黄昏とは? わかりやすく解説

こう‐こん〔クワウ‐〕【黄×昏】

読み方:こうこん

日の暮れかかること。夕暮れたそがれ

到着せしは―の頃なりしが」〈福田英子妾の半生涯

戌(いぬ)の刻。〈下学集

黄昏の画像
黄昏(2)

たそ‐がれ【黄昏】

読み方:たそがれ

古くは「たそかれ」。「誰(た)そ彼(かれ)は」と、人の見分けがつきにくい時分の意》

夕方薄暗い時。夕暮れ

盛りを過ぎて終わりに近づこうとするころ。「人生の―」

[補説] 作品名別項。→黄昏


たそがれ【黄昏】


黄昏

読み方:タソガレtasogare), コウコン(koukon)

夕方薄暗いとき


アルフテル, エルネスト:黄昏

英語表記/番号出版情報
アルフテル, エルネスト:黄昏Crepúsculos作曲年1920年  出版年1986年  初版出版地/出版社Eschig 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 城の古時計 El viejo reloj del castillo 5分00 No Image
2 子守歌 Berceuse2分00 No Image
3 の庵 Una ermita en el bosque 2分30秒 No Image

黄昏

英語表記/番号出版情報
ロイド:黄昏Eventide for Two Pianos
エスプラ:黄昏Crepusculum Op.15作曲年1912年 

黄昏

作者伊達一行

収載図書妖言
出版社集英社
刊行年月1993.11

収載図書妖言
出版社集英社
刊行年月1997.9
シリーズ名集英社文庫


黄昏

作者稲葉真弓

収載図書繭は緑
出版社中央公論社
刊行年月1995.5


黄昏

作者エリザベス・スペンサー

収載図書黄昏―エリザベス・スペンサー短篇集
出版社松柏社
刊行年月1998.4


黄昏

作者宮本百合子

収載図書宮本百合子全集 第2巻 小説
出版社新日本出版社
刊行年月2001.1


黄昏

作者三木俊昭

収載図書大路治川
出版社東京図書出版会
刊行年月2002.2


黄昏

作者島崎藤村

収載図書島崎藤村短編集 第2巻 藤村集・散
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4

収載図書明治大小品
出版社おうふう
刊行年月2006.4


黄昏

作者中村亨

収載図書無限ホテル
出版社文芸社
刊行年月2004.6


黄昏

作者岡本隆明

収載図書すいかずら
出版社水曜
刊行年月2007.2


黄昏

作者イーユン・リー

収載図書千年の祈り
出版社新潮社
刊行年月2007.7


黄昏

読み方:タソガレtasogare

作者 北原武夫

初出 昭和47年

ジャンル 小説


黄昏

読み方:タソガレtasogare

作者 久保田万太郎

初出 大正12年

ジャンル 小説


黄昏

読み方:タソガレtasogare

作者 鷹野つぎ

初出 大正11年

ジャンル 小説


黄昏

読み方:タソガレtasogare

作者 中谷孝雄

初出 昭和14年

ジャンル 小説


黄昏

読み方:タソガレtasogare

作者 人見東明

初出 明治42年

ジャンル 小説


黄昏

読み方:タソガレtasogare

作者 宮本百合子

初出 大正11年

ジャンル 小説


黄昏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/04 07:22 UTC 版)

黄昏(たそがれ、たそかれ、コウコン 英:twilight)は、一日のうち日没直後、雲のない西の空に夕焼けの名残りの「赤さ」が残る時間帯である。黄昏時(たそがれどき)。黄昏る(たそがれる)という動詞形もある。


  1. ^ 朱熹『楚辞集注』離騒経第一「曰黄昏以為期兮」注「黄昏者、古人親迎之期。儀礼所謂初昏也。」『儀礼』士昏礼「期初昏、陳三鼎于寝門外。」
  2. ^ コトバンク - デジタル大辞泉の解説 朝日新聞社


「黄昏」の続きの解説一覧

黄昏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 02:29 UTC 版)

サッカーユーゴスラビア代表」の記事における「黄昏」の解説

1992年3月25日行われた国際親善試合、対オランダ戦がユーゴスラビア社会主義連邦共和国スロベニアクロアチア独立前)として最後の試合となった。そしてユーロ92出場に向けてスウェーデン出発する直前1992年5月22日前日にユーゴカップをパルチザン監督として制し直後にその職を辞任した代表監督イビチャ・オシムは、代表の監督辞任した会見で彼が挙げた辞任理由は「サラエヴォのために唯一自分出来る事」という物であった1992年5月28日オシム見送り受けたユーゴスラビア代表スウェーデン向かったが、ストックホルム着いた時点で以下の内容通達された。 国際サッカー連盟及び欧州サッカー連盟国際連合ユーゴスラビア実質的にはセルビアとモンテネグロ)への制裁受け入れ全ての国際試合からユーゴスラビア代表締め出すユーゴスラビア代表ユーロ92への出場資格がないので、直ちスウェーデンから出国する事。これは強制措置である。 スウェーデン政府は、人道目的による措置除きユーゴスラビア代表スタッフ・選手その他関係者一切の入国許可しない五輪メダル5個獲得、ワールドカップトーナメント進出4回、ユーロ準優勝2回。栄光ユーゴスラビア代表終焉は、アーランダ国際空港通関ロビー片隅訪れた。 このUEFA欧州選手権1992大会1992年6月10日から開催されユーゴスラビア代わりに繰り上がり出場したデンマーク快進撃見せフランスイングランド抑えてグループリーグ突破準決勝前回覇者オランダを、決勝では2年前のイタリア・ワールドカップ覇者ドイツ撃破し初優勝手にした。 ドラガン・ストイコビッチヴェローナでこのニュース聞いたとき、オシム言葉思い出したという。「サッカーわからない」。

※この「黄昏」の解説は、「サッカーユーゴスラビア代表」の解説の一部です。
「黄昏」を含む「サッカーユーゴスラビア代表」の記事については、「サッカーユーゴスラビア代表」の概要を参照ください。


黄昏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 21:08 UTC 版)

シャリーのアトリエ 〜黄昏の海の錬金術士〜」の記事における「黄昏」の解説

シリーズ語られている、世界破滅へと誘う何か。

※この「黄昏」の解説は、「シャリーのアトリエ 〜黄昏の海の錬金術士〜」の解説の一部です。
「黄昏」を含む「シャリーのアトリエ 〜黄昏の海の錬金術士〜」の記事については、「シャリーのアトリエ 〜黄昏の海の錬金術士〜」の概要を参照ください。


黄昏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 07:23 UTC 版)

アウデナールデ」の記事における「黄昏」の解説

宗教改革アウデナールデ市民プロテスタントにつき、ヘント同盟してカール5世反旗をひるがえした。マルゲリータの子パルマ公アレッサンドロ・ファルネーゼによる長期包囲ののち、市街1582年帝国の手におち、商人労働者貴紳までもが亡命した対抗宗教改革で一旦はタペストリー取引回復見られたが、栄光の日々戻ってこなかった。これ以後100年間で三度フランスから攻撃占領受けた1708年には郊外スペイン継承戦争アウデナールデの戦い交わされた。ハプスブルク帝国体制下で、アウデナールデ活力失っていった。 フランス革命の影響は、この地方に宗教的権威凋落という形で現出した市街には第一次世界大戦戦禍を今に伝えモニュメントいくつか置かれている。

※この「黄昏」の解説は、「アウデナールデ」の解説の一部です。
「黄昏」を含む「アウデナールデ」の記事については、「アウデナールデ」の概要を参照ください。


黄昏(フィールド・アトリビューションHL06)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:26 UTC 版)

アクセル・ワールド」の記事における「黄昏(フィールド・アトリビューションHL06)」の解説

自然系地属性下位神聖系のステージ可燃物が多いためによく燃え地形オブジェクトはすぐに壊れ夕焼け空なので薄黄色淡い陽光差し込む意外と物陰は暗いのが特徴

※この「黄昏(フィールド・アトリビューションHL06)」の解説は、「アクセル・ワールド」の解説の一部です。
「黄昏(フィールド・アトリビューションHL06)」を含む「アクセル・ワールド」の記事については、「アクセル・ワールド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「黄昏」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

黄昏

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:19 UTC 版)

この単語漢字
たそがれ
第二学年 人名
熟字訓
この単語漢字
こう
第二学年
こん
人名
音読み 音読み

名詞

(こうこん または たそがれ)

  1. 夕方たそがれ時

「黄昏」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄昏」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黄昏のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄昏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサッカーユーゴスラビア代表 (改訂履歴)、シャリーのアトリエ 〜黄昏の海の錬金術士〜 (改訂履歴)、アウデナールデ (改訂履歴)、アクセル・ワールド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの黄昏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS