少年少女とは? わかりやすく解説

少年、少女。

作者八島ハル

収載図書フーコー短編小説傑作選 5(上)
出版社フーコー
刊行年月2000.9


少年少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/17 07:25 UTC 版)

少年少女(しょうねんしょうじょ)




「少年少女」の続きの解説一覧

少年少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 16:45 UTC 版)

15×24」の記事における「少年少女」解説

徳永準(とくなが じゅん語り部一人私立成風館高2年生現実に絶望抱きインターネット上で出逢った17とともに自殺図ろうとする。 伊隅賢治(いすみ けんじ) 語り部一人私立成風館高2年生人間の「死」に美を感じるという歪んだ嗜好を持っており、徳永と「17」の心中計画を知ると彼らの死ぬところを見よう尾行する在所惟信ざいしょ よしのぶ語り部一人私立成風館高2年生。家が金持ちで、父親製薬会社社長オサリバン・愛ファン。彼が主観箇所地の文自分の発言という文体になる。 笹浦耕(ささうら こう語り部一人私立成風館高2年生クリスチャン。「去る者は追わず」という信条を持っている。高遠しのぶ依頼され徳永自殺止めようとする。彼が主観になっている箇所は、過去のこと回想している文体になる。 温井川聖美(ぬくいがわ さとみ) 語り部一人私立成風館高2年生祖母危篤状態陥ったため、病院に向かう最中メール受け取る。高い身長と妹にコンプレックス抱いている。 枯野透(からの とおる) 語り部一人都立九段高校2年生。超がつくほどのお人好しで困っている人がいる放っておけない性分美少年らしく、渡部亜希穂惚れられている。 渡部亜希穂(わたべ あきほ) 語り部一人都立八王子西高校2年生万引きの常習犯で、徳永携帯を盗む。騒動最中出逢った枯野一目惚れする。 西満里衣(にし まりえ) 語り部一人茨城県自宅大検勉強をしている。小学4年生のときに遭った事故のせいで車椅子生活を送っている身体障害者左右田正義(そうだ まさよし語り部一人都立星が岡高校2年生過剰なまでの正義感持ち騒動のなかでリーダー役割を果たすが、女性障害者など自分より立場の低い(とみなした)者を軽蔑し自分全て正しいと思っているなど独善的で醜い一面もある。 折口歩乃果おりぐち ほのか) 語り部一人。某有名私立高校2年生中学時代いじめられていた。徳永片思いしており自殺助けをしてあげよう思っているスティーヴン・キング愛読するオタク寄り文学少女藤堂真澄とうどう ますみ) 語り部一人道場主の孫息子で、四人兄弟末っ子池袋界隈自警団リーダー長髪赤・茶・金の三色に染めているが、不良という訳ではなく、警視庁にも顔が利く。彼が主観箇所は、報告調の文体になる。 三橋翔太(みつはし しょうた) 語り部一人暴力団員ナイフ刺し逃走続けている。その最中裏DVD売っている「センパイ」の指示によってコンビニ強盗を働く。強姦され、子供孕んだ挙句流産し失踪した姉を持つ。彼が主観箇所は、ひらがな多く文章幼稚になっている。 私市陶子(きさいち とうこ) 語り部一人通っていた高校の教師結婚した17歳妊婦。彼女が主観箇所は、「先生」向かって話しかけている文体になる。 オサリバン・愛(おさりばん まな) 語り部一人日本人アイルランド人ハーフで、ダブリン出身新人グラビアアイドル転送されてきた自殺予告メールについてインターネットテレビで話す。彼女が主観箇所は、台本風の文体になる。 17 語り部一人インターネット上にしか姿を現さない。徳永とともに<<完璧な場所>>で自殺しようとしている。

※この「少年少女」の解説は、「15×24」の解説の一部です。
「少年少女」を含む「15×24」の記事については、「15×24」の概要を参照ください。


少年少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 23:31 UTC 版)

ルクス・ペイン」の記事における「少年少女」解説

神代ナミ 声 - 能登麻美子 ヤヨイの妹であり、11歳明光小学校5年生明るく無邪気そうに見えるが、彼女の持つ特殊能力のため、同年代友人少ない。街の住人からは愛されており、各所食事ごちそうになっているアツキ能力者であることを見抜き彼に好意を示す鎌田トウマ 神代ナミと同じ11歳明光小学校5年生神代ナミ好意寄せているが気付かれてはいない。 城嶋リル 声 - 今井麻美 紅の丘アーサー出会う謎の少女恵まれない出自であるにも関わらず生まれたことに感謝する心の清い人物である。インターネットの掲示板自殺願望者に希望与え書き込みをしている。 遠野ケイ ルイが度々目撃する謎の少年。高い調査力を持つミカ真剣に調査するが、その身元判明できずにいる。

※この「少年少女」の解説は、「ルクス・ペイン」の解説の一部です。
「少年少女」を含む「ルクス・ペイン」の記事については、「ルクス・ペイン」の概要を参照ください。


少年/少女(しょうねん/しょうじょ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/08 09:40 UTC 版)

海賊船ナプナコリ号の冒険」の記事における「少年/少女(しょうねん/しょうじょ)」の解説

船員消えた補給船トーマス・W・ローソンに取残されていた5、6程の少年と少女

※この「少年/少女(しょうねん/しょうじょ)」の解説は、「海賊船ナプナコリ号の冒険」の解説の一部です。
「少年/少女(しょうねん/しょうじょ)」を含む「海賊船ナプナコリ号の冒険」の記事については、「海賊船ナプナコリ号の冒険」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「少年少女」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「少年少女」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

少年少女のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



少年少女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少年少女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの15×24 (改訂履歴)、ルクス・ペイン (改訂履歴)、海賊船ナプナコリ号の冒険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS