない」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2018年2月8日). 2019年4月30日閲覧。
  93. ^ 貴乃花親方、「グッディ!」の独占インタビューで元日馬富士と白鵬を批判…「話にならない。あんなもの」「そういうことを問われるのは横綱じゃない」” (日本語). スポーツ報知 (2018年2月8日). 2019年4月30日閲覧。
  94. ^ 貴乃花親方、白鵬の粗暴な取り口に「横綱ではないってこと」” (日本語). サンスポ (2018年2月8日). 2019年4月30日閲覧。
  95. ^ 貴乃花親方が横綱論 白鵬、元日馬富士を痛烈批判「話にならない」 デイリースポーツ 2018.02.08 (2020年8月10日閲覧)
  96. ^ 貴乃花親方に批判の嵐 無許可TV出演に緊急年寄り会「ルール守って」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2019年4月30日閲覧。
  97. ^ 場所中のテレビ出演禁止、相撲協会研修会で再確認” (日本語). サンスポ (2018年2月14日). 2019年4月29日閲覧。
  98. ^ 日本相撲協会の協会員はテレビ出演の際に相撲協会に届けを出す義務があり、また本場所や巡業・相撲協会の協会員に取材をするメディア(相撲記者クラブ等に所属している場合も)はあらかじめ申請を出すことになっている。
  99. ^ 相撲協会激怒!貴乃花親方番組「無許可」テレ朝出禁 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年4月30日閲覧。
  100. ^ テレ朝AD、相撲協会の承諾書類を偽造 無許諾放送も:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2018年1月29日). 2019年4月30日閲覧。
  101. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年1月29日). “テレビ朝日、相撲協会に謝罪 映像使用承認書類を偽造” (日本語). 産経ニュース. 2019年4月30日閲覧。
  102. ^ 貴乃花親方“無断テレビ出演”で心境激白の波紋 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社(2018年2月8日). 2019年4月27日閲覧。
  103. ^ 何年後になるか「劇薬」がもたらした効果/記者の目 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019-04-29(2018年3月24日)閲覧。
  104. ^ 貴乃花親方 理事会などの欠席続く 協会幹部から厳しい意見も”. スポニチAnnex(2018年3月9日). 2019年4月29日閲覧。
  105. ^ 貴乃花親方が内閣府に告発状を提出「相撲協会の対応に疑義」「立ち入り検査を」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社(2018年3月9日). 2019年4月27日閲覧。
  106. ^ 貴乃花親方、春場所初日の「無断欠勤」にまた仰天言い訳…協会は即却下” (日本語). サンスポ (2018年3月13日). 2019年4月27日閲覧。
  107. ^ “貴乃花親方「あーす」1秒で早退 もはや奇行…協会幹部 断罪「出勤にならない」”. www.daily.co.jp. (2018年3月17日). https://www.daily.co.jp/general/2018/03/17/0011075329.shtml 2018年9月25日閲覧。 
  108. ^ 貴乃花親方が初出勤、理事長に注意され淡々3分退室 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年3月16日). 2019年4月29日閲覧。
  109. ^ “【貴乃花部屋の貴公俊が暴行】相撲協会と対立する貴親方にとっては致命傷か”. news.nifty.com. (2018年4月19日). https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12136-006092/ 2018年9月25日閲覧。 
  110. ^ 貴乃花親方の弟子・貴公俊が付け人を暴行” (日本語). スポーツ報知 (2018年3月19日). 2019年4月25日閲覧。
  111. ^ 貴乃花親方の弟子・貴公俊が支度部屋で付け人に暴行 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年3月18日). 2019年4月25日閲覧。
  112. ^ 貴公俊、春場所で付け人殴打 峰崎部屋では昨秋から暴行” (日本語). 日本経済新聞 電子版(2018年3月18日). 2019年4月25日閲覧。
  113. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年3月19日). “【貴乃花部屋力士暴行】「事実です。確認しました。深刻です…」弟子の暴力問題に貴乃花親方沈痛” (日本語). 産経ニュース. 2019年4月29日閲覧。
  114. ^ 貴乃花親方、貴公俊の暴行を謝罪「あるまじき行為」” (日本語). スポーツ報知 (2018年3月20日). 2019年4月29日閲覧。
  115. ^ 貴乃花親方、告発状取り下げへ 「一兵卒として出直す」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2018年3月23日). 2019年4月27日閲覧。
  116. ^ “貴公俊を書類送検「寛大な処分」求める意見付き - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201806070000247.html 2018年10月9日閲覧。 
  117. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年6月7日). “傷害容疑、大相撲の貴公俊を書類送検 大阪府警” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/west/news/180607/wst1806070037-n1.html 2018年10月29日閲覧。 
  118. ^ “付け人暴行問題、貴公俊を起訴猶予” (日本語). サンスポ. (2018年6月13日). https://www.sanspo.com/sports/news/20180613/sum18061318270003-n1.html 2018年10月9日閲覧。 
  119. ^ 年寄会「何が不満なの」貴乃花親方に会合出席求める - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年3月21日). 2019年4月27日閲覧。
  120. ^ 臨時年寄総会に貴乃花親方 自らの言動、親方衆に説明へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2018年3月28日). 2019年4月27日閲覧。
  121. ^ 「解雇だ!」貴乃花が相撲協会につるし上げられる 2階級降格処分 〈週刊朝日〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット) (2018年3月29日). 2019年4月21日閲覧。
  122. ^ 貴乃花親方の「解雇」要求も…佐川氏ばり答弁に親方衆から不満続々/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2018年3月29日). 2019年4月27日閲覧。
  123. ^ 貴乃花親方「貴公俊のこと思い」心境変化/一問一答 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年3月28日). 2019年4月27日閲覧。
  124. ^ 貴親方へ厳しい言葉、期待も/年寄会出席親方衆語る - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年3月29日). 2019年5月4日閲覧。
  125. ^ a b 貴乃花、2時間の年寄総会で「袋叩き」か 相撲記者・銅谷氏「泣いたかもしれない」”. J-CASTニュース (2018年3月28日). 2019年4月27日閲覧。
  126. ^ 貴乃花一門は親方の処分に陳情…「お願い」文書提出 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年3月29日). 2019年4月27日閲覧。
  127. ^ 貴乃花親方処分は理事会一任、年寄会は厳罰要求せず - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年3月28日). 2019年4月21日閲覧。
  128. ^ 貴乃花親方は審判委員 相撲協会、新体制で1階級降格(写真=共同)” (日本語). 日本経済新聞 電子版(2018年3月28日). 2019年4月27日閲覧。
  129. ^ “貴乃花親方、協会序列は80人抜かれ 理事時代のナンバー3から転落”. www.daily.co.jp. (2018年3月29日). https://www.daily.co.jp/general/2018/03/29/0011113640.shtml 2018年9月26日閲覧。 
  130. ^ 貴乃花親方、内閣府に提出の告発状を公開 親方衆に:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2018年5月2日). 2019年4月21日閲覧。
  131. ^ 貴乃花親方、一門離脱 今後は無所属の意向” (日本語). 日本経済新聞 電子版(2018年6月22日). 2019年4月28日閲覧。
  132. ^ 阿武松、錣山親方ら9人、二所ノ関一門に加入” (日本語). サンスポ (2018年9月21日). 2019年4月28日閲覧。
  133. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年9月18日). “【大相撲】立浪親方が出羽海一門へ 旧貴乃花一門から離脱” (日本語). 産経ニュース. 2019年4月28日閲覧。
  134. ^ 貴乃花親方退職の一因、一門って何?” (日本語). 日本経済新聞 電子版(2018年9月26日). 2019年4月28日閲覧。
  135. ^ a b 感情のもつれ、貴乃花親方孤立 曲げぬ信念” (日本語). 日本経済新聞 電子版(2018年9月25日). 2019年4月28日閲覧。
  136. ^ a b 阿武松親方、貴親方を説得していたことを明かす「私は心から…」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2018年9月27日). 2019年4月24日閲覧。
  137. ^ 阿武松親方、貴乃花親方の伊勢ケ浜一門入り説得していた” (日本語). スポーツ報知 (2018年9月27日). 2019年4月24日閲覧。
  138. ^ “貴乃花嫌いの親方が「引退歓迎だ」と圧力 力士移籍でも大混乱する日本相撲協会 (1/2) 〈dot.〉- AERA dot. (アエラドット)”. AERA dot. (東京: 朝日新聞出版). (2018年9月27日). https://dot.asahi.com/dot/2018092700086.html?page=1 2018年10月27日閲覧。 
  139. ^ “貴闘力氏「二所一門は入れないと言っていた」貴乃花親方の一門所属問題にコメント : スポーツ報知”. スポーツ報知 (東京: 報知新聞社). (2018年9月26日). https://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20180926-OHT1T50064.html 2018年10月27日閲覧。 
  140. ^ すでに貴乃花親方の「心は折れていた」 会見2週間前の寂しい姿”. FRIDAYデジタル (2018年9月28日). 2019年4月21日閲覧。
  141. ^ ◆コラム◆ 「平成の大横綱」去りて 若林哲治の土俵百景:時事ドットコム 1/3” (日本語). 時事ドットコム(2018年10月10日). 2021年5月4日閲覧。
  142. ^ “貴乃花親方 日本相撲協会に退職届を提出”. NHK News Web. (2018年9月25日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180925/k10011643201000.html?utm_int=news_contents_news-main_001 2018年9月25日閲覧。 
  143. ^ “貴乃花親方が日本相撲協会に退職届を提出”. 東スポ Web. (2018年9月25日). https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/sumou/1135951/ 2018年9月25日閲覧。 
  144. ^ “貴乃花親方、退職へ…日本相撲協会に退職届を提出”. スポーツ報知. (2018年9月25日). https://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20180925-OHT1T50112.html 2018年9月25日閲覧。 
  145. ^ “貴乃花親方、相撲協会に退職届を提出 午後5時から会見”. sanspo.com. (2018年9月25日). https://www.sanspo.com/sports/news/20180925/sum18092514350003-n1.html 2018年9月25日閲覧。 
  146. ^ “貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出”. 毎日新聞. (2018年9月25日). http://mainichi.jp/articles/20180925/k00/00e/050/247000c 2018年9月25日閲覧。 
  147. ^ “貴乃花親方が協会に退職届け提出”. 産経新聞. (2018年9月25日). http://www.sankei.com/sports/news/180925/spo1809250019-n1.html 2018年9月25日閲覧。 
  148. ^ 「相撲」2018年11月号P7に掲載
  149. ^ “「圧力かけてない」相撲協会が反論 貴乃花親方退職問題:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年9月25日). https://www.asahi.com/articles/ASL9T6T82L9TUTQP02T.html 2018年11月6日閲覧。 
  150. ^ “貴乃花に「圧力」かけたのは「側近」阿武松? 元同門も理事就任で「協会側」に : J-CASTニュース”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2018年9月28日). https://www.j-cast.com/2018/09/28339875.html?p=all 2018年11月6日閲覧。 
  151. ^ 一門所属義務は「8月に通達」と阿武松理事 かつて同門、秋場所中も加入打診” (日本語). サンスポ (2018年9月25日). 2019年4月24日閲覧。
  152. ^ 貴乃花親方が会見 退職届不受理の場合も「意思 変わらない」”. NHK News Web (2018年9月25日). 2018年9月25日閲覧。
  153. ^ “貴乃花親方の届を受理せず、圧力は否定「事実一切ない」 日本相撲協会”. 産経新聞. (2018年9月25日). http://www.sankei.com/sports/news/180925/spo1809250038-n1.html 2018年9月25日閲覧。 
  154. ^ “貴乃花親方の引退届 文言、書類不備で受理は保留 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. (2018年9月26日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201809260000134.html 2018年10月30日閲覧。 
  155. ^ “貴乃花親方の一方的要請に千賀ノ浦親方は困惑”. スポーツ報知. (2018年9月26日). https://hochi.news/articles/20180926-OHT1T50041.html 2021年7月25日閲覧。 
  156. ^ “貴乃花親方の弁護士が上申書提出「引退を退職と読み替えて」” (日本語). サンスポ. (2018年9月27日). https://www.sanspo.com/sports/news/20180927/sum18092713200008-n1.html 2018年10月29日閲覧。 
  157. ^ “貴乃花親方に協会ダメ出し 所属先変更願いはコピー - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201809270000841.html 2018年11月1日閲覧。 
  158. ^ “貴乃花部屋力士らの所属先変更願を新たに提出” (日本語). サンスポ. (2018年9月29日). https://www.sanspo.com/sports/news/20180929/sum18092917370003-n1.html 2018年11月1日閲覧。 
  159. ^ “貴乃花親方の弟子移籍、1日に審議 協会が書類受け取る:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. (2018年9月30日). https://www.asahi.com/articles/ASL9Z3HS5L9ZUTQP00F.html 2018年11月1日閲覧。 
  160. ^ 貴乃花親方が退職、臨時理事会が力士の転籍を承認 - スポーツ報知(2018年10月1日) 2019年1月25日閲覧
  161. ^ 貴親方退職、協会が受理 千賀ノ浦親方が1時間半説得も叶わず…八角理事長「残念」” (日本語). www.msn.com. 2018年10月29日閲覧。
  162. ^ 鶴竜関が日本国籍取得 白鵬関に続き、親方への道―大相撲:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム(2020年12月10日). 2021年1月6日閲覧。
  163. ^ 白鵬が日本国籍を取得 引退後も相撲協会に残留可能に:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2019年9月3日). 2021年1月6日閲覧。
  164. ^ “貴乃花親方を支援する「大物宗教家」の正体とは?”. アサ芸プラス. (2018年3月19日). https://www.asagei.com/excerpt/100560 2021年7月25日閲覧。 
  165. ^ 藤田紀子 貴乃花親方との絶縁原因は初代貴ノ花の危篤の際のやりとり/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2018年1月27日). 2019年1月25日閲覧。
  166. ^ 「土俵の鬼」初代若乃花の花田勝治氏が死去/復刻 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2010年9月2日). 2019年2月17日閲覧。
  167. ^ 貴乃花親方を破滅に追い込んだ「忖度相撲人生」” (日本語). J-CAST ニュース (2018年10月1日). 2021年5月25日閲覧。
  168. ^ a b 大鵬、北の湖 大横綱の“格”貴親方に必要だった愛 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年9月26日). 2019年5月3日閲覧。
  169. ^ 貴ノ浪さん急死 大きすぎる貴乃花親方の“損失”” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 東京スポーツ新聞社(2015年6月23日). 2019年7月16日閲覧。
  170. ^ 貴親方悲痛…兄弟子への思い吐露「あの頃に戻りたい」”. スポニチAnnex(2015年6月22日). 2019年7月16日閲覧。
  171. ^ “貴ノ浪急逝 心腹の参謀を失った貴乃花親方には大きな痛手か”. 週刊ポスト. (2015年6月30日). https://www.news-postseven.com/archives/20150630_332643.html?DETAIL 2021年7月25日閲覧。 
  172. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「北太樹が引退 年寄「小野川」襲名 小野川親方は「音羽山」に - スポニチ Sponichi Annex スポーツ」『スポニチ Sponichi Annex』、2018年1月14日。2018年10月28日閲覧。
  173. ^ 身内も激怒 貴乃花親方が“功労者”親方に廃業迫った裏事情|日刊ゲンダイDIGITAL”. 日刊ゲンダイDIGITAL(2018年1月10日). 2021年7月13日閲覧。
  174. ^ ◆コラム◆ 「貴乃花改革」という幻 若林哲治の土俵百景:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム(2018年2月6日). 2021年7月13日閲覧。
  175. ^ どうして力士は短命なのか……歴代横綱の平均没年齢は62歳、相撲改革が必要!” (日本語). ヨミドクター(読売新聞、2021年7月7日). 2021年7月18日閲覧。
  176. ^ “【貴乃花親方 反逆の真実】貴乃花親方と八角親方の確執深めた「小林顧問」の存在 パチンコメーカーからの「裏金疑惑」で協会は提訴” (日本語). zakzak. (2018年1月15日). https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180115/spo1801150003-n1.html 2018年10月23日閲覧。 
  177. ^ ““貴の乱”が本に、協会内の対立構図や“黒幕”の存在なども詳細に記述”. https://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20180220-OHT1T50152.html スポーツ報知(2018年2月20日)2018年11月7日閲覧。
  178. ^ 貴乃花親方と芝田山親方は「仲が良くなかった」貴闘力が明かす 意見真っ向対立 デイリースポーツ 2018.09.26 (2019年9月24日閲覧)
  179. ^ 【記者の目】貴乃花親方、審判部内で孤立…一門も拒否反応 受け入れ先なかった/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2018年9月26日). 2019年6月9日閲覧。
  180. ^ “藤田紀子、貴乃花親方の退職理由を「人間には言えることと言えないことってある」”. www.hochi.co.jp. (2018年9月26日). https://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20180926-OHT1T50106.html 2018年9月26日閲覧。 
  181. ^ NHK刈屋富士雄氏 会見で貴乃花親方に“異例”のお願い 話し合いの際は「応じてほしい」ネット反響”. スポニチAnnex(2018年9月25日). 2019年5月3日閲覧。
  182. ^ 日本放送協会. “貴乃花親方 日本相撲協会に退職届|特集ダイジェスト|NHK ニュースウオッチ9” (日本語). ニュースウオッチ9 - NHK(2018年9月25日). 2019年5月3日閲覧。
  183. ^ 【担当記者が語る貴親方】きまじめで不器用…「光司を頼む」先代との約束守れず”. スポニチAnnex(2018年9月26日). 2019年6月7日閲覧。
  184. ^ 雑誌「NHK大相撲中継」2018年11月1日発売号P14に掲載
  185. ^ 改革への期待と現実。貴乃花親方「引退」までの8年間を振り返る|その他競技|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva 2/3” (日本語). 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva(2018年10月12日). 2021年5月4日閲覧。
  186. ^ アラカン 勝者には何もやるな(1)”. アラカン.com(2012年12月15日). 2021年5月4日閲覧。
  187. ^ 貴乃花・信念の男が目指す「正しき相撲道」とはなんなのか(週刊現代) @gendai_biz”. 現代ビジネス(2017年12月21日). 2021年5月14日閲覧。
  188. ^ 元貴乃花親方 神楽坂の100円ショップでお買い物”. FRIDAYデジタル(2019年7月28日). 2021年5月14日閲覧。
  189. ^ 貴乃花親方は改革者なのか?今後どう戦うのか?独占告白後も消えない疑問の数々(山田順) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人(2018年2月8日). 2021年5月14日閲覧。
  190. ^ 貴乃花親方が池口恵観氏にあてたメール全文 〈週刊朝日〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット) (2017年12月12日). 2021年5月14日閲覧。
  191. ^ ◆コラム◆ 「平成の大横綱」去りて 若林哲治の土俵百景:時事ドットコム 2/3” (日本語). 時事ドットコム(2018年10月10日). 2021年5月4日閲覧。
  192. ^ 貴乃花親方が軟化 理事選にらみ協会との人材育成業務委託契約の誓約書提出” (日本語). スポーツ報知 (2017年12月21日). 2021年4月8日閲覧。
  193. ^ 改革への期待と現実。貴乃花親方「引退」までの8年間を振り返る|その他競技|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva 3/3” (日本語). 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva(2018年10月12日). 2021年5月4日閲覧。
  194. ^ 中原一歩 (2018年2月9日). “「相撲報道は不寛容な日本の象徴」「文春に何者かへの『忖度』感じる」連載休止した能町みね子さんが語る” (日本語). www.businessinsider.jp. 2021年5月4日閲覧。
  195. ^ 貴乃花親方が父・二子山親方を超えられなかった4つの理由” (日本語). J-CAST ニュース (2018年10月3日). 2021年6月3日閲覧。
  196. ^ a b 景子さんの失望、不倫…貴乃花vs花田優一「父子関係崩壊の歴史」”. FRIDAYデジタル(2021年2月10日). 2021年6月2日閲覧。
  197. ^ “視野狭窄”貴乃花 サポ制度導入でタニマチ排除し顰蹙買う|トンズラ退職 貴乃花の仮面を剥ぐ”. 日刊ゲンダイDIGITAL(2018年10月17日). 2021年6月3日閲覧。
  198. ^ 貴乃花有力後援者・辻本公俊氏独白(3)「協会に残る算段はしていた…絵を描いていたのが嫁はん」” (日本語). zakzak. 2021年6月2日閲覧。
  199. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年11月28日). “景子夫人、貴乃花親方窮地に内助の功 全国引っ張りだこ、連日講演で部屋運営支える” (日本語). イザ!. 2021年6月3日閲覧。
  200. ^ 花田氏の恩人が景子さんを擁護「それを言っちゃあおしまい」 | 女性自身” (日本語). WEB女性自身(2018年12月27日). 2021年6月2日閲覧。
  201. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年2月4日). “【産経抄】貴乃花親方の負った傷…「力士の勲章」か、致命傷か 2月4日” (日本語). 産経ニュース. 2021年5月14日閲覧。
  202. ^ 貴乃花親方への共感・反感でわかるサラリーマンの組織忠誠度”. ダイヤモンド・オンライン(2017年12月6日). 2019年5月3日閲覧。
  203. ^ シールズ, レベッカ (2017年12月1日). “スキャンダル相次ぐ日本の角界――何が起きているのか”. BBC NEWS. https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-42191155 2019年5月3日閲覧。 
  204. ^ 世間のイメージにつぶされた平成の大横綱。貴乃花狂騒曲に踊らされた2018年を振り返る” (日本語). VICTORY ALL SPORTS NEWS(2018年12月26日). 2021年4月8日閲覧。
  205. ^ 代表発起人メンバーのご報告|貴乃花応援会”. Pando(パンドゥ). 2019年10月15日閲覧。
  206. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「貴乃花親方「応援会」発足へ SNSで情報発信 IT系の若手経営者らが支える - スポニチ Sponichi Annex スポーツ」『スポニチ Sponichi Annex』、2018年8月12日。2018年10月27日閲覧。
  207. ^ 田川市の「たがわ魅力向上大使」の紹介」『田川市』。2018年11月3日閲覧。
  208. ^ “花田光司氏11月にちびっこ相撲訪問、育成に意欲 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. (2018年10月20日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201810200000541.html 2018年10月27日閲覧。 
  209. ^ “TAGAWAコールマイン・フェスティバル:餅まきに元貴乃花親方 田川で来月3日 /福岡 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. (2018年10月26日). https://mainichi.jp/articles/20181026/ddl/k40/040/400000c 2018年10月27日閲覧。 
  210. ^ “元貴乃花親方おだやかな表情で「炭坑節まつり」参加 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. (2018年11月3日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201811030000381.html 2018年11月3日閲覧。 
  211. ^ 元貴乃花親方、相撲文化の海外進出意欲「広めたい」 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年3月2日). 2019年3月7日閲覧。
  212. ^ 共同通信 (2019年3月2日). “元貴乃花の花田氏、園児と相撲 普及スタート、海外も視野 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2019年3月2日閲覧。
  213. ^ “貴乃花光司氏、笑顔の再始動 相撲イベントの継続誓う「お子さんに夢を」”. ORICON NEWS. (2019年3月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2130712/full/ 2021年7月25日閲覧。 
  214. ^ “元貴乃花「絵本作家」宣言、決断理由は瀬戸内寂聴氏”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年3月20日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190225-OHT1T50108.html 2019年3月20日閲覧。 
  215. ^ “貴乃花、初の単独CM 新恋人質問に苦笑「本当にない」”. サンケイスポーツ. (2019年6月21日). https://www.sanspo.com/article/20190621-E6XZMECDHFO23CQGNOPJJ3S2YQ/ 2021年7月25日閲覧。 
  216. ^ “元貴乃花親方が全国“巡業”プラン、豪快書道も披露”. 日刊スポーツ. (2019年6月20日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201906200000450.html 2021年7月25日閲覧。 
  217. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年6月20日). “貴乃花 光司 (第65代横綱)が、着物姿で豪快な書道を披露!! ふるなび新TV-CMに引退後初の単独出演 ~普段見られないおちゃめな姿も!?~:イザ!” (日本語). イザ!. 2019年6月21日閲覧。
  218. ^ a b 貴乃花、“破格ギャラ要求”で消えた「絵本作家の夢」と「父の甲斐性」” (日本語). 週刊女性PRIME(2021年1月8日). 2021年3月20日閲覧。
  219. ^ 元貴乃花親方に出馬打診!来年7月参院選 本人は「引退報告で来ただけ」”. スポニチAnnex(2018年10月5日). 2021年2月18日閲覧。
  220. ^ 元貴乃花親方、一般社団法人設立へ:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム(2019年05月11日). 2019年5月11日閲覧。
  221. ^ 貴乃花氏が「一般社団法人貴乃花道場」設立へ” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年5月10日). 2019年5月11日閲覧。
  222. ^ MeguEntertainment” (日本語). MeguEntertainment. 2019年5月11日閲覧。
  223. ^ “貴乃花の会 発起人に小渕優子!後援者に届いた驚きの招待状”. 女性自身. (2019年4月17日). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1729495/ 2021年7月25日閲覧。 
  224. ^ 山下泰裕氏が元貴乃花親方の門出にエール「新生・貴乃花親方の成功を祈ってます」” (日本語). スポーツ報知 (2019年5月19日). 2019年5月19日閲覧。
  225. ^ 貴乃花氏が法人設立で世界進出「伝統文化を伝えて参りたい」政界進出は否定/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2019年5月19日). 2019年5月19日閲覧。
  226. ^ 元貴乃花さん道場設立「文化伝えたい」 政界進出は否定:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2019年5月19日). 2019年5月19日閲覧。
  227. ^ 貴乃花氏「相撲の裾野広げて」道場設立で独自の道 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年5月19日). 2019年5月19日閲覧。
  228. ^ 貴乃花氏、NY大で講演 中高生向け夏季親子特別研修で” (日本語). ニューヨークビズ! (2019年8月2日). 2020年2月7日閲覧。
  229. ^ 活動報告”. takanohanadojo.or.jp. 一般社団法人【貴乃花道場】公式サイト. 2020年2月7日閲覧。
  230. ^ 白鵬の“特権”に識者が疑義…“最後の一代年寄”貴乃花は、「資格廃止の提言」をどう見る? | Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]” (日本語). Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ (2021年4月24日). 2021年4月25日閲覧。
  231. ^ 貴乃花光司氏 人生第2章は大学教授 相撲道から学んだ心と体と精神 次世代に継承 Sponichi Annex 2020年3月5日 05:00(2020年3月7日閲覧)
  232. ^ 元貴乃花親方が復興活動「継続は力なり」 福島でちゃんこ振る舞う” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  233. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年3月11日). “元貴乃花親方が復興活動 福島でちゃんこ振る舞う” (日本語). 産経ニュース. 2019年3月11日閲覧。
  234. ^ 福島・双葉郡の避難者ら交流 4月再開のサッカー施設で|山形新聞”. やまがたニュースオンライン(2019年10月5日). 2019年10月5日閲覧。
  235. ^ 貴乃花光司さんが大運動会参加!ちびっ子と玉入れや綱引き対決” (日本語). 福島民友新聞社. 2019年10月21日閲覧。
  236. ^ 福島民報 (2019年10月22日). “貴乃花さん激励 いわきの給水所を慰問 | 福島民報” (日本語). 福島民報. 2019年10月23日閲覧。
  237. ^ 貴乃花さんがサンタクロース いわきの台風避難所慰問”. ORICON NEWS(2019年12月26日). 2019年12月26日閲覧。
  238. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「元貴乃花親方 愛弟子の貴景勝Vに「喜び?全然、全然。まだ序章ですから」 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ」『スポニチ Sponichi Annex』、2018年11月26日。2018年11月26日閲覧。
  239. ^ “貴景勝「本当にうれしい」 元貴乃花親方にも電話で優勝報告” (日本語). サンスポ. (2018年11月26日). https://www.sanspo.com/sports/news/20181126/sum18112611260007-n1.html 2018年11月26日閲覧。 
  240. ^ 貴景勝V 花田光司氏が特別寄稿「景勝よ、闘え!!ここから先は一歩も引くな!!」”. スポニチAnnex(2018年11月26日). 2019年4月19日閲覧。
  241. ^ 元貴ノ岩、涙なし断髪式 元横綱・日馬もはさみ入れ「頑張って下さい」 SANSPO.COM 2019.2.3 05:03(産経新聞社、2019年2月3日閲覧)
  242. ^ 元貴乃花親方、貴ノ岩と「10年は会わない」引退会見当日に着信も“無視” Sponichi Annex 2018年12月10日 19:08(スポーツニッポン新聞社、2019年2月3日閲覧)
  243. ^ 元貴乃花親方怒り激白「言語道断」弟子の裏切り無念 日刊スポーツ 2018年12月7日4時34分(日刊スポーツ新聞社、2019年2月3日閲覧)
  244. ^ “元貴乃花親方「よくやった。でも、これからが相撲道の始まりである」貴景勝の大関昇進に”. スポーツ報知. (2019年3月27日). https://hochi.news/articles/20190326-OHT1T50307.html 2021年7月25日閲覧。 
  245. ^ 貴乃花氏、再出場の貴景勝へエール 生き様を「どれだけ教えてくれるか」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2019年5月19日). 2019年5月19日閲覧。
  246. ^ “角界のロイヤルファミリー”花田家、72年の歴史に終止符” (日本語). スポーツ報知 (2018年10月2日). 2021年4月27日閲覧。
  247. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年12月24日). “花田家が注目を浴び続ける理由、報じる側の事情と“渡鬼化”:イザ!” (日本語). イザ!. 2021年4月27日閲覧。
  248. ^ 社会現象に…大相撲を世にしらしめた「若貴ブーム」 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2019年4月23日). 2021年4月27日閲覧。
  249. ^ 美川、宮沢りえの婚約「ぶっ壊した」 Daily Sports Online 2014年10月6日
  250. ^ 貴乃花と宮沢りえ「破談の真相」、週刊誌現場の嘘みたいな本当の話”. ダイヤモンド・オンライン(2020年5月20日). 2020年5月29日閲覧。
  251. ^ 貴乃花の洗脳騒動はフジテレビに責任の一端か 藤田紀子が明かす” (日本語). ライブドアニュース(2017年12月5日). 2019年3月24日閲覧。
  252. ^ 貴乃花洗脳騒動はフジテレビのせい? 母・花田紀子が「はい」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース”. archive.is (2017年12月6日). 2019年3月24日閲覧。
  253. ^ Sports Graphiv Number PLUS April 2017(文藝春秋、2017年4月10日)p81
  254. ^ a b c d そして誰もいなくなった…「貴乃花」騒動史/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2018年11月29日). 2021年2月20日閲覧。
  255. ^ a b スポーツナビ | ニュース | 貴激白!父の遺産 若には譲らん”. web.archive.org (2005年6月9日). 2021年4月27日閲覧。
  256. ^ 花田勝氏が相続を放棄 唐突と貴乃花親方 (共同通信) - goo ニュース(2005年7月4日)”. web.archive.org (2005年7月6日). 2019年6月2日閲覧。
  257. ^ MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題(2005年7月4日)”. web.archive.org (2005年7月8日). 2019年6月2日閲覧。
  258. ^ “両親だけでなく妻、息子まで…貴乃花「絶縁」の歴史”. リアルライブ. (2021年2月6日). https://npn.co.jp/article/detail/200011019 2021年7月25日閲覧。 
  259. ^ 藤田紀子、貴乃花親方思い涙 疎遠のきっかけ明かす「電話でたしなめて…」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online(2017年7月24日). 2021年4月27日閲覧。
  260. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「元貴乃花親方 景子さんと離婚「夫婦としての卒婚です」 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ」『スポニチ Sponichi Annex』、2018年11月26日。2018年11月26日閲覧。
  261. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「事実上別居長く…元貴乃花親方、景子さんが離婚「卒婚 自分の道を行ってほしいということ」 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ」『スポニチ Sponichi Annex』、2018年11月26日。2018年11月26日閲覧。
  262. ^ “元貴乃花親方、景子さんと離婚…結婚23年「お互いの夫婦関係を卒業する」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年11月27日). https://www.sanspo.com/sports/news/20181127/sum18112705050002-n1.html 2018年11月28日閲覧。 
  263. ^ a b “元貴親方、景子さんの芸能活動意欲に不満 今年夏頃に噴出…離婚一因に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年11月28日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/11/28/kiji/20181127s00005000518000c.html 2018年11月28日閲覧。 
  264. ^ “元貴乃花親方、景子さんとの離婚は「引退きっかけではない」” (日本語). AbemaTIMES. https://abematimes.com/posts/5316940?categoryIds=70274 2018年11月27日閲覧。 
  265. ^ 貴乃花親方、秋田巡業で倒れ救急搬送 意識は回復 - 大相撲 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com(2018年8月21日). 2019年4月18日閲覧。
  266. ^ 「病院に来なかったのが答えだと思った」元貴乃花親方が景子さんと離婚を決めた決定打とは? FNN RRIME 2018年11月28日 水曜 午後7:29(フジニュースネットワーク、2019年2月25日閲覧)
  267. ^ “元貴ノ花親方と景子夫人の離婚「相撲協会の引退を相談せず、亀裂が決定的に…」と後援者”. AERA dot. (朝日新聞出版). (2018年11月27日). https://dot.asahi.com/dot/2018112700020.html?page=1 2018年11月28日閲覧。 
  268. ^ 株式会社フィオーレ・ピアンタッジネの企業情報(東京都江東区)|全国法人情報データベース”. xn--zcklx7evic7044c1qeqrozh7c.com. 2018年12月26日閲覧。
  269. ^ a b 貴乃花新事務所が「ワンルーム」だから囁かれる懐事情” (日本語). デイリー新潮(週刊新潮 2019年7月11日号掲載). 2019年7月13日閲覧。
  270. ^ ワンルームお引越し「元貴乃花」参院選不出馬で“バブル崩壊”危機”. FRIDAYデジタル (2019年7月8日). 2019年7月13日閲覧。
  271. ^ 貴乃花「真剣に人生のパートナーを探し中」 夜のネオン街で目撃証言多数” (日本語). デイリー新潮(週刊新潮 2019年11月7日号掲載). 2019年11月11日閲覧。
  272. ^ “貴乃花、部屋を閉じたきっかけはインドで会った高僧の一言”. FLASH. (2020年2月21日). https://smart-flash.jp/sports/94517 2021年7月25日閲覧。 
  273. ^ 貴乃花、一家で暮らした「5億円豪邸」を売却 “修繕”できない家族関係” (日本語). デイリー新潮(週刊新潮2020年4月2日号). 2021年5月25日閲覧。
  274. ^ “貴乃花氏 長男・優一氏を勘当!歌手デビューした歌も「聞いてません」元夫人・景子さんの恋は応援”. スポーツニッポン. (2021年1月22日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/01/22/kiji/20210122s00005000043000c.html 2021年1月25日閲覧。 
  275. ^ 貴乃花“勘当”長男が決意の告白!“大横綱”父の「虚言」「モラハラ」「暴力」” (日本語). 週刊女性PRIME(2021年2月1日). 2021年3月17日閲覧。
  276. ^ 貴乃花の父子断絶 発端は優一の不倫疑惑と2000万円トラブル” (日本語). NEWSポストセブン(2021年2月19日). 2021年3月17日閲覧。
  277. ^ 「週刊文春」編集部. “貴乃花が初告白 長男・優一氏「ハーレー無断売却」何が起きていたのか”. 文春オンライン(2021年2月9日). 2021年3月17日閲覧。
  278. ^ 【甘口辛口】モンスターペアレントのような貴乃花親方に相撲協会も頭を抱えた - その他 - SANSPO.COM(サンスポ)”. archive.is (2018年12月12日). 2018年12月23日閲覧。
  279. ^ 元安芸乃島の千田川親方 貴乃花親方と口論”. web.archive.org. スポニチAnnex (2004年9月23日). 2021年3月7日閲覧。
  280. ^ 貴親方、安芸と審判部室で大ゲンカ nikkansports.com 2004年9月23日
  281. ^ 【大相撲】千田川親方、貴乃花部屋から高田川部屋へ転籍”. web.archive.org. SANSPO.COM (2004年9月25日). 2021年3月7日閲覧。
  282. ^ 貴親方母憲子さん出廷なら「恥ずかしい」 - 大相撲ニュース” (日本語). nikkansports.com(2008年6月1日). 2021年3月1日閲覧。
  283. ^ 藤田憲子さんが貴親方に謝罪の気持ち示す - 大相撲ニュース” (日本語). nikkansports.com(2008年6月20日). 2021年3月1日閲覧。
  284. ^ 貴親方激怒!母へ「もし本当ならとんでもない人」:相撲:スポーツ:スポーツ報知”. web.archive.org (2008年10月21日). 2021年3月2日閲覧。
  285. ^ 貴乃花親方がスポニチ入り、父と同じ“土俵”に”. スポニチAnnex(2010年1月6日). 2019年2月20日閲覧。
  286. ^ 元大関・栃東の玉ノ井親方が夏場所占う 稀勢は本場所までの2週間が鍵”. スポニチAnnex(2017年5月2日). 2019年2月20日閲覧。
  287. ^ 貴乃花理事解任問題 スポーツ紙で“代理戦争”勃発│NEWSポストセブン”. www.news-postseven.com (2017年12月31日). 2019年2月20日閲覧。
  288. ^ 相撲協会 貴乃花の大物支援者を背任行為で提訴していた│NEWSポストセブン”. www.news-postseven.com (2018年1月19日). 2019年2月20日閲覧。
  289. ^ 貴乃花光司氏 神奈川歯科大で特任教授就任「講義と実技合わせて指導していきたい」”. スポニチAnnex(2020年3月5日). 2020年3月5日閲覧。
  290. ^ 千代の富士戦で金星
  291. ^ 篤志, 貴乃花 光司,石垣. “貴乃花、半年間の密着インタビューで明かした半生「今の私が発せられる限りの言葉がここにある」”. 文春オンライン(2019年10月28日). 2019年11月11日閲覧。
  292. ^ 日本原産ミズナラ樽を使い、日本への敬意を表した特別なスコッチウイスキー 「シーバスリーガル ミズナラ」 2015年12月19日㈯からテレビCMの放映を開始! 大相撲のレジェンド 貴乃花親方と、伝説のマスターブレンダーが共演!”. CM JAPAN (2015年12月17日). 2015年12月18日閲覧。
  293. ^ 10-FEET・TAKUMA、バクホン・松田、シーチキンの新CMでTOSHI-LOWと共演”. rockinon.com (2015年10月19日). 2017年12月28日閲覧。
  294. ^ ふるさと納税サイト「ふるなび」、貴乃花 光司さん (第65代横綱)を起用した新TVCMを公開(PDF)”. 株式会社アイモバイル (2019年6月20日). 2019年6月25日閲覧。
  295. ^ 貴乃花氏、再婚報道の河野景子さんを祝福「幸せでいてもらいたい」 自身は“独り身”楽しむ:北海道新聞 どうしん電子版” (日本語). 北海道新聞 どうしん電子版(2021年1月22日). 2021年2月11日閲覧。
  296. ^ サービス&セキュリティ株式会社” (日本語). サービス&セキュリティ株式会社 (2021年1月22日). 2021年2月11日閲覧。
  297. ^ 新聞全面広告(読売新聞 2017年10月11日、日本経済新聞 2017年11月18日)など
  298. ^ Jリーグ初代チェアマン 川淵三郎氏、第65代横綱 貴乃花親方 「KENCOS」を体感!” (日本語). 株式会社アクアバンク. 2021年5月14日閲覧。
  299. ^ 「貴乃花親方のインターナショナル相撲教室」にアクアバンクがスポンサー協賛いたしました。” (日本語). 株式会社アクアバンク(2019年7月17日). 2021年5月14日閲覧。
  300. ^ KENCOS4”. www.orientalbio.co.jp. 2021年5月14日閲覧。
  301. ^ 貴乃花が吸引する“水素ガス”に医師が警鐘「間違ってもコロナ予防と謳わないで」” (日本語). 週刊女性PRIME(2021年5月25日号). 2021年5月14日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「貴乃花光司」の関連用語

貴乃花光司のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



貴乃花光司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貴乃花光司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS