産業経済新聞社とは?

産業経済新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 21:48 UTC 版)

株式会社産業経済新聞社(さんぎょうけいざいしんぶんしゃ、Sankei Shimbun Co., Ltd.)は、フジサンケイグループ新聞社出版社である。産経新聞サンケイスポーツ夕刊フジの各発行元で、フジ・メディア・ホールディングス持分法適用会社である。通称は産経新聞社(さんけいしんぶんしゃ)。




注釈

  1. ^ 上記設立日は旧・産業経済新聞社(本店は大阪)から分社独立して発足した株式会社産業経済新聞東京本社の設立日。創業は前田久吉が大阪で新聞販売店を開業した1913年(大正2年)。
  2. ^ この当時から片仮名の略称「サンケイ」が採用されている。
  3. ^ 広告など一部ページのカラー化は他紙でも既に行っているが、全ページの常時カラー新聞化は産経新聞が初めて。
  4. ^ 紺地とする説もある。

出典

  1. ^ 旧専売所跡地に女性専用「ホステル」がオープン 東京・神保町に、新たな情報交流・発信の場産業経済新聞社プレスリリース(2018年4月6日閲覧)
  2. ^ 産業経済新聞社「専売所跡地に女性専用「ホステル」オープン 新聞社が「情報交流・発信の場」を建設 東京・神保町、インバウンド需要も照準 - プレスリリース」『PR TIMES』株式会社 PR TIMES、2018年2月23日。2020年2月7日閲覧。
  3. ^ 産経新聞社、約180人の希望退職者を募集 2019年春入社予定の新入社員は2人” (日本語). エキサイトニュース. 2020年6月16日閲覧。
  4. ^ 黒川検事長、記者と賭けマージャンか 週刊文春報道 (写真=共同) :日本経済新聞”. web.archive.org (2020年5月20日). 2020年5月20日閲覧。
  5. ^ “黒川検事長、緊急事態宣言中にマージャン 週刊誌報道:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. http://web.archive.org/save/https://www.asahi.com/articles/ASN5N6H1FN5NUTIL020.html 2020年5月20日閲覧。 
  6. ^ 黒川検事長が今月、産経記者や朝日社員と「賭けマージャン」か…週刊文春報道 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン”. web.archive.org (2020年5月20日). 2020年5月20日閲覧。
  7. ^ “黒川検事長 賭けマージャン報道「事実関係承知せず」官房長官”. NHKニュース. (2020年5月20日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200520/k10012437771000.html 2020年5月20日閲覧。 
  8. ^ 記者ら2人を出勤停止 前検事長と賭けマージャン―産経新聞社”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年6月16日). 2020年6月27日閲覧。
  9. ^ 前検事長と賭け麻雀、産経新聞が記者ら2人懲戒「極めて不適切な行動」”. 読売新聞オンライン. 読売新聞社 (2020年6月16日). 2020年6月27日閲覧。
  10. ^ a b 産経・FNN合同世論調査、委託先社員が不正”. 産経ニュース . 産経デジタル (2020年6月19日). 2020年6月27日閲覧。
  11. ^ 世論調査で架空データ入力 過去14回、フジと産経新聞”. 共同通信社 (2020年6月19日). 2020年6月27日閲覧。
  12. ^ a b フジ・産経の世論調査で不正 委託会社が14回架空データ入力”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年6月19日). 2020年6月27日閲覧。


「産業経済新聞社」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「産業経済新聞社」の関連用語

産業経済新聞社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



産業経済新聞社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの産業経済新聞社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS