ADKホールディングスとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ADKホールディングスの意味・解説 

ADKホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 00:40 UTC 版)

株式会社ADKホールディングス: ADK Holdings Inc.)は、日本広告代理店業務を行う企業を統括する純粋持株会社1999年1月1日に旭通信社と第一企画が合併して発足した株式会社アサツー ディ・ケイ(略称:ADK(エーディーケー)[注 2])が2019年1月に持株会社化・商号変更した。


注釈

  1. ^ 2014年6月1日より新デザインに変更。
  2. ^ かつてADKを名乗っていたゲームソフト開発企業エーディーケイ(旧アルファ電子工業)が2003年に倒産したのを機に正式にADK表記を使用。製作関連作品の通り、途中からASATSU-DK表示をADKに変更している。
  3. ^ 隈研吾が設計。上層部は賃貸住宅。かつては洋画封切専門(松竹富士配給)の映画館「松竹セントラル1・2・3」「松竹大谷図書館」を擁する松竹本社ビルだった。
  4. ^ 入札広告には事業内容が示されている[29][30][31][32]

出典

  1. ^ セグメント別の業績” (日本語). 株式会社サイバーエージェント. 2019年3月29日閲覧。
  2. ^ 「全員経営」に込められた創業者の思い
  3. ^ Movable Type | Movable Type Publishing Platform”. g-yokai.com. 2018年11月5日閲覧。
  4. ^ Inc., Nanovation,. “DAC設立のきっかけは、伊藤穰一氏(MITメディアラボ所長)。横山隆治氏が故・稲垣正夫氏に直談判” (日本語). Agenda note (アジェンダノート). 2018年11月5日閲覧。
  5. ^ ADK独自のネット調査システム 「KNOTs(ノッツ)」 Archived 2016年1月31日, at the Wayback Machine.
  6. ^ ADKとグロヴァレックス、サイトパトロール「キキコミ」を開始” (日本語). CNET Japan (2010年9月17日). 2020年1月7日閲覧。
  7. ^ 虎ノ門ヒルズ森タワーに「ドラえもん会議室」が登場!」『マイナビウーマン』2014年6月23日。
  8. ^ ビーシーピーイー マディソン ケイマン エルピーによる当社株券等に対する公開買付けの結果並びに親会社、その他の関係会社及び主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ
  9. ^ ベインキャピタルによる当社株券等に対する公開買付けに関する意見表明のお知らせ
  10. ^ “WPPグループとの資本及び業務提携解消の合意並びにWPPグループによる仲裁申立て及び仮処分命令申立ての取下げについて” (PDF) (プレスリリース), ADKホールディングス, (2017年12月13日), https://www.adk.jp/wp/wp-content/uploads/2017/12/37188d09f77bb87d4d010f47dbf0e322.pdf 2020年4月5日閲覧。 
  11. ^ “株式併合並びに単元株式数の定めの廃止及び定款の一部変更に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ADKホールディングス, (2018年1月18日), https://www.adk.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/18e67efa179024df8f530235dfab23e3.pdf 2020年4月5日閲覧。 
  12. ^ “ADK、早稲田大学と学術交流協定を締結 ―データサイエンス活用の裾野を広げることを目的に包括的な連携協力を推進―” (プレスリリース), ADKホールディングス, (2018年6月12日), https://www.adk.jp/news/13448/ 2020年4月5日閲覧。 
  13. ^ ADK、ネットメディアを始動”. Campaign Japan 日本. 2019年3月29日閲覧。
  14. ^ ADK、持ち株会社に 再上場へ備え” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2018-12-05T10:16:10Z閲覧。
  15. ^ “プロフェッショナル・ユニットが集積する企業グループへ 持株会社体制への移行に関するお知らせ” (日本語) (プレスリリース), ADKホールディングス, (2018年11月21日), https://www.adk.jp/news/201811-hd/ 2019年1月2日閲覧。 
  16. ^ エージェンシー・レポートカード2018: ADK”. Campaign Japan 日本. 2019年3月24日閲覧。
  17. ^ ADK MS、日本IBMと「ALPHA BOX」として共同事業を開始 企業のCX向上・変革を推進” (日本語). MarkeZine. 2019年3月31日閲覧。
  18. ^ ADKなど3社、データ活用で新会社” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年4月5日閲覧。
  19. ^ ADK Wonder Records” (日本語). awr.tokyo. 2019年9月12日閲覧。
  20. ^ “株式会社ADKエモーションズと株式会社ディーライツの合併 および北米子会社の商号変更に関するお知らせ” (プレスリリース), ADKホールディングス, (2019年8月16日), https://www.adk.jp/information/201908-d-rights/ 2020年4月5日閲覧。 
  21. ^ 加速するDX時代のコミュニケーション課題を ワンストップでスピーディに解決するオンラインサポートサービス『ONE ONLINE』を提供開始” (日本語). 株式会社ADKクリエイティブ・ワン. 2021年3月31日閲覧。
  22. ^ 周年事業を通じて企業変革を支援する 専門チーム『周年エクスペリエンスデザイン』発足” (日本語). 株式会社ADKクリエイティブ・ワン. 2021年3月31日閲覧。
  23. ^ 専門性によって課題解決のブレーンが選べる 業界初のクリエイター専門店街『ADK CREATIVE MALL』を発足 ~クリエイティブビジネス拡張への新たな挑戦~” (日本語). 株式会社ADKクリエイティブ・ワン. 2021年3月31日閲覧。
  24. ^ a b c d オンエア中作品 NASのグループ企業である広告会社ADKのアニメ番組(NAS作品を除く)”. 日本アドシステムズ. 2019年1月9日閲覧。
  25. ^ a b c d ADKのコンテンツビジネス ADKグループについて ADK”. ADKホールディングス. 2019年1月10日閲覧。
  26. ^ BEM :作品情報”. アニメハック. 2020年5月26日閲覧。
  27. ^ 双葉社『ミラーマン大全』旭通信社『ミラーマン』担当 佐野吉秀インタビュー pp.250
  28. ^ 平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)入札広告 Archived 2011年7月22日, at the Wayback Machine.
  29. ^ 平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)仕様書
  30. ^ Archived 2011年7月21日, at the Wayback Machine.
  31. ^ 評価項目一覧
  32. ^ Archived 2011年7月22日, at the Wayback Machine.
  33. ^ Twitter・ブログの原発情報監視事業に東京弁護士会が懸念表明 「弊害の方が大きい」 ITmediaニュース、2011年07月28日 15時20分
  34. ^ エネ庁の原発情報監視 本年度7000万円で契約 Archived 2011年8月26日, at the Wayback Machine. 東京新聞、2011年7月28日朝刊
  35. ^ エネルギー庁:原発のメディア情報監視事業 ADK落札[リンク切れ] 毎日新聞、2011年7月28日
  36. ^ ADKとDACが合弁解消、ADKインタラクティブ解散へ Markzine 2011年8月29日
  37. ^ JOCはショック! 経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪とカネ」 2021年6月8日 日刊ゲンダイDigital - ウェブアーカイブ(ウェイバックマシン、2021年6月8日)
  38. ^ 「東京五輪の日当は35万円」 国会で暴露された東急エージェンシー、パソナへの“厚遇” 今西憲之 2021年5月30日 AERA.dot - ウェブアーカイブ(ウェイバックマシン、2021年7月31日)
  39. ^ 佐藤達郎×川上徹也「『これからの広告』はどっちだ !? 」〜消費者への積極的な"謎かけ"|SENSORS|” (日本語). 日本テレビ. 2019年3月29日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ADKホールディングス」の関連用語

ADKホールディングスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ADKホールディングスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのADKホールディングス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS