ニッポン放送の経営権問題とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ニッポン放送の経営権問題の意味・解説 

ニッポン放送の経営権問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 01:56 UTC 版)

ニッポン放送の経営権問題(にっぽんほうそうのけいえいけんもんだい)では、ニッポン放送の経営権の経緯について述べる。




  1. ^ なお、この仮処分申立事件の裁判長は鹿子木康、ライブドア側の代理人は、三井拓秀塩崎勤ら16名、ニッポン放送側の代理人は久保利英明及び中村直人の2名であった。
  2. ^ ニッポン放送の天井邦夫副社長は「当初から上場廃止を予定していた」としている。


「ニッポン放送の経営権問題」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニッポン放送の経営権問題」の関連用語

ニッポン放送の経営権問題のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ニッポン放送の経営権問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニッポン放送の経営権問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS