政権とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 政権 > 政権の意味・解説 

せい‐けん【政権】

読み方:せいけん

政策実行し統治機構動か権力。「—を握る」「—政党


政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/26 09:56 UTC 版)

政権(せいけん)とは、国の政治機構を動かす政治権力のことである。議院内閣制のもとでは、選挙を通じて議会で多数を得た政党が政権を担当する[1]


  1. ^ a b 『政治・経済用語集』(山川出版社)


「政権」の続きの解説一覧

政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 09:38 UTC 版)

李氏朝鮮」の記事における「政権」の解説

李氏朝鮮建国以来政治の中心であり絶対的な権力持ったのは国王であり、王は王位こそ継げ完全な世襲であったが、背後で実際に王を動かしているのが朝廷であり外戚呼ばれる王妃輩出する有力な両班であった、この構図李氏朝鮮終わるまで脈々と受け継がれた。さらにその外戚には党争深くかかわっていた。 李氏朝鮮歴史党争歴史でもあり、党争朝鮮王朝期の最大の特色といわれるが、その原因については諸説があって一定した解釈はない。政権交代対立する派閥虚偽謀反を王に通報で粛清という形が多く多くの獄事が起こった主な理由は、王権微弱で十分に官人たちを抑圧できなかったこと、党争においては相手政策的能力指摘よりも道徳的欠陥問題点叱責することに集中するなど当時国教的位置占めていた儒教、特に朱子学のもつさまざまな性格政争からんで利用され事態を一層複雑にしていることであろう党争前駆をなすものとして通常指摘されているのは燕山君4年(1498年)に起った戊午士禍 (世祖即位をめぐる史論問題から発展した官人儒林対立抗争) や甲子士禍 (1504年) 、乙巳士禍 (1546年) などという一連の士禍あげられるいわゆる士禍時代儒林内部争い性格が強いが、宣祖1年 (1568年) 宣祖即位してから党争政治色深め党派対立露骨になった。すなわち同8年沈義謙中心とする西人派と金孝元中心とする東人派対立し東人はさらに分れ南人北人となり、これを西人合せて三色 (色は種という意味) と呼ぶいたった。この党争光海君14年(1622年)までは東人が、仁祖1 (1623年) 年から顕宗15年 (1674年)までは西人が、というように相互に他を排して政権を争った東西分れてからほぼ1世紀粛宗 (在位1675~1720) 代には老論小論南人北人の四色となり、粛宗6年(1680年)までは南人主流占め、同 20年以後西人がこれに代り、さらに西人老論少論分れ対立するという有様で、一時英祖1年(1725年)に改革試みたが功なく、朝鮮王朝末期まで持越された。 木村誠は「つねに中国外圧受けなが民族的成長をとげた朝鮮諸国」を指摘しており、義江彰夫は、日本の公武二重王権朝鮮比較して双方ほぼ同時期武人が政権の中枢登場しながら、朝鮮では武人が独自政権を構築することなく中央政権内部において実権掌握するとどまったことを「不断外圧存在有無この分岐の決定的な要因であった」と指摘している。

※この「政権」の解説は、「李氏朝鮮」の解説の一部です。
「政権」を含む「李氏朝鮮」の記事については、「李氏朝鮮」の概要を参照ください。


政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 14:51 UTC 版)

全ウクライナ連合「祖国」」の記事における「政権」の解説

党首ユーリヤ・ティモシェンコ第10代2005年1月24日2005年9月8日)、第13代2007年12月182010年3月4日)の首相務めたまた、2014年起きた政変後にアルセニー・ヤツェニュク第15代2014年2月27日~)首相務め4年ぶりに首相の座を奪還している。同時にオレクサンドル・トゥルチノフ大統領代行に就任している。

※この「政権」の解説は、「全ウクライナ連合「祖国」」の解説の一部です。
「政権」を含む「全ウクライナ連合「祖国」」の記事については、「全ウクライナ連合「祖国」」の概要を参照ください。


政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 14:36 UTC 版)

フランツ・フラニツキー」の記事における「政権」の解説

第一次内閣は、連立政権組んでいたオーストリア自由党党首右翼色の濃いイェルク・ハイダーリベラル派排除するかたちで就任したことを受け、1986年9月に連立政権を解消同年の総選挙では10議席失いつつもオーストリア国民党との連立政権樹立し1987年1月二次内閣発足させた。

※この「政権」の解説は、「フランツ・フラニツキー」の解説の一部です。
「政権」を含む「フランツ・フラニツキー」の記事については、「フランツ・フラニツキー」の概要を参照ください。


政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 00:25 UTC 版)

社会民主党 (ポルトガル)」の記事における「政権」の解説

カーネーション革命乗ってPSD1974年から1979年にかけて多くの連立政権参加したこの間ポルトガル政治次第安定していった。1979年PSD民主社会中道現在の民主社会中道・人民党)といくつかの右派政党とともに民主主義同盟AD)という選挙同盟結成したAD1979年選挙勝利してPSD党首フランシスコ・サー・カルネイロが首相に就任した。AD1980年選挙過半数議席得たが、12月4日航空機事故によってカルネイロが死ぬと、政治混乱した。フランシスコ・ピント・バルセマンが首相地位PSDAD指導権受け継いだが、カルネイロほどのカリスマ性はなく、民衆の支持を得ることはできなかった。 1983年AD解散した。そしてその年選挙PSDPS敗北する過半数得られなかったPSPSD大連立発足させたが、アニーバル・カヴァコ・シルヴァをはじめとするPSD内の右派政治家PS主導政権へ参加反対した。そして1985年6月2日シルヴァ社会民主党党首選ばれる連立解消された。1985年総選挙においてシルヴァ率い社民党過半数こそ得られなかったものの勝利を収めシルヴァ首相に就任した。経済自由化減税政策経済成長成功し1987年選挙PSD圧勝するPSDへの投票は50.2%、250議席148議席得た単一政党これほど絶対的多数派となったのは初めであった1991年選挙同じように勝利を収めたが、高い失業率改善なされないことで次第支持失い1995年1999年選挙では敗北を喫する。 続く2002年総選挙では勝利を収めたものの過半数得られず、PP連立組みPSD党首ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ首相となったバローゾ任期中辞職し欧州委員会議長に就任、ペドロ・サンタナ・ロペス党首首相職受け継いだが、2005年2月20日選挙では1983年以来大敗北喫する不支持率12%を越え議席75議席のみを維持30議席失った2006年大統領選挙では勝利を収めアニーバル・カヴァコ・シルヴァ新大統領となった。しかし2009年議会選挙では、再びPS第一党となり政権を奪回することはできなかった。税収伸び悩み財政赤字削減進まないことに起因した財政危機表面化したことでPS政権は厳しい立場に立たされ、財政再建のための財政緊縮策議会否決されたことをうけジョゼ・ソクラテス首相2011年3月23日辞任表明したことで任期前倒しする形で総選挙が行われることになった6月5日行われた総選挙では絶対多数こそ取れなかったものの、PS上回って第1党となり勝利した選挙後同月15日、カヴァコ・シルヴァ大統領PSD党首ペドロ・パソス・コエリョPedro Passos Coelho)を首相に指名しコエリョ新首相第3となった右派政党民衆党」(CDS-PP)と連立政権を組むことを明らかにした。 2015年10月4日行われた総選挙英語版)では、民衆党とともに国会最大勢力維持したものの、過半数割り込んだ。この1か月後には、パソス・コエーリョ内閣経済政策計画が国会で否決された。これは事実上の内閣不信任決議にあたり憲法の規定に従って内閣総辞職した代わってPSコスタ政権が誕生しPSD下野した2019年10月6日行われた総選挙英語版)では、改選議席10失って敗北し、政権を奪回できなかった。 新年度予算案議会否決され事により前倒し2022年1月30日行われた総選挙英語版)では引き続き第2党となり、政権を奪回できなかった。在外投票者の票の扱いを巡って最終結果確定遅れたが、3月26日発表された議席数72議席であった

※この「政権」の解説は、「社会民主党 (ポルトガル)」の解説の一部です。
「政権」を含む「社会民主党 (ポルトガル)」の記事については、「社会民主党 (ポルトガル)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「政権」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「政権」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



政権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

政権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



政権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの政権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの李氏朝鮮 (改訂履歴)、全ウクライナ連合「祖国」 (改訂履歴)、フランツ・フラニツキー (改訂履歴)、社会民主党 (ポルトガル) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの政権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS