南ベトナムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 南ベトナムの意味・解説 

南ベトナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/26 15:15 UTC 版)

南ベトナム(みなみベトナム、ベトナム語Nam Việt Nam / 南越南




「南ベトナム」の続きの解説一覧

南ベトナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 19:53 UTC 版)

ドン (通貨)」の記事における「南ベトナム」の解説

詳細は「南ベトナム・ドンを参照 第二次大戦後戦前の宗主国フランス意を受け存在していたベトナム国が、1953年フランス領インドシナ・ピアストルドンの通貨名紙幣発行していた。その後、南ベトナムを掌握していたベトナム国勢力一掃されアメリカ合衆国支援受けたベトナム共和国通称南ベトナム)に政権引き渡したその間通貨ピアストル同価の「ベトナム共和国ドン」が使用された。1975年サイゴン陥落の後、南ベトナムの通貨は「解放ドン」に変更され、1解放ドン=500ベトナム共和国ドンであった

※この「南ベトナム」の解説は、「ドン (通貨)」の解説の一部です。
「南ベトナム」を含む「ドン (通貨)」の記事については、「ドン (通貨)」の概要を参照ください。


南ベトナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 04:54 UTC 版)

軍服 (ベトナム)」の記事における「南ベトナム」の解説

ベトナム国におけるベトナム国軍(英語版)はフランス植民地軍の補助部隊母体としていた為、軍服にもフランス軍影響色濃く反映されていた。その後アメリカ支援受けたゴ・ディン・ジエムらがベトナム共和国成立させる国民軍ベトナム共和国軍再編され米軍からの装備供与されると軍服フランス式維持しつつ徽章階級章米軍の様式を取り入れようになったベトナム国民軍の軍服 フランス式軍服着用するベトナム国軍のチン・ミン・チー(英語版将軍。(1955年ごろ) 建軍当初兵士ら(1951年7月14日ベトナム国軍の兵士フランス製のパナール 178装甲車。(1952年) ベトナム共和国軍軍服 各国からの軍事援助戦争混乱もあってベトナム共和国軍軍服は非常にバリエーションが多く多種多様な軍装使用されていた。 勤務服フランス色を残した4種類のものが着用されていた。ブレザーアイクジャケット(短ジャケット)、チノシャツ、半そでチノシャツである。アイクジャケットとチノシャツは60年代後半には廃れた戦闘服当初フランス軍のTTA47が使用されていたが、1960年代には国産化進み以降敗戦まで2ポケット型アーミーグリーン軍服一般的となる。迷彩服存在したが高級将官空挺部隊海兵隊などの特殊部隊除いて一般兵士が使用される事はなかった。陸軍空軍では主にダックハンター迷彩海兵隊民間不正規戦グループではゴールドタイガー迷彩使用されたが、詳しバリエーション見ていくとそのパターン10数種類に渡る。将校用の階級章は襟上部に、下士官兵左上腕部師団章の下に配する連隊徽章は左ポケット大隊徽章は右ポケット配するレンジャー章やパラシュート章は右ポケット上部配する将官階級章は星、佐官尉官プラムの花を象っている。 1967年までの帽章 National Day of South Vietnam, 1 November 1966.jpg 礼服。(1966年12月1日通信兵1962年5月) Xuanloc 18th.jpg 戦闘服姿の第18歩兵師団長たる陸軍准将。(レ・ミン・ダオ1975年テト攻勢における陸軍レンジャー部隊将兵。(1968年) 戦闘服姿の兵士たち1970年陸軍特殊部隊隊員後列両端米軍人。(1968年) 第5空挺大隊隊員。(ホアン・ゴク・ヤオ、1967年ベレー帽は、徽章右寄りにするフランス式被り方をしている。 女性部隊 民間不正規戦グループ兵士。ゴールドタイガー迷彩着用している。(1965年9月27日) 少年兵1966年 M79擲弾銃を持つ12歳少年兵タンソンニャット国際空港にて。(1968年5月7日) 訓練中民兵。(1970年ごろ) ダラット士官学校生徒礼装ダラット士官学校生徒1961年独立記念日式典にてアメリカ軍艦を訪問したホー・タン・クエン提督(左)。(1959年10月27日) 艦船に乗り込む海軍士官。(1971年1月1日) 水兵海軍准将左端、トラン・バン・チョン)。(1969年9月海軍大尉 ゴールドタイガー迷彩着用する海兵隊准将撮影年不明) 第468海兵旅団の隊員ら(1974年75年ごろ) 空軍士官学校避難民輸送するUH-1ヘリコプターパイロット。(1975年4月29日)

※この「南ベトナム」の解説は、「軍服 (ベトナム)」の解説の一部です。
「南ベトナム」を含む「軍服 (ベトナム)」の記事については、「軍服 (ベトナム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「南ベトナム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「南ベトナム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

南ベトナムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



南ベトナムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南ベトナム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドン (通貨) (改訂履歴)、軍服 (ベトナム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS