グレートマジンガー対ゲッターロボG_空中大激突とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > アニメ作品 く > グレートマジンガー対ゲッターロボG_空中大激突の意味・解説 

グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突

原題:
製作国:日本
製作年:1975
配給:東映
スタッフ
監督:明比正行 アケヒマサユキ
製作:今田智憲 
原作:永井豪 ナガイゴウ

石川賢とダイナミックプロ 
脚本:藤川桂介 フジカワケイスケ
企画:有賀健 

横山賢二 ヨコヤマケンジ
作画監督:小松原一男 コマツバラカズオ
音楽:渡辺宙明 ワタナベチュウメイ

菊池俊輔 キクチシュンスケ
美術:福本智雄 フクモトトモオ
キャスト(役名
解説
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
巨大宇宙船が突然現われ、早乙女研究所攻撃加えた。リョウムサシハヤト三人は、ただちに合体反撃に移ったが、宇宙船から飛び出した空魔獣グランゲンにおさえこまれてしまった。頼みグレートマジンガー修理中なのだ。早乙女所長三人解体を命じたが、ムサシ大爆発するグランゲンの巻きぞえになってしまった。これを見た宇宙船は、結合ボング出撃させ、今度科学要塞研究所に向かわせた。早乙女博士リョウハヤト新し研究所に連れて行き新しゲッターロボG見せた。これはドラゴンライダーポセイドン分解でき、ポセイドンには車弁慶乗ることになっている羽田空港着陸した宇宙船は、光波ビグトロンに出撃を命じた。ビグトロンにはグレートマジンガーが向かったが、次々と発射される光の矢に也も負傷してしまった。だがゲッターロボGは、也を助け出すと、グレートマジンガーとともに反撃開始宇宙船爆破し、ビグトロンを壊滅させるのだった

グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 00:02 UTC 版)

グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突』(グレートマジンガーたいゲッターロボジー くうちゅうだいげきとつ)は、1975年東映まんがまつりで上映された日本のアニメーション映画作品。




  1. ^ a b 「東映動画 長編アニメ大全集 下巻」(徳間書店)244頁 1978年
  2. ^ 厳密にはその前の『マジンガーZ対ドクターヘル』(TVブローアップ版)以来。
  3. ^ この後『決戦! 大海獣』でビューナスとボロットが再登場するが、シローは本作を以て映画から退くため、ジュニアは登場せずじまいに終わった。
  4. ^ オープニングテーマは前作の「ゲッターロボ!」を引き続き使用した。
  5. ^ 1970年3月17日に公開された『ちびっ子レミと名犬カピ』の改題短縮リバイバル版。
  6. ^ 1966年公開のイギリス映画のダイジェスト。
  7. ^ 「DVD & VIDEO Selection」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 102頁、 雑誌コード:01843-05。
  8. ^ <東映まんがまつり>公開の「マジンガーZ」関連劇場版を収めた単巻Blu-ray2タイトルが同日発売


「グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グレートマジンガー対ゲッターロボG_空中大激突」の関連用語

グレートマジンガー対ゲッターロボG_空中大激突のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グレートマジンガー対ゲッターロボG_空中大激突のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS