さるとびエッちゃんとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > さるとびエッちゃんの意味・解説 

さるとびエッちゃん

原題:
製作国:日本
製作年:1972
配給:東映
スタッフ
監督:芹川有吾 セリカワユウゴ
脚本:山崎忠昭 ヤマザキタダアキ
企画:宮崎慎一 ミヤザキシンイチ

旗野義文 ハタノヨシフミ
撮影:目黒宏 メグロヒロシ
音楽:宇野誠一郎 ウノセイイチロウ
美術:内川文広 
録音:神原広巳 
キャスト(役名
野村道子 ノムラミチコ (エッちゃん
千々松幸子 チヂマツサチコ (ミコ
野島昭生  (天下大平
永井一郎 ナガイイチロウ (ブク
解説
NET・TV放映中の同名漫画映画化
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
大きな目、カエルみたいな大きな口、しかもズーズー弁エッちゃんは、かの有名な忍者さるとび佐助33代目の子孫で、超能力をあやつって大活躍。エッちゃんミコちゃんは大の仲良し今日デパート買いもの行きます。ところが“ガキ・グループ”は、野球試合に勝ちたいためにエッちゃん引っぱり出そうとしましたが、失敗しました。さて試合形勢不利です。でも、かけつけてきたエッちゃんホームランで見事逆転成功しました。

さるとびエッちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 00:29 UTC 版)

さるとびエッちゃん』は、石ノ森章太郎漫画作品。及びそれを原作とする日本テレビアニメ




  1. ^ a b c d e f g h i j k 「ヒーローファイル さるとびエッちゃん」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、73頁。ISBN 978-4-05-610166-9
  2. ^ a b OPクレジットは「旗野義文」と表記。
  3. ^ 」は(一部を除く)全キャラが新年の挨拶をして「いちばんはじめがごあいさつ」、「」は花壇前にミコが登場したら花がしおれた所で「はなよりきれいな広岡ミコちゃん」など。中には、「」では頭上に老婆を乗せたエッちゃんが横断歩道を歩き「ろうじんはいたわるべし」、「」ではスキーをしたブクが横に滑って「へたのよこスキー」(「下手の横好き」のもじり)など、キャラと関係ないのも有った。そしてラストは今までのは広岡家のかるた会で、全札をエッちゃんが取ったというオチ。
  4. ^ 『河北新報』1971年12月26日 - 1972年6月18日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『河北新報』1971年12月24日 - 1972年6月16日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 『河北新報』1972年5月15日 - 11月13日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ 『河北新報』1971年11月28日 - 1972年5月21日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 『河北新報』1971年10月4日 - 1972年3月27日付朝刊、テレビ欄。
  9. ^ 『NST』(新潟総合テレビ発行)p11、12
  10. ^ 『北日本新聞』1972年4月5日付朝刊、テレビ欄。
  11. ^ 『北國新聞』1972年3月29日付朝刊テレビ欄
  12. ^ 『北國新聞』1972年4月3日付朝刊テレビ欄
  13. ^ 『テレビマガジン特別編集 特撮ヒーロー大全集』講談社、1988年、209頁。
  14. ^ 赤星政尚、高橋和光、早川優「第2章 TV化以前から夢中になった思い出の原作マンガ 23|原作初登場からメディアに引っぱりだこの『さるとびエッちゃん』の魅力」『懐かしのTVアニメ99の謎〈東映動画 編〉』二見書房、1995年1月25日、ISBN 4-576-94199-2、68頁。
  15. ^ 原稿が紛失していたため、『少年マガジン』掲載分の写真を撮り、その上からトレースするという方法で原稿を作り直した。
  16. ^ すがやみつるblog - 『仮面ライダー青春譜』第59回 - 第7章『仮面ライダー』騒乱記[リンク切れ]


「さるとびエッちゃん」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さるとびエッちゃん」の関連用語

さるとびエッちゃんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



さるとびエッちゃんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのさるとびエッちゃん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS