商標権とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 特許用語 > 商標権の意味・解説 

しょう ひょうけん しやうへう- [3] 【商標権】

産業財産権の一。指定する商品役務について登録した商標独占的排他的使用できる権利設定登録の日から10年存続する。

商標権

指定商品又は指定役務について登録商標使用専有する権利存続期間設定登録から10年であるが、申請により更新することができる。指定商品もしくは指定役務についての登録商標類似する商標使用、又は指定商品もしくは指定役務類似する商品もしくは役務についての登録商標もしくはこれに類似する商標使用は、商標権の侵害みなされる


商標権(しょうひょうけん)


”商標権”商品サービス役務)の識別標識である商標についての権利である。商標権者は、指定商品サービス)について、登録商標独占的使用することができる(商標法68条)。

商標は、文字図形記号等の平面的なものだけでなく、立体的なものであっても録することができる(たとえば、ケンタッキー・フライドチキンカーネルサンダース人形等)。

商標権者は、他人が、指定商品サービス)に類似する商品サービス)について、登録商標類似する商標使用することを禁止することができ(差止請求権)、侵害によって被った損害賠償させることができる(損害賠償)。

ある指定商品サービス)について、登録商標がある場合他人商標使用使用したときに、商標権侵害となるか否かを、表にすると下記のとおりである。つまり、商品サービス)か、もしくは商標類似ていない場合には、商標権侵害とはならない
同一商標類似商標類似しない商標
同一商品サービス侵害侵害侵害でない
類似商品サービス侵害侵害侵害でない
類似しない商品サービス侵害でない侵害でない侵害でない

2つの商標類似するかどうかは、外観称呼観念の3つによって総合的判断する。ただし、多く場合称呼(つまり読み方)が最も重要な判断基準となる。
また、2つの商品類似するかどうかについては、特許庁が、その基準公開している。

商標権は、一応10年満了するが、登録の更新をすることにより、永久的権利存続させることができる。


商標権

読み方しょうひょうけん
【英】trademark right

商標権とは、特定の商品サービスなどが誰に帰属するものであるかを消費者認識させ、そこから生まれ付加価値確保するための権利である。

他の商品サービス区別するための標識である商標は、文字図形記号などを使って表される。

商標権は、特許庁申請し、審査結果問題なければ効力発揮する。商標取得することで、事業者消費者に対し信用力ブランド力与えることができる。また、消費者にとっては、品質測る指標として認識することができる。他人から商標侵害された場合は、侵害行為差し止め損害賠償員の請求など、法的手段により商標権を守ることができる。

商標権の存続期間は、登録日から10年間であるが、更新繰り返すことで、権利維持することができる。


商標

(商標権 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/17 14:11 UTC 版)

商標(しょうひょう)は、商品役務を提供される需要者に、提供者を伝達する標識。本記事はおもに商取引上の意味を記す。




  1. ^ [1]商標とは | 経済産業省 特許庁
  2. ^ [2](判例の商標的使用論の例) 参考資料2


「商標」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「商標権」の関連用語

商標権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



商標権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2020 FURUTANI PATENT OFFICE
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ商標権の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの商標 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS