入国とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > 入国の意味・解説 

にゅう‐こく〔ニフ‐〕【入国】

読み方:にゅうこく

[名](スル)

他の国にはいること。「不法に—する」⇔出国

日本入国管理制度で、外国人日本領域内に入ること。上陸3区別していう。→領域2

領主初めてその領地にはいること。〈日葡


出入国管理

(入国 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/03 03:19 UTC 版)

出入国管理(しゅつにゅうこくかんり)とは、国境空港など、人が異なる国家間を出入りする場合に、当該政府)がその出入国を管理・審査・把握することをいう。出入境管理、出入域管理と呼ばれることもある[注 1]


注釈

  1. ^ 同一国内でも海外領土等の別個に入管業務が行われている地域からの入域管理も同時に行われることがあるため。
  2. ^ 語学の教師なら教員免許証や経歴を記した文書、プロスポーツ選手ならチームの証明する個人成績資料、入団先の招聘状など。もちろん現地語で書かれていることを要する。

出典

  1. ^ 最強のパスポート、日本とシンガポールが依然トップ”. CNN (2019年10月3日). 2019年10月8日閲覧。
  2. ^ マレーシアにおける生体認証情報提供の開始について
  3. ^ a b 『ことりっぷ海外版 シンガポール』昭文社、2016年、96頁
  4. ^ 日本人出・帰国記録(EDカード)の廃止について』(プレスリリース)入国管理局、2001年6月8日http://www.moj.go.jp/PRESS/010608-1.html2010年3月9日閲覧 
  5. ^ 浦东国际机场入境外国人指纹自助留存指引
  6. ^ Соглашение между Российской Федерацией и Сирийской Арабской Республикой о размещении авиационной группы Вооруженных Сил Российской Федерации на территории Сирийской Арабской Республики (с изменениями на 18 января 2017 года)(ロシア語)
  7. ^ Vasiliev, Alexey (19 March 2018). Russia's Middle East Policy. Taylor & Francis. pp. 511-. ISBN 978-1-351-34886-7. https://books.google.com/books?id=IRdSDwAAQBAJ&pg=PT511 


「出入国管理」の続きの解説一覧

入国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 10:15 UTC 版)

ベトナム共和国」の記事における「入国」の解説

ここ南ベトナムも、日本との国交を持つ国家だったため、旅行は可能であったとは言えベトナム戦争や準戦時下期間が長かったので、一般観光難しいとされていた。 ビザ不要で、種痘腸チフス予防接種必要だった上述した経路だと、7時程度で着く。

※この「入国」の解説は、「ベトナム共和国」の解説の一部です。
「入国」を含む「ベトナム共和国」の記事については、「ベトナム共和国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「入国」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「入国」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



入国と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入国」の関連用語

入国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入国のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出入国管理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベトナム共和国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS