戦争中とは? わかりやすく解説

戦争中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 04:09 UTC 版)

建国大学」の記事における「戦争中」の解説

日中戦争激化する治安維持法改正され1941年12月、反満抗日活動行っていたた中国人学生検挙され、また第二次世界大戦激化する日本人学生1943年から学徒出陣兵員徴収された。同期減っていく中、日本人学生荒涼とした大の敷地植林をはじめ終戦直後残っていた学生らが大学蔵書整理して目録作製し中華民国図書館寄附している。日本人だけでなく、これら運動には満州人中国人参加した。 建大出身者には満州国崩壊後シベリア抑留遭った者、国共内戦台湾逃れたもの、中華人民共和国文化大革命迫害された者など悲劇的な運命たどった者も少なくない一方朝鮮人では、元韓国国務総理である姜英勲など、後の韓国大い活躍した政治家は多い。また、大出身者は塾で存分に議論したため真に仲が良く国籍問わず交遊があり、戦後もその交遊一部続いている

※この「戦争中」の解説は、「建国大学」の解説の一部です。
「戦争中」を含む「建国大学」の記事については、「建国大学」の概要を参照ください。


戦争中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 20:53 UTC 版)

ロバート・モリス (独立宣言署名者)」の記事における「戦争中」の解説

独立戦争間の1776年12月大陸会議議員ボルティモア逃げたときもモリスフィラデルフィアに留まった。ワシントン軍隊に払うための1万ドルを何とか借金工面できた。これがトレントンとプリンストン戦闘直前大陸軍つなぎ止めることになった1778年3月モリスペンシルベニア邦の代表として連合規約署名するよう選ばれたモリス大きな富は戦争中もイギリス船の貨物捕獲する私掠船お陰で増え続けた多くの私掠船所有しており、イギリス船が港に来たときは戦利品売り払う役にも立った大陸会議での活動終えた直後にペンシルベニア議会でさらに2期1778年から1781年まで議員務めた。この任期中邦憲法の抑制と均衡回復させるために働き宗教試験法廃案にさせた。この期間、トマス・ペインヘンリー・ローレンスなどがモリスその会社戦争利用して暴利むさぼっていると批判した大陸会議委員会1779年モリスその会社不適切な金融取引行っているという訴えに対し無罪宣告したが、その評判はこの出来事損なわれたモリスペンシルベニア邦が軍隊軍需物資供給することに失敗したときに、商人協会加入したペンシルベニア邦は支配していた市場の失敗と自らに課した禁輸のために1780年破産していた。究極的には邦がモリス呼び出して経済建て直すよう要求したモリス貿易のために港を開き市場には商品価値通貨決めさせた。 1781年アメリカ危機的状況だった。イギリス軍海上から海岸線2つ主要都市および西部の前線支配していた。政府財政は2,500万ドル負債超過となり、公的な信用貸し破綻した大陸会議直面する問題凝視してその政策の失敗認識し長い間使っていた委員会システム変更してアメリカの歴史では初め行政府創出した。モリス財政海事2つ役職兼任したモリス批判者心配する中で今日では行政権限」と呼ばれるものを認められ独裁的な権限」を得ていた。大陸会議1781年から1784年までモリスアメリカ合衆国財政最高責任者指名した批判者中傷から自身防衛するために、大陸会議モリス関連する公的役職奉職しながら利益の出る私的事業続けることを認めていると主張した実際の所は、この期間の私的事業では活動的でなく、様々な会社ではものを言わない共同経営者であった財政最高責任者になった3日後、モリス国立銀行設立提案した。これは1782年に合衆国に設立許可され最初の金融機関、バンク・オブ・ノースアメリカの創設繋がった。この銀行モリス1781年フランスから獲得した大きな借金によって一部資金手当てされていた銀行最初の役目イギリスとの戦争資金賄うことであった財政最高責任者モリス歳出減ら幾つかの改革行い競争入札利用出金手続締め付け、および連邦政府が各邦と金物資負担分け合うよう要求することで政府支出大きく減らしたモリス1779年、および1781年から1783年ナサニエル・グリーンに対する補給物資調達したワシントン将軍ニューヨーク邦からバージニア邦ヨークタウン移動するときも積極的な役割果たした。この移動始まった時にはワシントン宿営地にいた。行軍補給係将校として働き軍隊移動のための資金140ドル以上を自身の信用調達した海事関係の官吏でもあったので、フランス海軍連絡を取りワシントン軍のヨークタウンの戦い間に合うようにした。ヨークタウン以後モリスはこの戦争弾丸戦いから財政戦い変質した述べた時には友人から金を借りることもあり、また軍需物資のようなものを買うために自署のある借用書発行して個人的な信用リスクを採ることもあった。例えば、1783年兵士給与のために80ドル借用書発行した。これは同年ニューハンプシャー邦戦争協力のために供出したものが3,000ドル当の牛肉だけであり、全邦を併せて80ドル満たなかったときに行ったこのように個人的な信用拡張して使ったことで将来禍根残したモリス後に、戦争中に150以上の船を失ったが、「ほぼトントンになったと言っていた。 財政最高責任者在任期間友人助手ガバヌーア・モリス親戚ではない)の助力得たモリスは「公的信用について」という文書で国の経済仕組み提案した。これは後にハミルトンが同じ名前で提出した計画基礎になった1782年1月15日モリス後に大陸会議提出する提案書原稿書いたこの中にはアメリカ合衆国造幣局創設十進法による硬貨提案含まれていた。しかし、アメリカ合衆国造幣局作ったのは1792年のことであり、ハミルトン別の提案行った後だった。

※この「戦争中」の解説は、「ロバート・モリス (独立宣言署名者)」の解説の一部です。
「戦争中」を含む「ロバート・モリス (独立宣言署名者)」の記事については、「ロバート・モリス (独立宣言署名者)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「戦争中」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「戦争中」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戦争中」の関連用語

戦争中のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戦争中のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの建国大学 (改訂履歴)、ロバート・モリス (独立宣言署名者) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS