鑑定とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 分析 > 鑑定 > 鑑定の意味・解説 

かん‐てい【鑑定】

読み方:かんてい

[名](スル)

書画骨董(こっとう)・刀剣資料など真贋良否などを判定すること。目利き。「筆跡を―する」

物事判断すること。また、その判断

「ねぼけてあんな珍語を弄するのだろうと―したから」〈漱石吾輩は猫である

裁判所から指示された事項について裁判官知識補充するために、学識経験者専門的な意見判断述べること。


鑑定/鑑定書

宝石鑑定士4C基準としてダイヤモンド品質評価し等級づけをすることで、それを証明したものを鑑定書という。ただし、鑑定会社宝石店発行するため、結果異な場合も。よってあくまでも購入目安にして。

鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 03:28 UTC 版)

鑑定(かんてい)とは、専門的な知識を持つ者(専門家)が、科学的、統計学的、感覚的な分析に基づいて行う、評価・判断をいう。鑑定の結果を記した報告書を鑑定書という。


  1. ^ 松村明監修『大辞泉』(1998年、小学館)


「鑑定」の続きの解説一覧

鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 00:44 UTC 版)

イデアの日」の記事における「鑑定」の解説

特定の武器・防具装備品鑑定する力を引き出すことができる。アイテム毎に第一の力・第二の力が設けられており、それぞれ費用変化するアイテム異なる。

※この「鑑定」の解説は、「イデアの日」の解説の一部です。
「鑑定」を含む「イデアの日」の記事については、「イデアの日」の概要を参照ください。


鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 05:40 UTC 版)

古筆」の記事における「鑑定」の解説

古筆鑑定家は、筆者不詳の古筆切に、その書様相応し筆者伝称筆者)を宛て古筆の名称を付け、それを極札きわめふだ)という小さな記した。そしてその極に鑑定印を押し古筆切横に貼り一定の配列のもとに古筆切貼って手鑑の様式にした。そして、この手鑑は鑑定の基準にも使われた。

※この「鑑定」の解説は、「古筆」の解説の一部です。
「鑑定」を含む「古筆」の記事については、「古筆」の概要を参照ください。


鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 21:11 UTC 版)

オメガラビリンスZ」の記事における「鑑定」の解説

ダンジョン内で拾った未確定アイテムおっぱいに挟むことで鑑定するωパワー消費する

※この「鑑定」の解説は、「オメガラビリンスZ」の解説の一部です。
「鑑定」を含む「オメガラビリンスZ」の記事については、「オメガラビリンスZ」の概要を参照ください。


鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 04:04 UTC 版)

チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜」の記事における「鑑定」の解説

物の名前や効果分かるスキル近くにがある場合反応の場所がわかるようになる異世界転移し最初に鑑定したと豚が融合したような生物が、ニャアトンという食材だとわかった

※この「鑑定」の解説は、「チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜」の解説の一部です。
「鑑定」を含む「チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜」の記事については、「チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜」の概要を参照ください。


鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 04:04 UTC 版)

チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜」の記事における「鑑定」の解説

物の名前や効果分かるスキル原作コミカライズ版では文章現れて説明が行われていたが、アニメではレイジだけに見える妖精現れ木の実植物の名前や効果を、持っている板に描かれた文字口頭で教えてくれる。

※この「鑑定」の解説は、「チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜」の解説の一部です。
「鑑定」を含む「チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜」の記事については、「チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜」の概要を参照ください。


鑑定(アナライズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 22:18 UTC 版)

デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の記事における「鑑定(アナライズ)」の解説

「鑑定」系スキル包括スキルのこと。下位スキル相手ステータスのみを見る「能力鑑定(ステータス・チェック)」や、ヤマト石などに利用されている「人物鑑定」などが存在する決し万能ではなく上位隠蔽スキル精神魔法による洗脳見抜くことができない。また神や神の使徒は鑑定の対象外となっている。

※この「鑑定(アナライズ)」の解説は、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の解説の一部です。
「鑑定(アナライズ)」を含む「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の記事については、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の概要を参照ください。


鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/20 15:37 UTC 版)

証拠」の記事における「鑑定」の解説

鑑定人取り調べる証拠調べを鑑定といい、特別の学識経験を有する鑑定人に、書面又は口頭で専門的知識意見述べさせることによって行われる民事訴訟法2151項)。これによって得られる証拠資料を、鑑定意見という。裁判所はこれに拘束はされない

※この「鑑定」の解説は、「証拠」の解説の一部です。
「鑑定」を含む「証拠」の記事については、「証拠」の概要を参照ください。


鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 01:02 UTC 版)

谷文晁」の記事における「鑑定」の解説

文晁鷹揚性格であり、弟子など求められる自分の作品でなくとも落款認めた。また画塾・写山楼では講義中、本物文晁印を誰もが利用できる状況にあり、自作文晁作品だと偽って売り糊口をしのぐ弟子相当数いた。購入した者から苦情を受けても「自分の落款があるのだから本物でしょう」と、意に介さなかったという。これらのことからおびただしい数の偽物当時から市中出回っていたと推察できるしたがって、鑑定に当たっては落款・印章の真偽だけでは充分ではなく、テレビ番組の『開運!なんでも鑑定団』では本物出にくい鑑定品のひとつとして知られている

※この「鑑定」の解説は、「谷文晁」の解説の一部です。
「鑑定」を含む「谷文晁」の記事については、「谷文晁」の概要を参照ください。


鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:18 UTC 版)

成年後見制度」の記事における「鑑定」の解説

後見保佐の場合、申立て後に原則として本人判断能力についての鑑が行われる。鑑定医は、本人主治医等がいれば、まずはその主治医等に家庭裁判所から依頼される。しかし、主治医専門ではない場合など、鑑定をすることができない場合には、専門医師探す必要があり、家庭裁判所鑑定医探し依頼する。鑑定費用は、東京家裁10万程度横浜家裁では5万円 - 10万とされるが、医師設定よる。 被後見人精神鑑定精神科医専門医判断必要で費用10万程度掛かる。 なお、親族情報診断書内容などから鑑定の必要なし判断されて鑑定が省略される場合もある。いわゆる植物状態にある場合幼少時からの重い知的障害者重度の認知症など、診断書などから状況明らかで鑑定が省略される場合である。裁判所統計によれば実際に鑑定が実施されるのは1割程度である。

※この「鑑定」の解説は、「成年後見制度」の解説の一部です。
「鑑定」を含む「成年後見制度」の記事については、「成年後見制度」の概要を参照ください。


鑑定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/02 14:24 UTC 版)

ペルシャ・プリンセス」の記事における「鑑定」の解説

10月26日記者会見で、イスラマバードクエイド=イ=アザーム大学考古学者アフマド・ハサン・ダニ(Ahmad Hasan Dani)はミイラ紀元前600年前後のある王女もののようであると発表した。このミイラ古代エジプトの様式で包まれサルコファガス中にある楔形文字彫られた金色木棺中に置かれていた。外側に大きなファラヴァハルシンボル刻まれていた。ミイラ下にロウ蜂蜜の層、上に石の板、額には金の冠があった。ミイラの胸の上にある金のプレート刻まれ銘文によると、この女性はアケメネス朝の王クセルクセス1世の娘、ロードゥグーネ(Rhodugune)である。 考古学者は彼女がペルシャ王子結婚したエジプト王女、あるいはアケメネス朝ペルシャ初代国王キュロス2世の娘であると推測した。しかし、ミイラの製作は古代エジプト外でほとんど見られず、今回までペルシャ故地ミイラ見つけられたことは一件もなかった。

※この「鑑定」の解説は、「ペルシャ・プリンセス」の解説の一部です。
「鑑定」を含む「ペルシャ・プリンセス」の記事については、「ペルシャ・プリンセス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鑑定」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鑑定

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 07:18 UTC 版)

名詞

かんてい

  1. 専門的な知識技能によって、価値真贋判断評価すること。美術品、骨董品に対して行う。
  2. 不動産鑑定評価のこと。
  3. 訴訟における、学識経験者による専門的知識判断報告目的とした証拠調べ手続

発音(?)

か↗んてー

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
鑑定-する

翻訳


「鑑定」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鑑定と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鑑定」の関連用語

鑑定のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鑑定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2022 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鑑定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイデアの日 (改訂履歴)、古筆 (改訂履歴)、オメガラビリンスZ (改訂履歴)、チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜 (改訂履歴)、デスマーチからはじまる異世界狂想曲 (改訂履歴)、証拠 (改訂履歴)、谷文晁 (改訂履歴)、成年後見制度 (改訂履歴)、ペルシャ・プリンセス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鑑定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS