モニタリングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > モニタリング > モニタリングの意味・解説 

モニタリング【monitoring】

[名](スル)監視すること。観察し、記録すること。


モニタリング


Monitoring モニタリング

他の内線通話内容聞くこと、あるいはその機能のことで、スーパーバイザー重要な業務である。 通常TSR教育訓練活かしたり、緊急時の対応のために使用する。(サービス監視(service observing)としての意味を持っており、顧客対応のサービスレベル維持に役立つ。

モニタリング

 通常は「監視」の意味で用いられるが、「自然環境」の関係で用いられる場合は、地域自然環境状況について継続的、あるいは定期的に調査実施することをいう。

モニタリング

 環境監視事業実施後、その事業が大気質や水質等の環境要素影響を及ぼしていないかどうか定期的調査あるいは自動観測器を用いた調査により監視すること。

モニタリング

英語 monitoring

おもに大気中のさまざまな物質の量を一定間隔、または連続して自動的測定し、監視することをいう。通常測定点と中央を結び、測定データ中央自動的に処理すると同時に測定値があらかじめ予測された、または定められたレベルを超える警報発するようにシステムされているものもある。クルマに関するモニタリングとしては、大気中の一酸化炭素炭化水素窒素酸化物粒子状物質二酸化炭素などのデータ測定監視しており定められた環境基準を超え場合などには排出ガス基準燃費基準などの見直し、あるいは新基準設定などに測定データ使用されている。なお、このようなモニタリングは、世界主要な国々実施されている

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

モニタリング

読み方もにたりんぐ
英語表記monitoring

ある状態を調査・監視すること。原子力放射線監視分野では、放射線放射能定期あるいは連続的測定監視することを「放射線モニタリング」という。
また、原子力施設周辺一般住民の安全を確かめるために、放射線(または放射能)を定期的連続的監視測定し安全か否か評価することを「環境放射線モニタリング」ともいう。これは、放射線観測局(モニタリングステーションまたはモニタリングポスト)による空間線量率連続測定、および定期的に原子力施設周辺から環境試料空気中のちり、松葉農産物ミルク魚介藻類)を収集し、これらの放射能濃度測定行い安全か否か評価を行うことを「環境放射線(能)モニタリング」という。

モニタリング

最終処分場管理のため、ごみ、浸出水地下水発生ガスなどの性状や量を定期的に測定分析することをいう。


モニタリング

【英】:monitoring

工場等から排出される排ガス排水周辺土壌河川大気などに影響与えていないかどうか定期的に確認すること。影響最小限食い止めるには,排ガス排水に異常が生じたらすぐに工場の運転を休止することが望ましい。そのためには各種分析機器排水口など設置し,排ガス排水含まれる成分機械的に常時監視する日常モニタリングが有効である。また同時に排ガス排水採取して計量証明事業所分析することも必要である。 

モニタリング monitoring

全体 ★★☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

継続監視

関係国がSOxNOx等の酸性雨原因物質削減を進めるとともに共同酸性雨森林モニタリング継続監視影響解明などに努めています。

意味説明

継続的観測して監視すること

その他の言い換え語例

監視 観測

モニタリングポスト放射線観測装置


モニタリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/26 15:54 UTC 版)



モニタリング

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:28 UTC 版)

語源

英語 monitoring

名詞

モニタリング

  1. 継続しての監視

発音(?)

も↗にたりんぐ

関連語


「モニタリング」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



モニタリングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モニタリング」の関連用語

モニタリングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モニタリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
テレマーケティングジャパンテレマーケティングジャパン
Copyright (C)TELEMARKETING JAPAN, INC
農林水産省農林水産省
Copyright:2022 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2022 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2022 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2022 kaigo-service.all rights reserved
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモニタリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのモニタリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS