判断基準とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 基準 > 判断基準の意味・解説 

判断基準


判断基準


判断基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/30 20:46 UTC 版)

過労死ライン」の記事における「判断基準」の解説

発症前2か月間ないし6か月間にわたって1か月当たおおむね80時間を超える時間外労働1日8時勤務1か月労働日20日として月160時間労働とする。1日4時間の時間外労働をして、1日12時間勤務が続く状態。又は労働日20日2時間時間外労働と、1日10時勤務4日法定外休日出勤という1日10時勤務が続く状態、1ヶ月総労働時間240時間)が認められる場合。 あるいは、発症1か月間におおむね100時間1日8時勤務1か月労働日20日とすると。1日5時間の時間外労働をして、1日13時勤務が続く状態。又は労働日20日2時間50分の時間外労働と、1日10時50勤務4日法定外休日出勤という1日10時50勤務が続く状態、1ヶ月総労働時間260時間を超える時間外労働認められる場合をいう。 その他、発症1か月間ないし6か月間にわたって1か月当たおおむね45時間1日8時勤務1か月労働日20日とすると。1日2時間15分時間外労働をして、1日10時15分勤務が続く状態。又は労働日20日3230秒時間外労働と、1日8時3230秒勤務4日法定外休日出勤という1日8時3230秒勤務が続く状態、1ヶ月総労働時間205時間を超え時間外労働時間長くなるほど、業務発症との関連性徐々に強まると評価できる

※この「判断基準」の解説は、「過労死ライン」の解説の一部です。
「判断基準」を含む「過労死ライン」の記事については、「過労死ライン」の概要を参照ください。


判断基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 23:00 UTC 版)

ブルドン抹消検査」の記事における「判断基準」の解説

基準値には諸説あり、基準値改定求める声もある。金沢大学学生100人(18-27歳)での試験以下に示す。 記載完了までの平均時間は7分31秒、最頻値6分20秒であったが10分20を超える学生は非常に少なかった正常な学生では1220を超える者は居なかった。精神科入院患者対象行った試験では全体21%が1240を超えた。 脱漏数は平均11.6個であるが、最頻値は4個であった検査用紙説明書には正常値は14.1個までとされる脱漏数が20を超えると、通常の労務就業には支障がある可能性が高いと考えられる。 脱行や誤マークは、正常学生群では皆無であった。健常者ではまず観察されないとされている

※この「判断基準」の解説は、「ブルドン抹消検査」の解説の一部です。
「判断基準」を含む「ブルドン抹消検査」の記事については、「ブルドン抹消検査」の概要を参照ください。


判断基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 06:43 UTC 版)

進歩性」の記事における「判断基準」の解説

発明進歩性判断するにあたっては、何を先行技術として、いつ、誰にとって容易に成し遂げることができたことをもって容易とするのが問題となる。

※この「判断基準」の解説は、「進歩性」の解説の一部です。
「判断基準」を含む「進歩性」の記事については、「進歩性」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「判断基準」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「判断基準」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



判断基準と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「判断基準」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる固定比率とは

    株式の投資基準とされる固定比率とは、企業の固定資産の株主資本に対する割合をパーセンテージで表したものです。固定比率は、固定資産は返済不要の株主資本以下に収めるべきという考えに基づいて算出し、投資の判断...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「判断基準」の関連用語

判断基準のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



判断基準のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの過労死ライン (改訂履歴)、ブルドン抹消検査 (改訂履歴)、進歩性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS