兵員とは? わかりやすく解説

へい‐いん〔‐ヰン〕【兵員】

読み方:へいいん

兵士の数。また、兵士


兵士

(兵員 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 19:20 UTC 版)

兵士(へいし、soldier/enlisted[1])は、古代から現代まで国家の軍隊軍人や、それに準ずる戦闘組織の構成員であり、将官や将校といった指揮官からの命令に従って任務をこなす。個人や部族社会の戦士とは異なり、公然と戦闘のために組織に属している場合に使われる。


  1. ^ enlistedの意味・使い方” (日本語). eow.alc.co.jp. 2020年1月7日閲覧。
  2. ^ 軍隊形式について|救世軍
  3. ^ soldier(Online Etymology Dictionary)
  4. ^ English Etymology 著者: George William Lemon soldier項


「兵士」の続きの解説一覧

兵員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 01:52 UTC 版)

ナチス・ドイツの軍事」の記事における「兵員」の解説

国民擲弾兵」も参照 第一次世界大戦とその後不況影響で、兵役適格年齢者の人口は非常に逼迫していた。このため陸・海・空、そして武装親衛隊の間で兵員の獲得競争起きた武装親衛隊はこうした抗争で非常に低い割り当て受けていたこともあり、ドイツ国外からの兵員補充に動くようになった。特に人員を必要としたのが陸軍であり、1942年9月20日には12万人空軍兵士陸軍移し青少年からなる民兵部隊高射砲部隊任せるよう指令された。 かわって不足した高射砲運営要員には中学校高等学校に通う満15歳上の少年少女動員する計画立てられた。文部大臣ベルンハルト・ルストこの方針に強く反発したが、ヒトラーユーゲント指導者アルトゥール・アクスマンヒトラーユーゲント活動阻害ならない範囲では賛成した党官房マルティン・ボルマンはこれらの意見ふまえてゲーリング提案反対し、空軍再度提案練り直し提出した1943年1月には動員地域学校に通う男子生徒のみが動員されることとなり、2月から防空補助員(ドイツ語版)として動員された。この措置で34000人が動員されたが、空軍はなおも人員増員求めた文部省これ以上生徒動員不可能であると拒絶しかわってに就いている青少年46000人が動員されることとなった1944年9月には16歳以上60歳までの国民国民突撃隊として動員する命令下された11月には1928年生まれ空軍補助員を解任して国民突撃隊として動員し東部外国人国防軍などで不適格判定され人材防空補助員に代替する方針決定されたが、すでに国内混乱しており、どの程度実行されたかは定かではない労働力国防軍への動員状況1939年1940年1941年1942年1943年1944年1944年9月新規召集兵数百万人)1.4 5.7 7.4 9.4 11.2 12.4 13.0 指数100 407 529 671 800 886 929 前年度増加比率307% 30% 27% 19% 11% 5% 就労可能者に対す召集兵の割合3.5% 14.0% 18.3% 23.1% 27.0% 30.0% 31.4%

※この「兵員」の解説は、「ナチス・ドイツの軍事」の解説の一部です。
「兵員」を含む「ナチス・ドイツの軍事」の記事については、「ナチス・ドイツの軍事」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「兵員」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

兵員

出典:『Wiktionary』 (2021/07/28 12:25 UTC 版)

名詞

兵員へいいん

  1. 兵士の数

翻訳


「兵員」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「兵員」の関連用語

兵員のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兵員のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの兵士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのナチス・ドイツの軍事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの兵員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS