スタイリングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > > スタイリングの意味・解説 

スタイリング【styling】

読み方:すたいりんぐ

デザインの様式。型。

インダストリアルデザインで、製品機構そのままで外側スタイルだけを変えること。

服飾で、1枚の服に、帽子、靴、その他のアクセサリー添えるなどして効果的なスタイルかたちづくること。

髪の毛整えること。

「スタイリング」に似た言葉

スタイリング

名前 Styling

スタイリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 23:54 UTC 版)

フェラーリ・365GTB/4」の記事における「スタイリング」の解説

前身の275GTB/4のクラシカル美しさとは対照的な1970年代的なダイナミックな新しさ持ちながら破綻のないピニンファリーナレオナルド・フィオラヴァンティによるデザインである。 初期型透明なプレクシグラスPlexiglasアクリル樹脂商品名内に4灯式ヘッドライト備えていたが、主要な市場であるアメリカ安全基準に合致させるため、1970年にリトラクタブル式に変更された。

※この「スタイリング」の解説は、「フェラーリ・365GTB/4」の解説の一部です。
「スタイリング」を含む「フェラーリ・365GTB/4」の記事については、「フェラーリ・365GTB/4」の概要を参照ください。


スタイリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 05:13 UTC 版)

フェラーリ・812スーパーファスト」の記事における「スタイリング」の解説

デザインはフェラーリスタイリングセンターが担当しロングノーズ&ハイテールのリアは、365GTBをイメージさせ、フェラーリは「ハイ・テールの 2ボックス・スタイル1969年輝かし名車 365GTB4 を想起させます」と述べている。ヘッドライトフルLEDテールランプGTC4ルッソ続き丸型4灯テールライト採用された2017年フェラーリ創業70周年迎えことから、812スーパーファストには70周年記念した特別色、Rosso Settanta anni(ロッソセッタンタニ)、とMatte Warm Grey(マットウォームグレイ)が用意された

※この「スタイリング」の解説は、「フェラーリ・812スーパーファスト」の解説の一部です。
「スタイリング」を含む「フェラーリ・812スーパーファスト」の記事については、「フェラーリ・812スーパーファスト」の概要を参照ください。


スタイリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 00:31 UTC 版)

フェラーリ・F12ベルリネッタ」の記事における「スタイリング」の解説

F12ベルリネッタ全長4,618mm、全幅1,942mm、全高1,273mmとなり599より全長47mm、全幅20mm、全高63mmそれぞれ小さくなった。エンジン搭載位置着座位置下げられたため車高低くなり、スポーティーなスタイリングをかもしだしている。フロントタイヤドア間にはエアロブリッジと呼ばれるダクト設けられえぐられドア通り空気整流する仕組みとなっている。テールランプは2灯式となりこれですべての現行フェラーリが2灯式となったリアフォグランプはリアビューカメラが内蔵されLEDタイプ採用しF1テールランプ風の中央一灯となっている。トランク独立したリッドではなくリアガラスハッチごと跳ね上げる方式である。

※この「スタイリング」の解説は、「フェラーリ・F12ベルリネッタ」の解説の一部です。
「スタイリング」を含む「フェラーリ・F12ベルリネッタ」の記事については、「フェラーリ・F12ベルリネッタ」の概要を参照ください。


スタイリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 22:54 UTC 版)

フェラーリ・F430」の記事における「スタイリング」の解説

ボディデザインピニンファリーナチーフデザイナーフランク・ステファンソン手掛け基本的に先代360踏襲したかたちになっているが、ボディはより煮詰められ空力特性向上している。空気抵抗値は360変わらず、しかし360ネックだったダウンフォース大幅に高められている。特徴的なフロントノーズ回り1961年F1制した156F1、および1961年のル・マン24時間レース優勝車250TR61のシャークノーズ呼ばれるデザインモチーフとし、ライト1つのプロジェクターランプでハイ/ロービーム切り替えるバイキセノンヘッドライトが採用されたテスタロッサ思わせるサイドミラーには『F430の文字刻まれている。 テール部分フェラーリ・エンツォフェラーリ同じく尾灯上面露出した造形となっており、意匠的に新しく生まれ変わっている。 リアエンド下部には大型のディフューザー装着され走行時のダウンフォース発生大きく寄与している。 また、タイヤも、490PSの大出力に対応するため360モデナよりもサイズアップされ、フロント225/35ZR19、リア285/35ZR19となっている。

※この「スタイリング」の解説は、「フェラーリ・F430」の解説の一部です。
「スタイリング」を含む「フェラーリ・F430」の記事については、「フェラーリ・F430」の概要を参照ください。


スタイリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 08:37 UTC 版)

ホンダ・アコードエアロデッキ」の記事における「スタイリング」の解説

セダンと同様リトラクタブル・ヘッドライト採用し、窓周りフラッシュサーフェス化によりCd値当時としては良好な0.34を達成している。セダン同寸の2,600 mmというロングホイールベースや、ワンダーシビックの流れを汲むワゴンタイプシルエットにより、3ドアハッチバックながら中型セダン並み後席スペース確保した長く伸びたルーフ後端を少し下げ気味に傾斜させ、リアハッチ(バックドア)につながる荷室後部の屋根ガラス張りとした独特の外観は、当時の日本市場では受け入れられず、国内販売不振であった。一方英国市場では、すでにシューティングブレークなどで2ドアワゴンというジャンル確立していたこと、欧州でもワンダーシビックの影響で比較好評であった

※この「スタイリング」の解説は、「ホンダ・アコードエアロデッキ」の解説の一部です。
「スタイリング」を含む「ホンダ・アコードエアロデッキ」の記事については、「ホンダ・アコードエアロデッキ」の概要を参照ください。


スタイリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 03:51 UTC 版)

シトロエン・GS」の記事における「スタイリング」の解説

内外装ともにイタリア人フラミニオ・ベルトーニの後をうけたシトロエンのチーフデザイナーロベール・オプロンの率い社内チームデザインされた。しかしGSには1967年ピニンファリーナオースチン1800 / 1100ベースデザインした空力的なファストバックセダンのプロトタイプ、「エアロディナミカ1800/1100」の影響顕著に見られる従っ100%オプロンやシトロエン創作とは言えないもののGSスタイルは、特にフロント周りやリアホイールアーチの処理に見られるシトロエンらしさ、良好な空力特性、そしてエレガンス同時に実現した1970年代カーデザイン傑作で時流大きく先んずるものであったまた、1974年デビューする上級モデルCX」のデザインGS延長線上にある。 そのボディスタイルにもかかわらずトランク独立式で、リアシートも可倒式ではなかった。GSルノー・16をはじめとする5ドアハッチバック車の流行追ってハッチバック採用するのは、1979年発表発展型「GSAからである

※この「スタイリング」の解説は、「シトロエン・GS」の解説の一部です。
「スタイリング」を含む「シトロエン・GS」の記事については、「シトロエン・GS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スタイリング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スタイリング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スタイリングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スタイリングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スタイリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフェラーリ・365GTB/4 (改訂履歴)、フェラーリ・812スーパーファスト (改訂履歴)、フェラーリ・F12ベルリネッタ (改訂履歴)、フェラーリ・F430 (改訂履歴)、ホンダ・アコードエアロデッキ (改訂履歴)、シトロエン・GS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS