特殊能力とは? わかりやすく解説

超能力

(特殊能力 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/20 05:54 UTC 版)

超能力(ちょうのうりょく)は、通常の人間にはできないことを実現できる特殊な能力[1][2]のこと。今日の科学では合理的に説明できない超自然な能力[3]を指すための名称。古くはシッディ神通力などとも呼ばれた。


脚注

  1. ^ 関連文献:今泉忠明『ネズミの超能力』講談社、1988
    ・小池卓二(2007)「特集「生物に見るハイパーセンサのメカニズム」に寄せて」『バイオメカニズム学会誌』2007年 31巻 3号 p.118, doi:10.3951/sobim.31.118
  2. ^ 「サイキッカー」 (psychicer) という呼称もあるが、これはあくまで和製英語である(そもそもpsychicという単語自体に「超能力者」という意味がある)。

出典

  1. ^ 広辞苑
  2. ^ a b c d e f 羽仁礼『超常現象大事典 永久保存版』 ISBN 978-4880861159 p.49
  3. ^ 三省堂「大辞林」第二版
  4. ^ a b c ロバート・キャロル懐疑論者の事典 上』 p.50(原著2003年)
  5. ^ a b ロバート・キャロル『懐疑論者の事典 上』p.52
  6. ^ 森達也『オカルト』角川書店
  7. ^ 松本浩一『中国人の宗教・道教とは何か』p.57
  8. ^ 松本浩一『中国人の宗教・道教とは何か』p.62
  9. ^ 松本浩一『中国人の宗教・道教とは何か』p.62-63
  10. ^ 土佐 桂子1996「ビルマにおけるウェイザー(超能力者)信仰の一考察 : ガインにとってのローキーとローコゥタラ」民族學研究、61(2) pp.215-242
  11. ^ 石川幹人2003「超心理学の哲学的背景」明治大学教養論集 374, pp.1-3
  12. ^ 『超常現象大事典』p.38
  13. ^ Carl Sagan, 1996The Demon-Haunted World : Science as a Candle in the Dark, 『カール・セーガン 科学と悪霊を語る』新潮社、1997年、p.227
  14. ^ Wagner,M.W., and M. Monnet. 1979 "Attitudes of College Professors Toward Extra Sensory Preception."Zetetic Scholar 5:7–16.
  15. ^ マイクル・シャーマー 著、岡田靖史 訳 『なぜ人はニセ科学を信じるのか : UFO、カルト、心霊、超能力のウソ』早川書房、1999年、36頁。ISBN 4-15-208212-7 
  16. ^ a b “疑いの目で科学しよう「超自然現象」を検証”. 朝日新聞: p. 15. (1991年9月7日) 
  17. ^ a b c d e f g h 『超常現象大事典』p.42
  18. ^ マイケル・フリードランダー『きわどい科学』白揚社 p.226
  19. ^ a b c d マイケル・フリードランダー『きわどい科学』白揚社 p.227
  20. ^ 山本弘『超能力番組を10倍楽しむ本』楽工社、2007年p.275
  21. ^ 『カール・セーガン 科学と悪霊を語る』p.227
  22. ^ 判例時報1636号』78頁、『判例タイムズ942号』267頁
  23. ^ 日本弁護士連合会消費者問題対策委員会(編)『宗教トラブルの予防・救済の手引―宗教的活動にかかわる人権侵害についての判断基準』p86(教育史料出版会 1999年10月) ISBN 978-4876523702
  24. ^ a b 日本弁護士連合会消費者問題対策委員会(編)『宗教トラブルの予防・救済の手引―宗教的活動にかかわる人権侵害についての判断基準』p85(教育史料出版会 1999年10月) ISBN 978-4876523702
  25. ^ 梶本裕之、稲見昌彦、川上直樹、舘(東京大学大学院情報理工学系研究科)「触覚におけるオーグメンテッドリアリティの研究(第3報) -SmartSkin:電気触覚による皮膚感覚の実装 -」日本バーチャルリアリティ学会第7回大会論文集(2002年9月)



特殊能力 (EFFECT)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 07:18 UTC 版)

サモンナイト クラフトソード物語2」の記事における「特殊能力 (EFFECT)」の解説

戦闘中、その武器使用している際に発揮される効果属性武器これにあたる

※この「特殊能力 (EFFECT)」の解説は、「サモンナイト クラフトソード物語2」の解説の一部です。
「特殊能力 (EFFECT)」を含む「サモンナイト クラフトソード物語2」の記事については、「サモンナイト クラフトソード物語2」の概要を参照ください。


特殊能力(目の能力)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:41 UTC 版)

カゲロウプロジェクト」の記事における「特殊能力(目の能力)」の解説

本項では、作中の世界観について説明カゲロウデイズから現実世界戻った際に身に付ける特殊能力。作中では、どれも目に関す能力で、能力を発揮すると瞳が赤く輝く。

※この「特殊能力(目の能力)」の解説は、「カゲロウプロジェクト」の解説の一部です。
「特殊能力(目の能力)」を含む「カゲロウプロジェクト」の記事については、「カゲロウプロジェクト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「特殊能力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「特殊能力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特殊能力」の関連用語

特殊能力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



特殊能力のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの超能力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサモンナイト クラフトソード物語2 (改訂履歴)、カゲロウプロジェクト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS