パンツとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > ズボン > パンツの意味・解説 

パンツ【pants】

読み方:ぱんつ

ズボンスラックス。「コットン—」「—ルック

ズボン式の短い下ばき。ブリーフ・ズロースなど。

「パンツ」に似た言葉

パンツ

作者バリー・ユアグロー

収載図書ケータイ・ストーリーズ
出版社新潮社
刊行年月2005.4


パンツ

名前 Pants

パンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 04:22 UTC 版)

パンツ(pants)は




「パンツ」の続きの解説一覧

パンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 01:26 UTC 版)

アイビールック」の記事における「パンツ」の解説

グレイフラノのノータックパンツで、シルエット普通型かテーパードタイプ。裾は好みに応じてダブル加工施してもよい。

※この「パンツ」の解説は、「アイビールック」の解説の一部です。
「パンツ」を含む「アイビールック」の記事については、「アイビールック」の概要を参照ください。


パンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/21 15:35 UTC 版)

ゴールテンダー」の記事における「パンツ」の解説

ゴールテンダー着用するショートパンツ他のポジションフォワードディフェンス)の選手の身に付けるものと似通っている大腿部には厚めパッド当てられ、また大腿部後ろ側尾骶骨臀部ウエスト保護するために、パンツの横と後ろ側には軽めパッド施されている。

※この「パンツ」の解説は、「ゴールテンダー」の解説の一部です。
「パンツ」を含む「ゴールテンダー」の記事については、「ゴールテンダー」の概要を参照ください。


パンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 09:33 UTC 版)

野球ユニフォーム」の記事における「パンツ」の解説

野球用パンツは膝下丈ダブダブいわゆるニッカボッカ本来のスタイルであり、これに厚いストッキング組み合わせることで運動時の機能性と安全を両立させるという考え方から誕生している。しかしこの原則丈夫で伸縮性に富むダブルニット素材開発され1970年代以降は無意味なものとなり、ユニフォーム着こなし大きく変化した伝統的なスタイル様式として残存しているものの、パンツに関して個人好み時代による流行変遷著しくなっている。 1970年代には多くの球団がベルトレススタイルを採用したが、一時の流行に留まり1990年代にはほぼみられなくなった一方でパンツの丈はストッキング反比例するかのように下が続けその結果としてストッキングの柄が露出することがなくなったため、ストライプなど独自の意匠配することをやめてしまったチームも多い。1990年代にはついに足首までぴったりとフィットしたスタイル主流となり、ストッキング完全にその役割失った2000年代からルーズなシルエットのパンツが流行し広がった裾がスパイク覆い隠すようなスタイル主流となっている。大半メジャーリーガー着用していることから、このルーズなズボンは 「プロフレア」と呼ばれている。 一方でこうした流行叛旗翻しクラシックな膝丈スタイル愛好する選手黒人選手中心に一定数存在し2010年代以降は若い選手中心として徐々に増加している。また復刻版ユニフォームを着る場合は、そうした服が着られていた時代雰囲気作るために、通常ルーズな着こなしをする選手クラシックスタイルを取るのが一般的である。鐙型のストッキングの重ね履きにもリバイバル兆しがあり、多くのチームストッキングのストライプ復活している。さらに近年MLBでは、パンツの裾を膝上にまで上げ極端な着こなしを行う選手登場している。

※この「パンツ」の解説は、「野球ユニフォーム」の解説の一部です。
「パンツ」を含む「野球ユニフォーム」の記事については、「野球ユニフォーム」の概要を参照ください。


パンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 09:31 UTC 版)

Gu-Guガンモ」の記事における「パンツ」の解説

おしんの友人一人で田舎チームリーダ格の威張っていおかっぱ頭少女一人称は「オラ」。あゆみをお嬢様呼び、いつもあゆみの別荘の厄介になっている。語尾に「~だべ」とつけて話す根っから田舎者少女都会の人間に敵対心を持っており、「ダセエ」という言葉を嫌うことからリンダたちを標的したことがあるキャンプやってきた半平太たちに攻撃しかけたりリンダたちに白トラ柄のパンツをまともに見せたりした。試合のときにノーパン出て大恥をかいた。

※この「パンツ」の解説は、「Gu-Guガンモ」の解説の一部です。
「パンツ」を含む「Gu-Guガンモ」の記事については、「Gu-Guガンモ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パンツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

パンツ

出典:『Wiktionary』 (2021/11/21 23:51 UTC 版)

名詞

パンツ

  1. ズボン
  2. 下半身に穿く短い肌着

発音(?)

語源

英語: pants

熟語

関連語

諸言語への影響

中国語: 胖次(pàngcì)

翻訳


「パンツ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



パンツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パンツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ワコールワコール
© WACOAL CORP. ALL RIGHTS RESERVED.
ワコール下着用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイビールック (改訂履歴)、ゴールテンダー (改訂履歴)、野球ユニフォーム (改訂履歴)、Gu-Guガンモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのパンツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS