1970年代とは? わかりやすく解説

1970年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/01 00:16 UTC 版)

(せんきゅうひゃくななじゅうねんだい)は、西暦グレゴリオ暦)1970年から1979年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1970年代について記載する。


  1. ^ 新版では21世紀前半の出来事に書き直されている。
  1. ^ アーサー・C・クラーク 『幼年期の終り』早川書房、1979年、12-18,23,28-30頁。ISBN 978-4-15-010341-5 
  2. ^ アーサー・C・クラーク 『幼年期の終わり』光文社、2007年、9,20-22,450頁。ISBN 978-4-334-75144-9 
  3. ^ アーサー・C・クラーク 『失われた宇宙の旅2001』早川書房、2000年、11,16-19頁。ISBN 978-4-15-011308-7 
  4. ^ フィリップ・K・ディック 『アルベマス』東京創元社、1995年、107,109,293-295,333-341,346,354,362頁。ISBN 978-4-488-69613-9 
  5. ^ スタニスワフ・レム『天の声』サンリオ、1982年、6・35・42・62 - 75・86・89・99・130 - 133・206 - 211・329頁。NCID BA58553778
  6. ^ ウィリアム・ギブスン 『ニューロマンサー』早川書房、1986年、121,122,435頁。ISBN 978-4-15-010672-0 


「1970年代」の続きの解説一覧

(1969年~)1970年代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 05:49 UTC 版)

スティーヴン・スピルバーグ」の記事における「(1969年~)1970年代」の解説

スタジオ契約し1969年プロ監督として初め手掛けた作品は、ロッド・サーリング脚本手掛けたテレビシリーズ四次元への招待パイロット版一編「アイズ」1971年には『刑事コロンボ』第3作目である構想死角」で監督務めたほか、テレビ映画として撮った激突!』が評判呼び海外劇場公開されたことで、スピルバーグの名が世界知られるようになる1974年に『続・激突! カージャック』で、劇場用映画監督進出する1975年公開されたジョーズ』は、それまで『ゴッドファーザー』記録破り1977年に『スター・ウォーズ』に抜かれるまで世界歴代興行収入1位記録する大ヒットとなり、一流監督仲間入り果たす。1977年公開された人類宇宙人コンタクト描いた未知との遭遇』も話題となった

※この「(1969年~)1970年代」の解説は、「スティーヴン・スピルバーグ」の解説の一部です。
「(1969年~)1970年代」を含む「スティーヴン・スピルバーグ」の記事については、「スティーヴン・スピルバーグ」の概要を参照ください。


1970年代(1976年〜)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 23:21 UTC 版)

月刊プリンセス」の記事における「1970年代(1976年〜)」の解説

1976年1月号か『イブの息子たち』青池保子)、同年10月号から『王家の紋章』(細川智栄子あんど芙〜みん)、1977年9月号から『アンジェリク』(原作 セルジュ・ゴロン&アン・ゴロン作画 木原敏江)、同年10月号から『オリンポスのポロン』(吾妻ひでお)、1979年9月号か『エロイカより愛をこめて』青池保子)が連載開始、これらは人気作品となり部数80万部突破黄金期始まる。 他にこの時期の作品としては『孔雀の微笑』(イケスミチエコ)、『青春ラブ40』、『花詩集』、『わたしのお気に入り』(せがわ真子)、『恋のフーガ』、『危険な関係』、『プレイボーイブルース』(忠津陽子)、『クレア』(村野守美)、『・けん・ケン物語』、『水の町』(樹村みのり)、『はいどうぞ!』(中山星香)、『天使挽歌』(原作日向葵作画わたなべまさこ)、『港のマルタデラシネ』、『4月たそがれの海』(わたなべまさこ)、『はるかなる国 遠い詩』、『すぎ去りし日の…』(あすなひろし)、『恐怖の復活』(和田慎二)、『わんぱく天使』(赤塚不二夫)、『母恋い千鳥』(古谷三敏)、『少女ろまん』、『花々に住む子供』、『ヨーロッパみぎひだり』(萩尾望都)、『満智子すてきな小劇場』(里中満智子)、『タンポポ』(大島弓子)、『クリスマス』(山岸凉子)、『振袖無頼控』、『黄昏』(山田ミネコ)、『君よ私に口づけを』(ささやななえ)、『翔べ翔べドンキー』(吾妻ひでお)などがある。 また、この頃大御所漫画家多く起用していたこともあり変奏曲シリーズ』の一編である『アンダルシア恋歌マドリガル)』(原作 増山のりえ作画 竹宮恵子)、『最終戦争シリーズ』の一編である『メランコリー・ブルー』(山田ミネコ)、『アメリカン・パイ』(萩尾望都)、『 リベルテ144時間』(大島弓子)、『フェネラ』、『白木蓮抄』、『四季つづり』、『カルキのくる日』、『夢ゆり育て』、『アナスタシアおとなり』(花郁悠紀子)、『ラムちゃんの戦争』、『アラビアン狂想曲』、『恐怖の復活』(和田慎二)など読みきり短期集中連載作品など作品にも知名度の高い作品存在する

※この「1970年代(1976年〜)」の解説は、「月刊プリンセス」の解説の一部です。
「1970年代(1976年〜)」を含む「月刊プリンセス」の記事については、「月刊プリンセス」の概要を参照ください。


1970年代(第二世代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 21:58 UTC 版)

スケートボード」の記事における「1970年代(第二世代)」の解説

それまで単なるサーフィン練習用のものから、グラスファイバー使ったスラローム向けの小さめ(幅約15cm)の板と、合板使ったランプ向けの大きめ(幅約25cm程)の板に分派したウィールポリウレタン一般化する。 プレイスタイルとしては、ボウルハーフパイプ備えたスケートパーク建設され様々な技が生み出されるパーク外でもフラットランドスケートボーディングが発達する1978年にはアラン・ゲレファンドがランプ斜面)で手を使わずボード浮かせる技「ノーハンドエアリアル」を開発する。この技は彼のニックネームである「オーリー(Ollie)」の名で広まった。 またこの時代より、大きめの板の「裏側」に着目して飲料水メーカーなどのグラフィック描かれる様になる。この裏面のグラフィックアートが、その世代流行反映しながら今日まで続いている有名なところではZ-Boys世間に名を知らしめた時代である。

※この「1970年代(第二世代)」の解説は、「スケートボード」の解説の一部です。
「1970年代(第二世代)」を含む「スケートボード」の記事については、「スケートボード」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1970年代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1970年代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1970年代」の関連用語

1970年代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1970年代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1970年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスティーヴン・スピルバーグ (改訂履歴)、月刊プリンセス (改訂履歴)、スケートボード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS