解析とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 分析 > 解析 > 解析の意味・解説 

かい‐せき【解析】

読み方:かいせき

[名](スル)

事物構成要素細かく理論的に調べることによって、その本質明らかにすること。「調査資料を—する」

数学的論法の一。Aの事柄証明するために、Aが成立するためにはBが成立しなければならないことを示し、Bが成立するためにCが成立しなければならないことを示し、以下順次これを繰り返して既知の事柄帰着させること。

解析学」の略。


かいせき【解析】

台のプログラムを、パソコンなどを使って分析すること。多くの場合ロム分析する

解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 18:50 UTC 版)

解析かいせき: Analytics)はデータの有意な規則性を発見する活動である。 記録情報が豊富であれば有効性が増し、統計学プログラミング (コンピュータ)オペレーションズリサーチ可視化技術が役立つ。


  1. ^ Kohavi, Rothleder and Simoudis (2002). “Emerging Trends in Business Analytics”. Communications of the ACM 45 (8): 45–48. 
  2. ^ Naone, Erica. “The New Big Data”. Technology Review, MIT. 2011年8月22日閲覧。
  3. ^ Inmon, Bill; Nesavich, Anthony (2007). Tapping Into Unstructured Data. Prentice-Hall. ISBN 978-0-13-236029-6 
  4. ^ Wise, Lyndsay. “Data Analysis and Unstructured Data”. Dashboard Insight. 2011年2月14日閲覧。
  5. ^ “Fake doctors' sick notes for Sale for £25, NHS fraud squad warns”. London: The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2626120/Fake-doctors-sick-notes-for-sale-on-web-for-25-NHS-fraud-squad-warns.html 2008年8月閲覧。 
  6. ^ “Big Data: The next frontier for innovation, competition and productivity as reported in Building with Big Data”. The Economist. (2011年5月26日). オリジナルの2011年6月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110603031738/http://www.economist.com/node/18741392 2011年5月26日閲覧。 
  7. ^ Ortega, Dan. “Mobililty: Fueling a Brainier Business Intelligence”. IT Business Edge. 2011年6月21日閲覧。
  8. ^ Khambadkone, Krish. “Are You Ready for Big Data?”. InfoGain. 2011年2月10日閲覧。
  9. ^ U.S. Department of Education Office of Planning, Evaluation and Policy Development (2009). Implementing data-informed decision making in schools: Teacher access, supports and use. United States Department of Education (ERIC Document Reproduction Service No. ED504191)
  10. ^ Rankin, J. (2013, March 28). How data Systems & reports can either fight or propagate the data analysis error epidemic, and how educator leaders can help. Presentation conducted from Technology Information Center for Administrative Leadership (TICAL) School Leadership Summit.


「解析」の続きの解説一覧

解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 10:06 UTC 版)

パチスロ用語の一覧」の記事における「解析」の解説

筐体内部メイン基板サブ基板プログラムコンピューター解析し設計上の当選確率演出パターン選択率・リール制御などをトレースすること。攻略雑誌等掲載される場合がほとんどで、誌上発表する段階は予め販社により決められている。傍目には只の数字羅列にしか見えないため、解析者もパチスロ知識必要不可欠となる。解析結果メーカー発表データには若干誤差があり、解析結果機種のもつ本来のスペック判断されるまた、解析が元でイースター・エッグの様隠し要素発覚することもある。解析行為に対しメーカー言及することはほとんどないまた、解析上の出玉率は、取りこぼし等がない完全攻略時における条件下よるものである。

※この「解析」の解説は、「パチスロ用語の一覧」の解説の一部です。
「解析」を含む「パチスロ用語の一覧」の記事については、「パチスロ用語の一覧」の概要を参照ください。


解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 06:03 UTC 版)

テスラコイル」の記事における「解析」の解説

テスラコイルにおいては進行波共振変圧器原理両方働いていると考えられるが、二次コイル分布定数性までを考慮して扱うことが困難な場合、これを集中定数として扱ってもほぼ近い解が得られる

※この「解析」の解説は、「テスラコイル」の解説の一部です。
「解析」を含む「テスラコイル」の記事については、「テスラコイル」の概要を参照ください。


解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 12:01 UTC 版)

数学」の記事における「解析」の解説

測る量についての変化理解し記述することは自然科学共通の主題であり、微積分学はまさにそのための最も有用な道具として発展してきた。変化する量を記述するのに使われる中心的な道具関数である。多くの問題は、とても自然に量とその変化割合との関係になり、そのような問題を解くための手法は微分方程式分野研究される連続的な量を表すのに使われる数が実数であり、実数性質実数に値をとる関数性質詳し研究実解析として知られるいくつかの理由から、複素数拡張する方が便利であり、それは複素解析において研究される関数解析学関数空間関数集合位相構造持たせたもの)が興味の中心であり、この分野量子力学やその他多くの学問基盤となっている。自然の多くの現象力学系によって記述されカオス理論では、多くの系が決定可能であるにもかかわらず予測不可能現れ方をする、という事実を扱う。

※この「解析」の解説は、「数学」の解説の一部です。
「解析」を含む「数学」の記事については、「数学」の概要を参照ください。


解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 01:41 UTC 版)

大清皇帝功徳碑」の記事における「解析」の解説

大清国 崇徳元年12月、寛温仁聖皇帝我国和親破棄したために大い怒り慰撫臨んですぐに征伐乗り出して東方へ向かうと、誰もあえて抵抗する者が無かったその時、我々の不足な国王南漢山城避難していながら春の氷踏んで明る日影を待つように恐れてから50日もなった。東南諸道兵士らが相次いで崩壊し西北兵士らは山奥立た往生したまま、一歩出てこず、城内には食糧が底をつこうとしたこの時迎え大兵が城に着くと霜風秋の落ち葉吹きつけるように、火鉢の火が雁の毛を燃やようだった。しかし皇帝殺さないことで慰撫立て徳を伸ばすこと先にした。ここに勅諭下しておっしゃるに「朕のところに来りなばお前を保全してくれるだろうが、そうでなければ殺す!」と警告なさった。 それからイングルダイ(英俄爾岱)とマフタ(馬福塔)のような大将たちが皇帝の命を受け、相次いで道に続いた。これに、国王文武諸臣集めておいて、いわく「私が大国友好見せたのがもう10年もなった。私が愚かで迷い天子討伐を自ら招いて万民魚肉になったのだから、その罪は私の一身にある。皇帝がどうしても屠戮できず、このように言い聞かせるのに、私が如何し敢えてこれを奉じて上は宗廟社稷保全し、下は生霊保護してくれないか?」と言った大臣たちが賛成し、やがて騎兵数十人を連れて軍門進み罪を請った。皇帝がこれに礼を尽くして優遇し恩沢として慰めた一度見て心通じて物品下賜する恩典付いて行った臣下にまで行き届いた。礼が終わるとすぐに我々の不足な国王都城戻らせ、すぐに南に下った兵士たち召還し軍隊整頓して西へ帰国なさった。民をなで下ろし農業奨励すると、鳥のように散らばってた遠て近い所の民がみんな住んでいた所に戻った。何と大きな幸いでなかろうか?! 小国上国に罪を得てから久しい己未年の戦役に都元帥姜弘立明朝救援行った敗れて捕らえられた。しかし太祖武皇帝姜弘立数人だけを抑留し、残りはすべて帰したので、それよりも大きな恩沢はなかった。それなのに我国迷って悟ることを知らなかった丁卯年、現皇帝将帥命じ東方征伐させたのに、我国君臣らがみんな海島入って逃避しながら、使臣送って和親求めた皇帝がそれを允許して兄弟の国になり、疆土が再び完全にできた。姜弘立戻ってきた。それから礼遇することが変わりなく使臣互いに往来した不幸にも軽薄な議論煽動されて乱の種ができ、小国辺境臣下たちに強く警戒する話が非常に不遜だったが、その文章上国使臣獲得して持って帰った。 それでも皇帝寛大に接してすぐに軍隊送らず、まず明る聖旨下して軍隊起こすこと期しながら、改めて悟ることを耳をつまんで顔を合わせるようにおっしゃった。それでもついには災禍免れることができなかったので小国君臣犯した罪避けられなく重くなった。皇帝が既に大軍として南漢山城包囲し、また一方軍隊命じて江都先に陥落させると、妃嬪王子および士族家族らがすべて捕らわれた皇帝諸将取り締まって騒ぎ立てたり被害与えないようにし、扈従していた官吏宦官たちをして面倒を見させた。やがて大きな恩典恵まれ小国君臣捕まった眷属たちが以前と同様戻ってきた。降っていた冬が変わり暖かい春になり、万物しおれていた日照り変わり季節ごとに雨が降るようになった全国土が滅びてから再び保存され宗廟社稷途絶えてから再び続くことになった東国領土数千里がすべて再び蘇らせる恩沢を受けることになったので、これは昔の書冊でも稀に見られるところだ。ああ、盛大だなあ! 漢水上流三田渡の南側はつまり皇帝到着した所で壇場がある。我々の不足な国王水部命じ、壇を大きく増築し高め、また石を削って碑を建て、永遠に残すことで皇帝功徳本当に天地万物とともに流れ表わした。どうしてわが小国だけが代々永遠に信じて生きていくけだろうか? また、大国慈しみ深い名声威厳満ちた行いをもって、いくら遠くにいてもみな服従しない者がいないことがここから始まるだろう。振り返って見る天地大きさ模して太陽と月明るさ描こうとしてみてもそれの万分の一にも比べられない謹んでその大略のみを記す。 天はと露を降らし殺したりもして、生かしたりもする。ただ皇帝だけがそれを見習って威厳恩沢並べて広げた皇帝東方へ征伐すると、その軍勢10万であり、鳴き声が虎や豹のようだった。西の辺境不毛地と北の部落人々を持って走り出すと、その威勢が実に輝いた皇帝極めて慈しみ深いお言葉賜ると、十行明るい回答が厳粛しながら温かかった。当初愚かなので気付かなかった故に災禍を自ら招いたが、皇帝明る命令があってからはまるで眠りから覚めたようだった。我々の国王恭しく服従し互いに率いて帰順した威厳恐れただけでなく、徳に帰依したのだ。皇帝立派に思って恩沢充満礼遇してくれださり、表情を直して笑いながら矛と盾納めなさった何をくださったのか? 駿馬と軽い肌着だ。都城男女が歌を歌って誉めたたえ、我々の国王戻ってくるようになったのは皇帝恩沢施してくださったおかげだ。皇帝軍隊返したので我国臣民生存することができた。ばらばらに散らばった臣民哀れみ農業勧奨なさった国家以前と同様保全され、青い壇もすべて新しく改められた。やせこけた骨に再び肉が付き凍りついた根が春を取り戻したそびえ立つ石碑大きな川辺建てたから、三韓にわたって皇帝の徳が輝くだろう! 嘉善大夫礼曹參判兼同知義禁府事、臣 呂爾徴、命を奉じて石碑を彫る。 資憲大夫漢城府判尹、臣 呉竣、命を奉じて書す。 資憲大夫吏曹判書兼弘文館大提学・藝文館大提学・知成均館事、臣 李景奭、命を奉じて本文撰述する。 崇徳4年12月8日1639年12月31日)、立てる。

※この「解析」の解説は、「大清皇帝功徳碑」の解説の一部です。
「解析」を含む「大清皇帝功徳碑」の記事については、「大清皇帝功徳碑」の概要を参照ください。


解析(特殊関数と虚数を除く)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 10:05 UTC 版)

円周率」の記事における「解析(特殊関数虚数を除く)」の解説

∑ n = 0 ∞ ( − 1 ) n 2 n + 1 = 1 − 1 3 + 1 5 − 1 7 + ⋯ = π 4 {\displaystyle \sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(-1)^{n}}{2n+1}}=1-{\frac {1}{3}}+{\frac {1}{5}}-{\frac {1}{7}}+\cdots ={\frac {\pi }{4}}} (ライプニッツの公式、#2千年紀参照12 ∑ n = 0 ∞ ( − 1 ) n 3 n ( 2 n + 1 ) = 12 ( 1 − 1 3 ⋅ 3 + 1 5 ⋅ 3 21 73 3 + ⋯ ) = π {\displaystyle {\sqrt {12}}\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(-1)^{n}}{3^{n}(2n+1)}}={\sqrt {12}}\left(1-{\frac {1}{3\cdot 3}}+{\frac {1}{5\cdot 3^{2}}}-{\frac {1}{7\cdot 3^{3}}}+\cdots \right)=\pi } (#2千年紀参照) ∏ n = 1 ∞ ( 2 n 2 n − 1 ⋅ 2 n 2 n + 1 ) = 2 12 34 34 56 56 78 78 9 ⋯ = π 2 {\displaystyle \prod _{n=1}^{\infty }\left({\frac {2n}{2n-1}}\cdot {\frac {2n}{2n+1}}\right)={\frac {2}{1}}\cdot {\frac {2}{3}}\cdot {\frac {4}{3}}\cdot {\frac {4}{5}}\cdot {\frac {6}{5}}\cdot {\frac {6}{7}}\cdot {\frac {8}{7}}\cdot {\frac {8}{9}}\cdots ={\frac {\pi }{2}}} (ウォリス) ∏ n = 1n 2 + n n 2 + n + 1 4 {\displaystyle \prod \limits _{n=1}^{\infty }{\frac {n^{2}+n}{n^{2}+n+{\frac {1}{4}}}}} = 8 9 {\displaystyle {\frac {8}{9}}} ⋅ {\displaystyle \cdot } 24 25 {\displaystyle {\frac {24}{25}}} ⋅ {\displaystyle \cdot } 48 49 {\displaystyle {\frac {48}{49}}} ⋅ {\displaystyle \cdot } 80 81 {\displaystyle {\frac {80}{81}}} ⋅ {\displaystyle \cdot } 120 121 {\displaystyle {\frac {120}{121}}} ⋅ {\displaystyle \cdot } 168 169 {\displaystyle {\frac {168}{169}}} ⋅ {\displaystyle \cdot } 224 225 {\displaystyle {\frac {224}{225}}} ⋅ {\displaystyle \cdot } 288 289 {\displaystyle {\frac {288}{289}}} ...= π 4 {\displaystyle {\frac {\pi }{4}}} 1 2 1 2 + 1 2 1 2 1 2 + 1 2 1 2 + 1 2 1 2 ⋯ = 2 π {\displaystyle {\sqrt {\frac {1}{2}}}{\sqrt {{\frac {1}{2}}+{\frac {1}{2}}{\sqrt {\frac {1}{2}}}}}{\sqrt {{\frac {1}{2}}+{\frac {1}{2}}{\sqrt {{\frac {1}{2}}+{\frac {1}{2}}{\sqrt {\frac {1}{2}}}}}}}\cdots ={\frac {2}{\pi }}} (ビエト) ∑ n = 1 ∞ 1 n 2 2 n − 1 + ( log ⁡ 2 ) 2 = π 2 6 {\displaystyle \sum _{n=1}^{\infty }{\frac {1}{{n^{2}}2^{n-1}}}+(\log 2)^{2}={\frac {\pi ^{2}}{6}}} (オイラー) ∫ − ∞ ∞ e − x 2 d x = π {\displaystyle \int _{-\infty }^{\infty }e^{-x^{2}}\,dx={\sqrt {\pi }}} (ガウス積分) π = 2 ∫ 0 1 d t 1 − t 2 {\displaystyle \pi =2\int _{0}^{1}{\frac {dt}{\sqrt {1-t^{2}}}}} π = ∫ − 1 1 d t 1 − t 2 {\displaystyle \pi =\int _{-1}^{1}{\frac {dt}{\sqrt {1-t^{2}}}}} π = 2 ∫ − 1 1 1t 2 d t {\displaystyle \pi =2\int _{-1}^{1}{\sqrt {1-t^{2}}}\,dt} π = 4 ∫ 0 1 d t 1 + t 2 {\displaystyle \pi =4\int _{0}^{1}{\frac {dt}{1+t^{2}}}} 逆三角関数主値を取るものとすると π = 2 arccos0 = 2 arcsin1 = 4 arctan ⁡ 1 {\displaystyle {\begin{aligned}\pi &=2\arccos 0\\&=2\arcsin 1\\&=4\arctan 1\end{aligned}}} 逆三角関数逆正弦関数)の公式より π = 2 ∑ n = 0 ∞ ( 2 n − 1 ) ! ! ( 2 n + 1 ) ( 2 n ) ! ! {\displaystyle \pi =2\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(2n-1)!!}{(2n+1)(2n)!!}}} 逆三角関数逆正接関数)の公式より 逆正接関数テイラー展開による: π = 4 ∑ n = 0 ∞ ( − 1 ) n 2 n + 1 {\displaystyle {\begin{aligned}\pi &=4\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(-1)^{n}}{2n+1}}\end{aligned}}} オイラーによる: π = 2 ∑ n = 0 ∞ n ! ( 2 n + 1 ) ! ! = ∑ n = 0 ∞ 2 n + 1 ( n ! ) 2 ( 2 n + 1 ) ! {\displaystyle {\begin{aligned}\pi &=2\sum _{n=0}^{\infty }{\cfrac {n!}{(2n+1)!!}}\\&=\sum _{n=0}^{\infty }{\cfrac {2^{n+1}(n!)^{2}}{(2n+1)!}}\end{aligned}}} 双曲線関数双曲線余接関数)の公式より 1 e 2 − 1 = ∑ n = 1 ∞ 1 ( n π ) 2 + 1 {\displaystyle {\frac {1}{e^{2}-1}}=\sum _{n=1}^{\infty }{\frac {1}{(n\pi )^{2}+1}}} ニュートン無平方根公式 π = 3 ∑ n = 0 ∞ ( 2 n ) ! ( 2 n + 1 ) 16 n ( n ! ) 2 = 3 ∑ n = 0 ∞ ( n + 1 ) C n ( 2 n + 1 ) 16 n {\displaystyle {\begin{aligned}\pi &=3\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(2n)!}{(2n+1)16^{n}(n!)^{2}}}\\&=3\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(n+1)C_{n}}{(2n+1)16^{n}}}\end{aligned}}} (Cnカタラン数)この式は、 π = 6 arcsin1 2 {\displaystyle \pi =6\arcsin {\frac {1}{2}}} のマクローリン級数となっている。 マチンの公式マチン1706年。(1709年とも。)) 4 arctan1 5arctan ⁡ 1 239 = π 4 {\displaystyle 4\arctan {\frac {1}{5}}-\arctan {\frac {1}{239}}={\frac {\pi }{4}}} 4 arccot ⁡ 5 − arccot239 = π 4 {\displaystyle 4\operatorname {arccot} 5-\operatorname {arccot} 239={\frac {\pi }{4}}} と書かれることもある。 4 と 1/4 が二進法相性良く収束早いため、コンピュータでの円周率計算によく使われる公式の一つである。 4/π の連分数表示 4 π = 1 + 1 3 + 4 5 + 9 7 + 16 9 + 25 ⋱ {\displaystyle {\frac {4}{\pi }}=1+{\cfrac {1}{3+{\cfrac {4}{5+{\cfrac {9}{7+{\cfrac {16}{9+{\cfrac {25}{\ddots }}}}}}}}}}} ガウス=ルジャンドルのアルゴリズム 初期値設定a 0 = 1 , b 0 = 1 2 , t 0 = 1 4 , p 0 = 1. {\displaystyle a_{0}=1,\quad b_{0}={\frac {1}{\sqrt {2}}},\quad t_{0}={\frac {1}{4}},\quad p_{0}=1.} 反復式:an, bn希望する桁数になるまで以下の計算繰り返す。小数第n位まで求めるとき log2 n回程度反復でよい。 a n + 1 = a n + b n 2 , b n + 1 = a n b n , t n + 1 = t np n ( a n − a n + 1 ) 2 , p n + 1 = 2 p n . {\displaystyle {\begin{aligned}a_{n+1}&={\frac {a_{n}+b_{n}}{2}},\\b_{n+1}&={\sqrt {a_{n}b_{n}}},\\t_{n+1}&=t_{n}-p_{n}(a_{n}-a_{n+1})^{2},\\p_{n+1}&=2p_{n}.\end{aligned}}} π の算出円周率 π は、an, bn, tn用いて下のように近似される。 π ≈ 1 4 t n ( a n + b n ) 2 {\displaystyle \pi \approx {\frac {1}{4t_{n}}}(a_{n}+b_{n})^{2}} 非常に収束早く金田康正1995年422002年に1.24兆計算したスーパー π に使われていた。 n ! ∼ 2 π n ( n e ) n {\displaystyle n!\sim {\sqrt {2\pi n}}\left({\frac {n}{e}}\right)^{n}} (スターリングの近似。f (n) ∼ g(n)lim n → ∞ f ( n ) g ( n ) = 1 {\displaystyle \lim _{n\to \infty }{\frac {f(n)}{g(n)}}=1} を表す) 1 π = 2 2 99 2 ∑ n = 0 ∞ ( 26390 n + 1103 ) ⋅ ( 4 n ) ! ( 4 n 99 n ⋅ n ! ) 4 {\displaystyle {\frac {1}{\pi }}={\frac {2{\sqrt {2}}}{99^{2}}}\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(26390n+1103)\cdot (4n)!}{(4^{n}99^{n}\cdot n!)^{4}}}} (ラマヌジャン) 4 π = ∑ n = 0 ∞ ( − 1 ) n ( 21460 n + 1123 ) ⋅ ( 4 n ) ! 882 2 n + 1 ( 4 n n ! ) 4 {\displaystyle {\frac {4}{\pi }}=\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(-1)^{n}(21460n+1123)\cdot (4n)!}{882^{2n+1}(4^{n}n!)^{4}}}} (ラマヌジャン) ∑ n = 1n e 2 π n − 1 = 1 241 8 π {\displaystyle \sum _{n=1}^{\infty }{\frac {n}{e^{2\pi n}-1}}={\frac {1}{24}}-{\frac {1}{8\pi }}} (ラマヌジャン) 1 π = 12 C 0 C 0 ∑ n = 0 ∞ ( C 2 n + C 1 ) ⋅ ( 6 n ) ! ( − C 0 ) 3 n ⋅ ( 3 n ) ! ⋅ ( n ! ) 3 {\displaystyle {\frac {1}{\pi }}={\frac {12}{C_{0}{\sqrt {C_{0}}}}}\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(C_{2}n+C_{1})\cdot (6n)!}{(-C_{0})^{3n}\cdot (3n)!\cdot (n!)^{3}}}} (Chudnovsky 兄弟英語版)) (各定数と、その素因数分解C0 = 640320 = 26 × 3 × 5 × 23 × 29, C1 = 13591409 = 13 × 1045493, C2 = 545140134 = 2 × 32 × 7 × 11 × 19 × 127 × 163.) 1 π = 12 C 2 C 2 ∑ n = 0 ∞ ( − 1 ) n ( 6 n ) ! ( C 0 + C 1 n ) ( 3 n ) ! ( n ! ) 3 C 2 n {\displaystyle {\frac {1}{\pi }}={\frac {12}{C_{2}{\sqrt {C_{2}}}}}\sum _{n=0}^{\infty }{\frac {(-1)^{n}(6n)!(C_{0}+C_{1}n)}{(3n)!(n!)^{3}C_{2}^{n}}}} (Peter Borwein英語版), Jonathan Borwein英語版)) ( 各 定 数 の 値 :  C 0 = 1657145277365 + 212175710912 61 , C 1 = 107578229802750 + 3773980892672 61 , C 2 = 1249638720 + 159999840 61 . ) {\displaystyle {\begin{aligned}{\text{( 各 定 数 の 値 : }}C_{0}&=1657145277365+212175710912{\sqrt {61}},\\C_{1}&=107578229802750+3773980892672{\sqrt {61}},\\C_{2}&=1249638720+159999840{\sqrt {61}}.{\text{)}}\end{aligned}}} David Bailey, Peter Borwein, およびサイモン・プラウフよるものベイリー=ボールウェイン=プラウフの公式俗称 "BBP")、Adamchik と WagonよるものFabrice Bellardよるもの等については、あまりに高度なため割愛する

※この「解析(特殊関数と虚数を除く)」の解説は、「円周率」の解説の一部です。
「解析(特殊関数と虚数を除く)」を含む「円周率」の記事については、「円周率」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「解析」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

解析

出典:『Wiktionary』 (2021/08/17 14:04 UTC 版)

名詞

 かいせき

  1. 物事細かく分解して明らかにすること。
  2. 解析学」の略。

発音(?)

か↗いせき

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
解析-する

「解析」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



解析と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

解析のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



解析のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパチスロ用語の一覧 (改訂履歴)、テスラコイル (改訂履歴)、数学 (改訂履歴)、大清皇帝功徳碑 (改訂履歴)、円周率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの解析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS