直後とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > あと > 直後の意味・解説 

ちょく‐ご【直後】

読み方:ちょくご

物事起こったり行われたりしたすぐあと。「開店—に売り切れる」⇔直前

物のぐうしろ。「先頭の—に迫る」⇔直前


直後

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 07:15 UTC 版)

ヘラルド・オブ・フリーエンタープライズ」の記事における「直後」の解説

オランダ企業Smit-Tak Towage and Salvage(シュミット・インターナショナル傘下)によって実施される引き揚げ作戦が、船を再浮上させるためほぼ直後に着手された。1987年4月下旬にこの作戦成功をもって完了し水中閉じ込められていた残り遺体回収することができた。船はゼーブルッヘ曳航され、そこから西スヘルデ川横断してフリシンゲンにある船廠向かい、そこで船の運命決定された。当初、この船は修理可能で航海続けられる想定されていたが、買い手見つからなかった。この船はセントビンセント及びグレナディーン諸島キングスタウンのCompania Naviera SA社に鉄屑として売却された。船はフラッシング・レンジ(Flushing Range) と改名され、タウンゼント・トールセンのブランド名称は、鉄屑にされる高雄 (台湾)への最終航海前に塗りつぶされた。1987年10月5日、この船はオランダ曳航企業Markusturmによって曳航され、他1隻と共に最後の航海を始めた。 この航海フィニステレ岬沖で1987年大嵐 (Great Storm of 1987) に遭遇して4日間中断され、そこでヘラルド・オブ・フリーエンタープライズ牽引ロープが解けて漂流するも、1987年10月19日再開された。1987年12月27日南アフリカ沖で船体崩壊し始め1988年1月2日ポート・エリザベス曳航して航海続けられるよう一時的な修理を受けなければならなかった。1988年3月22日にようやく台湾到着した。 (この顛末で)タウンセンド・トールセンの社名が、必然的に世界中テレビ新聞紙面出てしまった。P&O直ち同社P&Oヨーロッパフェリーとして再ブランド化すると共に艦隊赤い船体を濃紺色で再塗装しTTロゴ通気筒から削除することに決めた

※この「直後」の解説は、「ヘラルド・オブ・フリーエンタープライズ」の解説の一部です。
「直後」を含む「ヘラルド・オブ・フリーエンタープライズ」の記事については、「ヘラルド・オブ・フリーエンタープライズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「直後」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「直後」の例文・使い方・用例・文例




直後と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「直後」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4でラインを引いて分析するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)でラインを引いて分析する方法を紹介します。MT4でラインを引くには、画面上部のラインアイコンを用います。「|」は垂線、...

  • FXと外貨預金の違いは

    FX(外国為替証拠金取引)と外貨預金の違いは何でしょうか。例えば、FXでUSD/JPYの買いポジションを保有することは、円を売って米ドルを買うことです。これは、外貨預金では米ドルを預金することと同じこ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

直後のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



直後のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヘラルド・オブ・フリーエンタープライズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS