唯一無二とは?

ゆい いつむに [1][1]唯一無二

名 ・形動 [文] ナリ
ただ一つだけあって二つとない・こと(さま)。 -の親友 -の方策 世界に-の珍宝


唯一無二

読み方:ゆいいつむに

唯一無二(ゆいいつむに)とは、他に代わり無くただ一つしかない、あるいは他に並ぶものがないほど程度飛びぬけているといった意味の表現

唯一無二の語源
唯一無二は、「唯一ゆいいつ)」と「無二(むに)」の二語によって構成されている。「唯一」は、「ただ一つだけでそれ以外にはないこと、たったひとつ」という意味を持つ。「無二」には、「ふたつとないこと、かけがえのないこと」という意味があり、ただ一つであることを表すのみでなく、それが最良のものであるという意味を持つ。「唯一」にも「無二」にも「ただ一つだけ」という同じ意味があり、「唯一無二」は同じ意味を持つ熟語が並ぶことで「ただ一つのもの」という意味を強調している。

唯一無二の用法
唯一無二は、「たった一つしかない、特別に大切なもの」という意味を表すときに用いる。

唯一無二の例文
「彼は唯一無二の存在だ」
「うちの愛犬は、唯一無二の宝物なのです
唯一無二の作品を描き上げこの世に残したい」

唯一無二の類語使い分け
唯一無二の類語には「類いない(たぐいない)」がある。「類いない」の意味は「他に比べるものがないくらい、その程度がちがう」である。唯一無二が「たった一つのもので、最良のもの」という意味であるに対して類いない」は程度はなはだしいことを表しており、必ずしも「最良」のニュアンスを含むわけではない。 「彼は唯一無二の親友だ」と書けば「彼は最高の親友だ」という意味になり、「彼の知識量は類いない」と書けば「彼の知識量は、他人比べものにならないほど多い」という意味になる。

唯一無二の類語として、他には「無二無三むにむさん)」がある。「無二無三」の意味は「この世にただひとつだけで他には存在しない」である。「二も無く三も無い、あるいのは一だけである」という成り立ちから、「たったひとつのもの」という意味を表している。

唯一無二の対義語
唯一無二の対義語として「有象無象うぞうむぞう)」を挙げる有象無象とは「多く集まった、つまらない人たち」という意味であり、主に批判的ニュアンスを持って用いられる。唯一無二が「たったひとつの最良のもの」という意味を持つのに対して有象無象反対にたくさんある、つまらないもの」という意味を表している。「たくさんの人が集まったが、彼らは有象無象集団だ」などと用いる。

他には、唯一無二の対義語として「星の数ほどある」といった表現考えられる。唯一無二がたったひとつしかないことを表すのに対して、「星の数ほどある」は「数え切れないほどある」という意味を表している。「彼女は自分にとって唯一無二の存在だ」という言い方に対して、「彼女くらいの人物なら、星の数ほどいるよ」などと用いる。 

唯一無二

手作りされた印章は貴方の為だけのオリジナル印章であるということ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「唯一無二」の関連用語

唯一無二のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



唯一無二のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2020 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.

©2020 Weblio RSS