仮処分とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 処置 > 仮処分の意味・解説 

かり‐しょぶん【仮処分】

訴訟遅延債務者財産隠匿などによって権利実現が危険に瀕(ひん)している場合、その保全のために、裁判所により暫定的仮定的になされる処分係争物に関する仮処分と、仮の地位定める仮処分とがある。


仮処分(かりしょぶん)


権利関係に争いがあり、確定を待っていたのではその間に著し損害を受ける場合などに、紛争訴訟解決または強制執行の可能となるまで暫定的行われる処分をいう(民事訴訟法760条)。

仮処分は知的財産権以外の一般的な権利侵害訴訟でも認められる。とくに特許権商標権著作権などの知的財産権では、本訴判決確定までに時間がかかるため、たとえ勝訴しても回復できない損害発生することもある。このような場合に仮処分が有効に働く。

執筆弁理士 古谷栄男)

仮処分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/29 04:33 UTC 版)

仮処分(かりしょぶん)とは、債権者からの申立てにより、民事保全法に基づいて裁判所が決定する暫定的処置である。金銭債権以外の権利を保全する点で仮差押と異なる。目的・態様に応じて「係争物に関する仮処分」と「仮の地位を定める仮処分」の二種類がある。




「仮処分」の続きの解説一覧



仮処分と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仮処分」の関連用語

仮処分のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仮処分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2021 FURUTANI PATENT OFFICE
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮処分 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS